【2017】小倉記念

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週末に行われるの小倉記念の傾向と展望です。

小倉記念の傾向

1番人気は過去10年で未勝利(3着以内は5回)と、荒れ模様の小倉記念です。

血統的な傾向ではとにかくグレイソヴリン系の血を持つ馬が強い。父・母父はもちろん、グレイソヴリンの血を持つサンデー系であるハーツクライ・アドマイヤベガなどにも要注意です。

前走七夕賞組

七夕賞で連対していた馬は10頭中4頭が好走。ほぼ人気馬なので、可もなく不可もなくと言ったところです。

やはり前走人気以上の激走でないような馬の方が安定感はあり、特にある程度の好位から競馬が出来る馬がベターです。

七夕賞で3~5着だった馬は15頭中3頭が好走。巻き返したのは全て前走人気を裏切った馬です。その中でも3角9番手以内だった馬は4頭中3頭が好走、10番手以下だった馬は3頭全て凡走。こちらもある程度好位から運べる馬が良いです。

七夕賞で6着以下だった馬は25頭中1頭が好走。かなり率が悪いですが、ほとんどが人気薄。一応前走で上位人気に推された馬で、人気を裏切ったタイプには注意が必要でしょう。

前走G1組

前走G1に出走していた馬は9頭中5頭が好走。

サンプルは少ないですが、好走したのは前走逃げた馬か、3角10番手以降の極端な脚質だった馬ばかりです。

前走宝塚記念だった馬が4頭中1頭のみの好走と、若干率が悪くなりますが、間隔が短いことが関係しているのでしょうか。

この好走率は無視出来ませんが、極端な脚質の馬を軸にするのは怖いですね。

前走G3組

前走G3組は大半が七夕賞組みですが、G3組で割と顕著な傾向が出ているのが、前走からの出走間隔です。

前走から中4週以内の馬は55頭中8頭が好走。そのうち七夕賞組が50頭を占め、好走馬も全て七夕賞組です。残り5頭は全て人気薄ですが凡走しています。

前走から5週以上空いている馬は27頭中9頭が好走。特に前走9着以内であれば、より安定感があります。しかし、10着以下からでも昨年クランモンタナ(母父トニービン)が激走していますので、注意は必要です。

前走OP特別組

前走OP特別組は26頭中2頭が好走。人気薄が多いとは言え、奮わないステップですね。

ここまで悪い理由があまり思い付きませんが、強いて挙げるなら延長馬がほとんどだからでしょうか。全体的に短縮馬が活躍しているレースですので、延長のローテーションがイマイチである可能性はあります。

ただし、前走条件戦組は延長馬でも好走馬が出ています。格上げの鮮度が勝っている…だけでは少し苦しいですかね。

前走条件戦組

前走条件戦だった馬は25頭中5頭が好走。中でも前走3角で出走馬の1/2頭以内だった機動力のあるタイプが有利です。

3角で出走馬の1/2頭以降だった馬は10頭全て凡走しており、相手強化で流れの激化に乗れない可能性が高まります。

前者ならかなり相性の良いステップなので、該当馬がいれば要注意です。

小倉記念の展望

それではnetkeibaの予想人気順に考察していきます。

1番人気はストロングタイタン

父フォーティナイナー系×母父マッチェム系で、前走は条件戦を1番人気で1着。ステップとしては良いですが、血統的にどうでしょうか。

小倉実績はありますが、条件戦よりも遥かにスタミナが問われる今回の舞台では、適性面で不安があります。

2番人気はバンドワゴン

父リファール系×母父ミスプロ系で、前走は鳴尾記念で2番人気7着。こちらもステップは悪くないですが、2番人気は少し過剰か。

血統的にもそれほど魅力は感じませんが、相手候補としては抑えておきたい1頭です。

3番人気はベルーフ

父ダンチヒ系×母父サンデーサイレンスで、前走はエプソムCを10番人気で11着。過去2年連続で好走しているように、明らかに適性はあるでしょう。

ただし、昨年までと比べるとやや衰えを感じる成績なので、人気で積極的に狙いたくはないですね。

4番人気はヴォージュ

父Lサンデー系×母父ロベルト系で、前走は七夕賞を3番人気で9着。不振の七夕賞組ですが、前走の凡走で疲労の心配は少なく、急激な流れ激化を経験したことで上積みはありそう。

母父タニノギムレットはグレイソヴリンの血が色濃く出ているタイプで、血統的にも十分チャンスがありそうです。

5番人気はフェルメッツァ

父ディープインパクト×母父グレイソヴリン系で、前走は七夕賞を8番人気で5着。前走が人気を上回る好走で疲労が心配ですが、母父トニービンということで拾わないわけにはいかない1頭です。

ここからは6番人気以下で気になる馬を。

カフジプリンスは父ハーツクライでトニービンの血を持つ馬。とにかく不器用なタイプで信頼は置けませんが、流れが厳しくなればチャンス。人気が無いのであれば狙っても良いでしょう。

サンマルティンの父は2年連続好走しているベルーフと同じハービンジャー。母父も同じで、今年はこの馬が代わりに好走してもおかしくないでしょう。ステップ的にも良い条件です。

以上です。

スポンサーリンク

フォローする