【2018】金鯱賞の傾向

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

金鯱賞の傾向

今週末に行われる金鯱賞の傾向です。

昨年から大阪杯の前哨戦としての位置付けになり、今までよりレベルが上がる可能性は高いです。過去の傾向はあまり参考にならないかも知れませんね。

血統

中京芝2000mでの好走血統と、重賞に限ったときの好走血統を見ると、ともに優秀なのはキングカメハメハ産駒です。

ディープ産駒は基本的に人気馬しか走らず、穴の激走は期待できません。

基本的にハーツクライマンハッタンカフェゼンノロブロイなどのTサンデー系が優位で、ハービンジャー産駒も注目したい血統ですね。

枠・脚質

中京は内・外有利の傾向がコロコロ変わるので、直近レースの傾向を重視するのがいいでしょう。

脚質的には差し馬も極端に成績は下がらないので、追い込み一手という馬以外はどこからでも狙えそうです。

出走予定馬

出走予定馬の血統とローテーションから考察していきます。

アクションスター

血統
父  アグネスタキオン
母父 Loup Solitaire

前走
京都記念 10番人気9着

そろそろ引退させてあげたらどうでしょうか。

キンショーユキヒメ

血統
父  メイショウサムソン
母父 サンデーサイレンス

前走
愛知杯 4番人気10着

中山牝馬ステークスにも登録しています。

こちらには出走しないでしょうが、出走しても厳しいでしょう。

サトノダイヤモンド

血統
父  ディープインパクト
母父 Orpen

前走
凱旋門賞 15着

今年の競馬界を盛り上げるためにも、ここで復活してほしいところです。

しかしどうも調教での動きも良くないらしく、大阪杯では主戦のルメールがドバイへ出走するレイデオロに騎乗するため乗り替わりが確定とのこと。

どうせならここで武豊騎手に乗り替わって欲しい気もしますが、大人の事情で難しいでしょうね。

個人的にはキタサンブラックと互角に渡り合った力で4歳世代を撃破してもらいたいですが、馬券的には今回静観する方が賢明でしょうか。

走るかどうかは走ってみないと分かりません。

サトノノブレス

血統
父  ディープインパクト
母父 トニービン

前走
凱旋門賞 16着

過去金鯱賞で好走していますが、下り坂であることは間違いないでしょう。サトノダイヤモンドとともに遠征した疲れも合わせて、ここでは買いづらいですね。

スワーヴリチャード

血統
父  ハーツクライ
母父 Unbridled’s Song

前走
有馬記念 2番人気4着

疲れやすいハーツクライ産駒の典型的な成績をしています。

展開のアヤがあるにせよ、前哨戦の共同通信杯快勝→皐月賞凡走→凡走後のダービー好走→休み明け快勝→有馬凡走と分かりやすい馬。

今回は問題なく走るでしょう。

タイセイサミット

血統
父  ダイワメジャー
母父 エンドスウィープ

前走
小倉大賞典 10番人気10着

前走はトリオンフが早めに動いて先行馬に苦しくなりました。

能力的には一枚落ちる気はしますが、近走のストレス・疲労は気にする必要はなく、思い切って逃げればワンチャンスあってもおかしくはないと思います。

ダッシングブレイズ

血統
父  Kitten’s Joy
母父 Honour and Glory

前走
小倉大賞典 3番人気4着

前走は久々の分もあったでしょうか。

ストレス・疲労面は特に気になりませんが、相手強化で頑張れる血統には思えず、格負けする可能性が高いと思います。

デニムアンドルビー

血統
父  ディープインパクト
母父 キングカメハメハ

前走
中山金杯 6番人気7着

常に上位の上がりを使いますが、決して速い上がりで勝負するタイプではないです。

広いコースは向くと思いますが、鮮度面・活性化面でも弱く、同距離重賞続きの飽きもあり、展開待ち感は否めません。

デルマサリーチャン

血統
父  ホワイトマズル
母父 ダンスインザダーク

前走
初音S 16番人気11着

さすがに厳しいでしょう。

トリオンフ

血統
父  タートルボウル
母父 ダンスインザダーク

前走
小倉大賞典 1番人気1着

前走は1頭力の違いを見せつけましたが、ダッシングブレイズ同様に弱い相手に強そうな血統で、強い相手に頑張れるかどうかが微妙な気がします。

鮮度面ではメンバー中でも上位で、人気次第では相手に買っておいてもいいでしょう。

ブレスジャーニー

血統
父  バトルプラン
母父 タニノギムレット

前走
有馬記念 12番人気12着

母系に名牝ダイナカールを持っていますが、如何せん父が成長力に欠けそうで一線級相手では苦しいのでは。

2歳時にはスワーヴリチャードにも勝利していますが、既に力関係は逆転している可能性は高いでしょうね。

メートルダール

血統
父  ゼンノロブロイ
母父 Silver Hawk

前走
中日新聞杯 2番人気1着

血統面では不安なし。間隔も空いているので同コース重賞を走ったストレス面もそれほど心配はないでしょう。

好走する確率は十分ありそうです。

ヤマカツエース

血統
父  キングカメハメハ
母父 グラスワンダー

前走
有馬記念 6番人気10着

金鯱賞を変則連覇中。

適性はもちろん、実力的にも上位ですが、キャリアを重ねて鮮度面が落ちてきたのは不安材料です。

近走は力を出せていないので、軽くは扱えませんが飛んでも不思議はありません。

総評

過去の金鯱賞では条件戦から参戦している馬が多数好走していますが、G1の前哨戦となったことで今後はどうなるかは未知数です。

個人的には実績馬が有利になりそうな気はしますが、馬券的にはサトノダイヤモンドをどう扱うかがポイントになりそうですね。

スポンサーリンク

フォローする