【予想】京成杯オータムハンデの予想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【2017】京成杯オータムハンデの予想です。

紫苑ステークスはペース的には前後半2.8秒の超スローでしたが上位は差し馬が独占。前が残るレースもありましたし、フラットな馬場と見て良いかも知れません。

京成杯オータムハンデの予想

◎14 ミッキージョイ(注)
〇8 ブラックスピネル(B)
▲6 グランシルク(B-)
△2.11.13

本命は展望で注目馬として挙げたミッキージョイ。

前走は道悪で参考外、2.3走前は位置的に厳しい展開でまだこのクラスで底を見せている訳ではありません。

母系が高速馬場に強いダンチヒ系で、差しも利く今の馬場ならワンチャンス狙える。枠もディープ産駒には伸び伸び走れる外目に入ったのでプラス要素です。

対抗はブラックスピネル。

前走こそ謎の大敗を喫しましたが、能力的にはここで最上位だと思います。昨年2着のカフェブリリアントと同じロベルト系で、タフなレースになれば勝ち切るところまで十分考えられます。

三番手はグランシルク。

無理に嫌う要素はないし、普通に走ればそれなりの着にはなるでしょう。中山の田辺騎手は最も頼りになると言っても過言ではないでしょうし、重賞初制覇を飾ることが出来るでしょうか?!

マルターズアポジーは消します。

理由は重賞の(重賞でなくても)逃げ馬は人気薄を狙うのがセオリーであり、人気ではそれほど成績はよくありません。

さらに今回は58㎏を背負い他の馬が競ってくる可能性も有り得ますし、条件は厳しくなる一方。こちらの想像以上に馬が強ければ素直にお手上げです。

ボンセルヴィーソも展望ではあまり評価していませんが、血統的に好走しても何ら不思議ありません。初古馬のダイワメジャー産駒となれば条件的には悪くないですし、立ち回りが上手い当馬が内枠に入ったのもチャンスです。

ただ、3歳牡馬のレベル自体に疑問があるので人気ではあまり強気にはなれないところです。

セントウルステークスの予想

◎14 フィドゥーシア(A)
〇7 ファインニードル(C-)
▲1 アドマイヤゴッド

考えた結果、全く狙いたい馬がいなかったので1番人気の可能性大のフィドゥーシアが本命です。

対抗にも2番人気濃厚なファインニードル。展望では低めの評価でしたが、このメンバーなら好走する気しかしません…

穴っぽいところを無理やり考えたところ、昇級2戦目の鮮度の高さを評価してアドマイヤゴッドを三番手に。前走は前残りでしたし、今回内でロス無く運べればワンチャンスあっても。

ダンスディレクターは展望でB-という評価でしたが、外枠に入ったためC評価へ下げました。外々を回るとちょっとしんどいか。

馬券は14→7の馬単を勝負馬券として楽しんでみます。

以上です。

スポンサーリンク

フォローする