【2018】京王杯スプリングカップの傾向

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京王杯スプリングカップの傾向

今週末に行われる京王杯スプリングカップの傾向です。

注目ポイント

差し決着となるレースも多いのが特徴で、今開催もしっかりとした末脚を使う馬が走りやすくなっています。内外もフラットで、不利がなければ力のある馬がきっちり走っていますね。

血統的には勝ち馬こそ出ていないものの、Tサンデー系が穴をあけています。

非根幹距離ですが、ダート的な要素を問われないレース質なのか、米国型ノーザンダンサー系やミスプロ系の馬はイマイチ。

欧州型ノーザンダンサーの血を持っている馬の方が、好走馬が多く出ています。とくにリファール・ニジンスキー系には注目です。

昇級馬の成績が優秀で、前走準OPで上位の上がりを使って勝ち上がった馬は無条件に抑えてもいいくらいです。

昇級馬で前走上がり2位以内だった馬は、8頭中4頭が激走しているので要注意ですね。

前走高松宮記念を連対した馬は、3頭とも大敗しています。ストレスや求められる適性の違いが大きいのでしょう。

逆に、後方から少し差し届かなかった馬がパフォーマンスを上げることが多いです。

惨敗から巻き返しているのは、基本的に人気を裏切ったタイプ。とくに近走で好走している反動で前走を凡走した馬の巻き返しには気を付けたいですね。

前走ダービー卿CTを連対した馬は、8頭中1頭のみ好走。その1頭も前走は1番人気2着と人気を裏切っています。

3着以下だった馬も巻き返しているのは前走で人気を裏切ったタイプがほとんどで、ストレスが大きいステップと言えそうです。

出走予定馬

現時点でのnetkeiba人気上位10頭の、血統とローテーションから考察していきます。

 サトノアレス

父  ディープインパクト

母父 Danehill

前走 東京新聞杯 5番人気2着

父ディープ系×母父ダンチヒ系

前走は最内を上手く抜けて2着を確保。もともと力はある馬なので上位争いはしてきそうですが、人気の立場では外々を回る可能性も高く、前走ほど展開がハマる可能性は低いでしょう。

 ダンスディレクター

父  アルデバラン

母父 サンデーサイレンス

前走 高松宮記念 4番人気4着

父ミスプロ系×母父サンデーサイレンス

前走は前半で頭を上げる仕草を見せ(何があったのかはよく見えなかった)、その分だけ伸びを欠いたのでしょうか。鮮度こそありませんが、末脚は鋭くむやみに切れない人気馬になりそう。

 グレーターロンドン

父  ディープインパクト

母父 ドクターデヴィアス

前走 ダービー卿CT 1番人気5着

父ディープ系×母父ヘロド系

前走は直線で前が開かず、追い出せたのはレースの大勢が決してから。外を伸び伸び走らせるほうが良さそうなタイプで、人気の立場では買いづらいものの直線に賭ければ怖い1頭です。

 キャンベルジュニア

父  Encosta De Lago

母父 Redoute’s Choice

前走 ダービー卿CT 6番人気2着

父ノーザンダンサー系×母父ダンチヒ系

前走は上手く立ち回り一変しましたが、東京のスピード勝負では分が悪いでしょう。ローテ的にも反動が気になるところです。

 ウインガニオン

父  ステイゴールド

母父 ポリッシュネイビー

前走 京都金杯 5番人気13着

父Tサンデー系×母父ダンチヒ系

前走は前半に絡まれて惨敗しましたが、スムーズなら重賞でも通用する力があるのは証明済み。アテにはならないので、人気薄でハマるのを待つタイプですね。

 セイウンコウセイ

父  アドマイヤムーン

母父 Capote

前走 高松宮記念 5番人気6着

父フォーティナイナー系×母父ボールドルーラー系

血統的にもこのレース向きではなさそう。延長ローテもプラスとは言えず、最内で溜めればワンチャンあるくらいでしょうか。

 ブラックスピネル

父  タニノギムレット

母父 アグネスデジタル

前走 京成杯AH 4番人気12着

父ロベルト系×母父ミスプロ系

半年以上の休み明けですね。タニノギムレット産駒は使いつつ良くなるタイプが多いので、ここでは少し狙いづらい。

 シュウジ

父  キンシャサノキセキ

母父 Kingmambo

前走 東風S 2番人気3着

父Pサンデー系×母父キングマンボ系

戦績を見ると相手弱化のときに好走しているパターンが多く、相手強化となる今回はどうでしょう。鞍上が横典なので、何をしてくるか読めないのは怖いですが…

 ダイメイフジ

父  アグネスデジタル

母父 ダンスインザダーク

前走 オーシャンS 1番人気3着

父ミスプロ系×母父Tサンデー系

前走はまさかの1番人気。相手強化を短縮で差しに回る位置取りショックと力を出すには最高の流れだったと思います。そのため現状では少し荷が重い気がしますね。

 ムーンクエイク

父  アドマイヤムーン

母父 Halling

前走 洛陽S 3番人気5着

父フォーティナイナー系×母父ミスプロ系

血統的にはイマイチですが、初重賞の鮮度と前走軽く凡走しているのは好感が持てます。内枠に入れば注目しておきたい1頭ですね。

総評

上位馬がなかなか強そうな気もしますが、枠順を見て付け入る隙があるかどうか判断したいですね。

NHKマイルCもディープ産駒がワンツーしたように、今開催はいつになくディープ産駒がよく走っています。

ここも最適な舞台とは思いませんが、直近の勢いからディープ産駒は侮れない気がしますね。

人気馬を過信するのは危険です。

人気馬に潜むリスク
人気と実力は必ずしも比例しない。 競馬を長く見てこられた方なら、嫌というほど痛感していることではないでしょうか。 しかし、競馬を...

人気馬が危険だと判断した例を紹介します。

危険な人気馬の判断材料
競馬で儲けるためには、人気薄を見付けると同じくらい、危険な人気馬を見極めることが重要です。 人気馬のプラス要素なんか新聞を見るだけで素...

1番人気が消えるレースを狙いたいですね。

1番人気が消えるレースを買えば儲かるのか?!
競馬では、1番人気が消えるレースだけを買えば儲かることをご存知ですか? よく人気馬ばかり買っていては勝てないと言われますが、逆に人気馬...
スポンサーリンク

フォローする