【2018】小倉記念の傾向

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週末に行われる小倉記念の注目ポイントを紹介。

現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。

スポンサーリンク

小倉記念の傾向

開幕2週目に行われますが、小倉はエアレーションの影響で開幕から差しが利きやすくなったため、逃げ馬が有利な状況にはなりづらいです。先週も差し馬の好走も目立ちましたから、好位から進められる馬を中心に考える方が無難でしょう。

過去10年の勝ち馬は全て父がサンデー系で、健闘しているのがハービンジャー。サンデー系の中でもディープ・Tサンデー系が優秀です。

それ以上に注目したいのは、トニービンの血を持っている馬です。母系はもちろん、ハーツクライも自身がトニービン持ちなので要チェックです。

前走距離では短縮が有利で、延長ローテは人気馬以外不振です。

主な前哨戦は七夕賞ですが、そこで連対した馬は今回人気を裏切るケースが多く、特に人気薄で激走した馬は反動が心配なので、割り引いて考えたいですね。

10着以下に大敗した馬は余程の根拠がない限りは狙いづらく、3~9着だった馬から巻き返す可能性が高いのは前走1.2番人気を裏切ったタイプ。全体的にはそれほど優位性のないローテになっています。

間隔の詰まったローテより、休み明けで出走してくる馬の激走が多いことからも、疲労の少ないタイプを中心に狙いたいですね。とくに今年は暑いので、余計に疲労が心配です。

出走予定馬

記事作成時点でのnetkiebaの予想上位人気10頭を紹介します。

・トリオンフ

血統 ノーザンダンサー系×Tサンデー系

前走 鳴尾記念 1番人気2着

父タートルボウルにはトニービンではありませんがグレイソヴリンの血が入っています。小倉実績も豊富で、なかなか逆らいづらい気がします。

・サトノクロニクル

血統 Tサンデー系×ロベルト系

前走 天皇賞(春) 5番人気12着

父はトニービン持ちのハーツクライ。前走は力を出しづらいローテで凡走も仕方なく、休養を挟んで疲労も心配ない今回は有力です。

・ストロングタイタン

血統 ミスプロ系×マッチェム系

前走 宝塚記念 8番人気11着

条件戦では小倉で好走していますが、重賞では連続で人気を裏切る結果に。トリオンフに比べて米国色が強い血統構成が原因だと思うため、ここも軽視したい人気馬です。

・サンマルティン

血統 ダンチヒ系×サンデーサイレンス

前走 都大路S 5番人気1着

ハービンジャー産駒で昨年2着と適性は文句なし。前走を半年ぶりで快勝した反動だけが心配ですね。

・マイネルサージュ

血統 ダンチヒ系×サンデーサイレンス

前走 七夕賞 4番人気2着

サンマルティンと同配合ですが、こちらは前走好走から中4週と間隔が詰まっている分の疲労がどうか。危ない気もしますが、人気次第では紐に加えても。

・キョウヘイ

血統 Lサンデー系×Tサンデー系

前走 垂水S 3番人気1着

重馬場巧者のイメージが強いですが、父の姉が当レースで人気薄で好走したことがあり、意外と侮れないかも知れません。とはいえ、さすがにそれだけでは狙いづらい…

・キンショーユキヒメ

血統 サドラーズウェルズ系×サンデーサイレンス

前走 七夕賞 5番人気7着

脚質的に展開がハマるかどうかがポイントで、人気では狙いづらいですが人気薄なら一発に期待出来る力はありそう。母系にグレイソヴリンの血があるのも悪くないですね。

・レイホーロマンス

血統 ダンチヒ系×サンデーサイレンス

前走 七夕賞 2番人気6着

人気薄で重賞連続好走から人気で凡走を続ける憎たらしいタイプ。血統面では問題ありませんし、人気落ちする今回は狙い目として面白いでしょう。

・メドウラーク

血統 ロベルト系×ヴァイスリージェント系

前走 七夕賞 11番人気1着

この馬が前走で勝ち切るんですから、競馬は本当に難しいですね。個人的には前走の好走要因はクロフネの血だけしか見当たらず、今回は…

父タニノギムレットはロベルト系ながらもグレイソヴリン系の特徴が強いのでもう1発あるのか?!

・マウントゴールド

血統 Tサンデー系×レッドゴッド系

前走 下鴨S 2番人気1着

う~ん…正直、力関係が読めませんが、それほど推したい要素はないかな…という感じです。

総評

人気のトリオンフ・サトノクロニクルに逆らう要素は少なく、下手に大穴狙いはしづらいレースです。

まぁ逆らう要素がなくてもポカすることはあるので、下位人気にも魅力のある馬はいますからそれに期待するのも良いかも知れません。

スポンサーリンク

フォローする