【2019】中山・京都金杯の予想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中山金杯と京都金杯の予想です。

今年の予想はこれまでより血統を重点的に考え、本命の単複勝負に徹したいと思います。

意思は弱いので、どこかで路線変更するかもしれませんが今年もよろしくお願いいたします!!

スポンサーリンク

中山金杯の予想

中山金杯は基本的にスタミナ指向の血統が走りますが、出走馬のほとんどは父・母父どちらかがスタミナ血統であることが多いですね。

その中から選ぶとしたら、”早い”上がりは使っていても”速い”上がりを使えない馬。メンバー中上位の上がりを使うことはあっても、その上がりのほとんどが34秒台より遅いようなタイプが狙い目です。

また、馬場によっては33秒台前半の上がりを使うケースがあっても、メンバー中で上位でなかったりするケースも、本質的に速い上がりを使えないタイプと考えても良いでしょう。

それを考慮しての本命候補は…

・タニノフランケル
・マイネルハニー
・ウインブライト
・マイネルサージュ

※推定上位人気や、血統面で違うと思った馬は入れていません。

この中から本命はウインブライトにします。

中山実績は抜群で近走は適性外のレースで度外視できますし、延長で好位に付ける可能性も高く、スタート次第では逃げの手も考えられそうです。

昨年2着馬ながら近3走の結果で推定6番人気まで落ちているのは妙味がありますね。

京都金杯の予想

京都金杯もマイル戦ながら血統傾向はスタミナ指向です。欧州型ノーザンダンサーや、ディープ・Tサンデー系が強く、ダンチヒの血を持つ馬も穴をあけることがあります。

本命候補として考えられるのは…

・アドマイヤアルバ
・ミエノサクシード
・ヒーズインラヴ
・リライアブルエース
・ゴールドサーベラス
・ロードクエスト

これまでの常識的には内枠絶対有利ですが、昨年の結果をみると開幕週から差しが決まりやすくなっている気配もあります。

また、血統的にピンポイントで攻めるならダンチヒ系かなと思うので、本命はロードクエストにします。

大外枠と条件は楽ではありませんが、腐ってもNHKマイルC2着、2走前にモズアスコットを差し切るという実績があります。

前走は2走前の反動と延長ローテも堪えた可能性がありますし、前が速くなって差しが届くペース、外が伸びる馬場であればワンチャンスあっても。

人気薄だからこそ、大外というマイナス材料には目を瞑ります。

その他のレース

危険な人気馬と判断したエルプシャフトが出走する中山12R。

年末の中山芝1600mはキングマンボの血を持つ馬が多数好走していました。力の要る馬場なら、ディープ産駒よりパフォーマンスを発揮するのは必然です。

このレースでキングマンボの血を持つ馬は…

・イレイション
・アルトリウス
・サラーブ
・ミラクルブラッド
・ラブターボ

気になるのはイレイションとミラクルブラッドですが、本命はイレイションです。

父はダートをこなすディープスカイですが、自身は完全に芝で結果を残し、前走初ダートを惨敗しています。

嫌な経験をした後の芝戻りで気分よく走れる可能性は高まり、2走前は軽い芝の上がり勝負で後れを取っただけなので、上りの掛かる中山芝で巻き返す可能性は十分にあるでしょう。

スポンサーリンク

フォローする