【2018】北九州記念の傾向

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週末に行われる北九州記念の注目ポイントを紹介。

現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。

スポンサーリンク

北九州記念の傾向

以前は外差しがバンバン決まるレースでしたが、ここ数年は好位から粘りこむタイプが増えてきたレースです。

ただ、スタートしてすぐに下りとなるため、前半が非常に速くなりやすい傾向にあり、そうなると差し馬が上位を独占して大荒れとなることも。

事前に前が粘るのか、外差しが決まるのかを予測するのは難しいでしょう。

このレースで最強の種牡馬は何と言ってもサクラバクシンオーです。サクラバクシンオーの血を引くショウナンカンプも侮れません。

今後はサクラバクシンオーを父に持つ馬は少なくなりますが、母父としても活躍が期待できる可能性は高いと思いますね。

サンデー系ならスタミナ型のTサンデー系の一発に注意が必要です。

また、小倉と言えばグレイソヴリン系ですが、このレースでも母方にグレイソヴリンの血を持つ馬が激走しています。

前走で条件戦を走っていた馬の成績が良いのも特徴的です。

馬券になったのはほぼ連対している馬で、前走から間隔の空いていない馬の好走が多く、勢いで通用するレースとも言えそう。

アイビスSDを連対していた馬は高確率で馬券になっていますが、いずれも前走・今回と人気に推された実力馬で、前走激走したタイプだとリスクは上がりそうです。

出走予定馬

記事作成時点でのnetkiebaの予想上位人気10頭を紹介します。

・ダイアナヘイロー

血統 リファール系×ロベルト系

前走 函館SS 4番人気9着

前走は直線で前が大渋滞。力負けではありません。

昨年ほどの勢いはありませんが、まともに走れば上位に来る可能性はあると思います。揉まれない外目の枠が良さそうです。

・ダイメイプリンセス

血統 リファール系×Tサンデー系

前走 アイビスSD 1番人気1着

新潟直千で才能を開花させましたが、1200m戦で信用するには少し危うい気もします。血統面でもピンと来ないので、今回は危険な人気馬になりそう。

・ゴールドクイーン

血統 エーピーインディ系×ヘイロー系

前走 バーテンバーテンC 1番人気2着

血統的に伸びしろはなさそうですが、斤量の恩恵もある今回ならチャンスはありそう。

ただ、前に行きたい馬が揃っているので展開面で厳しくなる可能性も高そうです。

・ラブカンプー

血統 プリンスリーギフト系×ミスプロ系

前走 アイビスSD 2番人気2着

サクラバクシンオーの血を持ち、血統的には最適な1頭。

連続好走している疲労や展開面が心配ですが、斤量の恩恵もあるので軽視は出来ませんね。

・アサクサゲンキ

血統 ストームバード系×ノーザンダンサー系

前走 CBC賞 3番人気4着

ここ2走スタートが決まらず、力を出し切れていない感はあります。しかし、スタートに不安がある馬を人気で軸にするのもリスクです。

それ以外に嫌う要素はとくにありませんので、人気との兼ね合いでどう扱うかを考えたいですね。

・セカンドテーブル

血統 ミスプロ系×サンデーサイレンス

前走 CBC賞 8番人気3着

1200mで先行すれば多少ペースが速くてもしぶとい馬です。ただ、CBC賞を好走した馬の成績が非常に悪く、反動が大きい可能性が高い点は心配ですね。

・アレスバローズ

血統 ディープ系×グレイソヴリン系

前走 CBC賞 4番人気1着

母父がトニービンはプラス、前走CBC賞激走はマイナス。

正直、この血統でスプリント戦を走っている時点で私にはこの馬を理解するのは無理です。笑

今回は(も)買いません。

・ナガラフラワー

血統 Tサンデー系×ダンチヒ系

前走 CBC賞 9番人気2着

前走は上手く流れがハマった感もあり、2走前が準OPで鮮度は高いですが、前走の再現を期待するのは厳しいか。

今回は凡走して、その後の巻き返しに注目したいですね。

・アンヴァル

血統 キングマンボ系×ヴァイスリージェント系

前走 葵S 3番人気6着

母は当レース2着の実績アリ。

余談ですが、当時はこの時期の小倉でサンデー系の差し馬を狙えば当たるということで、単勝73倍のキョウワロアリングを本命にして的中した記憶があります。そのときの2着馬がこの馬の母アルーリングボイスです。

単純な考えでもハマれば大きいところが取れるのを実感したレースでもありました。初心に帰って単純な血統作戦にしようかな…

あ、この馬についてはとくに買いたい要素はありません。

・アクティブミノル

血統 ストームバード系×Pサンデー系

前走 アイビスSD 14番人気8着

前走は最内枠で負けても仕方ないレースでした。

とはいえ、最近はさすがに衰えを感じるため、今回も厳しいのではないでしょうか。

総評

サクラバクシンオーの血を持つ馬はグレイトチャーター・トウショウピスト・ナリタスターワン・ラブカンプーの4頭。

母父にグレイソヴリンの血を持つ馬はアレスバローズ・カネトシブレスの2頭。

トウショウピストは小倉はまだ1度しか走っておらず、近走でもそれほど上位と差のない競馬をしておりワンチャンスあっても良いのでは。

今年は好走率の高い条件戦連対馬が出走しないため、血統面からアプローチしてみたいと考えています。

札幌記念の傾向です。

【2018】札幌記念の傾向
今週末に行われる札幌記念の注目ポイントを紹介。 現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。 札幌記念の傾向 昨年が1....
スポンサーリンク

フォローする