【予想】神戸新聞杯・オールカマー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【2017】神戸新聞杯とオールカマーの予想です。

夏以降どうにも調子が上がりませんが、そのうち当たる時が来ると信じて予想していきます。

神戸新聞杯の予想

◎4 ベストアプローチ(注)
〇8 レイデオロ(B)
▲3 ダンビュライト(B)
△5 キセキ(B)

本命は展望で注目馬に挙げたベストアプローチ。

ダービーは後方だった馬には出番なしの展開で、この舞台で最も巻き返しに期待出来そうな血統です。

菊花賞では血統的に重すぎるかと思いますが、タフな阪神2400mにはピッタリでしょう。

マイナス点としては、藤原厩舎の前哨戦ということでしょうか。それでもこの人気なら狙って妙味はありそうです。

対抗はダービー馬レイデオロ。

何だかんだでぶっつけで挑んだ皐月賞以外負けていないのは世代トップクラスである証。

大物感は感じないものの、陣営にとってここは下手な競馬するわけにはいかないでしょう。

三番手はダンビュライト。

賞金的に出走権を最も欲しいのがこの馬だと思います。この馬もマイル戦だった朝日杯しか凡走していない隠れ実力馬です。

三連単の3着付けで買っておいても面白いかも知れませんね。

印を回さなかったディープ産駒はコース適性の分です。

それほど抜けた存在が居ない世代ですから、ちょっとした力差なら適性で逆転される可能性は十分あります。

それを覆すほどの力があるかどうか…正直分かりません。

権利が欲しいところで怖いのはアドマイヤウイナーでしょうか。この馬も血統的にはスピードのないスタミナタイプです。

ベストアプローチより一枚落ちると見ていますが、展開次第では可能性はあるでしょう。

オールカマーの予想

◎6 ルージュバック(B)
〇4 ステファノス(B)

本命は無冠の大器ルージュバック。

内枠に入ったのが気になりますが、この馬の非根幹距離での強さは戦績が証明しています。

特にエプソムCと毎日王冠は圧巻で、マイル戦よりゆったり入れる今回の距離延長も歓迎です。

対抗はステファノス。

この馬も藤原厩舎で目標は明らかに先ですが、今回のメンバーなら普通に好走しそうな気がします。

人気も割れているので1番人気でもそれなりのオッズになりそうです。

人気のアルバートとモンドインテロは共に差し馬で、短縮でペースアップした時に追走に苦労する可能性が高くなります。

人気ほど信頼は出来ないと見て、今回は評価を落とします。

タンタアレグリアは休み明けがどうかだけですね。まともに走れば上位争いでしょうけど、長期休み明けの人気馬を敢えて買う必要はないでしょう。

展望の注目馬に挙げたツクバアズマオーは外枠に入ったのでマイナス。

マイネルミラノも陣営が戦法をイマイチはっきりさせない感じなので今回は見送りです。

以上です。

スポンサーリンク

フォローする