【2018】京王杯2歳ステークスの傾向

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週末に行われる京王杯2歳ステークスの注目ポイントを紹介。

現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。

スポンサーリンク

京王杯2歳ステークスの傾向

2歳戦だけに、仕上がりの早いダイワメジャー産駒やキンシャサノキセキ産駒が非常に強いです。

他にも米国血統、とくに父ミスプロ系の単勝回収率が高く、サンデー系以上に注目です。

Pサンデー系は比較的人気馬が走りやすいですが、穴ならTサンデー系で母系が米国血統というタイプが面白そう。

ディープ産駒は本質的に適性が合わないことや、ここに出走してくる時点で素質的にもイマイチである可能性が高いため、軽視したいところです。

前走新馬組はあまり良くありません。

馬券になったのは前走1.2番人気で、先行して上り3Fで上位の脚を使っていた馬です。それくらい力の一旦を見せていないと厳しいでしょう。

前走未勝利組は人気を考慮すると注意は必要です。

やはり前走で先行していることが重要で、短縮馬はとくに狙い目。逆に、延長馬は人気薄ばかりですが全く結果が出ていません。

延長+相手強化だと体力的にも精神的にもキツイのかも知れませんね。

前走条件戦組は、人気馬しか好走していません。

能力的にも連対している方がチャンスはありますし、やはり先行して速い上がりを使っている馬は好走率が高くなります。

前走OP特別組では、前走1着馬の好走数が多いものの、回収率は今一つ。逆に5着以下に凡走している馬に妙味があります。

前走1着馬で好走しているのは、前走1.2番人気に推されて連対しているような実力上位馬です。その中でも延長馬を除けば非常に安定感があります。

5着以下に凡走していた馬では、前走逃げていた2頭が今回も逃げて2頭とも激走。もう1頭も4角で4番手と前目に付けています。

3頭は前走で1.2.4番人気に推され、2走前は新馬・500万下で1着でした。いずれも父か母父がミスプロ系で、〇×〇の気分屋な面が窺えます。

2走前が未勝利や500万下以上で凡走している馬では、そもそも能力的に疑問視した方が良いかも知れません。

前走重賞組では、函館or小倉2歳ステークス組が優秀です。そこで好走しても、早熟の短距離馬と見られて人気になりづらいですが、この時期の1400mならそれで通用するということでしょう。

逆に新潟や札幌2歳ステークスから短縮で挑む馬は、スピード不足か結果が出ていません。

出走予定馬

記事作成時点でのnetkiebaの予想上位人気10頭を紹介します。

・ファンタジスト

血統 キングマンボ系×ディープ系

前走 小倉2歳S 3番人気1着

血統的にはこの時期の短距離重賞にピッタリ…とは思いませんが、優等生タイプが多いロードカナロア産駒なら人気なりに走りそうですね。

とはいえ、強調材料にも欠けるのも事実で、勝ち切れない可能性も十分にあると思います。

・アウィルアウェイ

血統 Pサンデー系×キングマンボ系

前走 ダリア賞 1番人気1着

近親に当レース2着のリアルインパクト。

こちらも血統面では2歳戦でピンと来ませんが、ディープ産駒のリアルインパクトが走っているので対応出来るのでしょうか…正直よく分かりませんが、積極的に買いたいとも思いません。

・アスターペガサス

血統 ストームバード系×ミスプロ系

前走 函館2歳S 2番人気1着

いかにも早熟の短距離血統ですが、こういったタイプこそ狙いたいですね。

前走後方からだったのは気になりますが、出遅れて前が壁になったためで、前に行こうとする意欲は見られたので問題ないでしょう。延長で制御が効かなくなる方が心配ですが…

・シングルアップ

血統 Pサンデー系×ヴァイスリージェント系

前走 小倉2歳S 1番人気6着

当レースに相性の良いキンシャサノキセキ産駒です。

前走の凡走は、2走前が短縮で逃げたことによる反動である可能性も高く、この凡走で人気が落ちれば面白い存在となりそうです。

・カルリーノ

血統 Pサンデー系×プリンスリーギフト系

前走 函館2歳S 3番人気3着

父が非根幹距離に強いマツリダゴッホ・母父が2歳戦から走るサクラバクシンオー系で、血統的にも十分に狙えます。後は力が足りるかどうか…ですね。

・ココフィーユ

血統 キングマンボ系×サンデーサイレンス

前走 未勝利 1番人気1着

特筆すべき点はとくになく、頑張って掲示板でしょうか。

・メイショウオニテ

血統 Pサンデー系×ストームバード系

前走 未勝利 4番人気1着

新馬ではやや暴走ペースで沈み、2戦目であっさり巻き返し。

前走で10頭中の5番手と先行とは言えませんが、新馬で逃げた前向きさと血統面からも、人気薄なら抑えて損はなさそうです。

・プライム

血統 Pサンデー系×ロベルト系

前走 未勝利 2番人気1着

ダイワメジャー産駒ですが、ちょっと能力的に足りなさそうな気がします。

まぁ馬の能力なんてほとんど分からないですけど…

・ラバストーン

血統 Lサンデー系×ミスプロ系

前走 札幌2歳S 14番人気14着

さすがに能力的に厳しいでしょう。

まぁ馬の能力なんて…

総評

少頭数で手が出しづらいですが、上位2頭より血統面では狙いたい馬が揃っています。

2頭のうちどちらかが3着を外す可能性は十分ありそうですし、オッズ次第で絞って狙うのもアリかな…と思います。

ファンタジーステークスの傾向です。

【2018】ファンタジーステークスの傾向
今週末に行われるファンタジーステークスの注目ポイントを紹介。 現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。 ファンタジース...
スポンサーリンク

フォローする