【2018】京都記念の傾向

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京都の傾向

今週末に行われる京都記念の傾向です。

血統

ディープインパクト産駒はマカヒキやキズナ、ジェンティルドンナが取りこぼしているように本質的には向いていません。

馬券的にはB級ディープのような切れないタイプを狙う方が得策でしょう。

それでも絶対数の多さからサンデー系の好走数は多いですが、母系に欧州のスタミナ血統を持つようなタイプの方が狙い目です。

枠・脚質

年明けの京都芝重賞に比べると外枠の好走も目立ちます。少頭数になりやすいのも影響はしているでしょう。

脚質的には前に行ける馬が断然有利で、キレを武器にする馬には走りづらい舞台です。

前走条件戦組

前走条件戦組は、7頭中好走例はありません。

一流馬が揃うこのレースでは簡単には通用しませんが、人気なりには走っているのでそのうち好走することも十分あり得るでしょう。

相手強化で流れに付いていけるタイプなら注意しておきたいところです。

前走OP特別組

前走OP特別組は、12頭中1頭が好走。

その1頭は前走1番人気1着で、2走前が菊花賞。対古馬での鮮度が高かったタイプです。

確率は高くないですが、鮮度のあるタイプは注意が必要でしょう。

前走G3組

前走G3組は、24頭中6頭が好走。

連対馬は8頭中4頭が好走し、前走がG1やG2だったローテに比べると相手は弱く、相対的に疲れも残りにくいことから好調馬の好走率が高いです。特に上位の上がりを使っている馬は侮れません。

3~5着馬は1頭しかサンプルがないので、3着以下でみると16頭中2頭が好走しています。

1頭は休み明けの馬で、それまで重賞で連続好走して前走凡走していたタイプ。もう1頭は前走が長期休養明けのレースで、過去G1を制した実績馬でした。

巻き返したのは共に実績馬で、前走の凡走に明確な理由が見当たるのなら注意しておきたいですね。

前走G2組

前走G2組は、41頭中3頭が好走。

連対馬は6頭中1頭しか好走しておらず、前走5着以内まで拡げても14頭中2頭の好走と冴えません。

ストレスのきつくなるローテと言えそうですが、それさえクリアできるケースなら好走してもおかしくはないでしょう。

6着以下だった馬は27頭中1頭が好走。ほとんどが前走でも人気薄の馬で、唯一好走したのは非根幹距離ではG1で連対するような馬です。

実力馬でストレスがなければ巻き返すことは十分考えられます。

前走G1組

前走G1組は31頭中15頭が好走。

連対馬は7頭中4頭好走していますが、勝ち切ったのは1頭のみ。好走したのは全て前走2番人気以内だった馬で、ストレスがきついのは間違いなく過信はできません。

3~5着馬は8頭中4頭が好走し、前走が非根幹距離だった馬は3頭全て好走しています。しかしこちらも勝ち切れていないことからストレスはある程度きついと考えられすです。

6着以下だった馬は16頭中7頭が好走し、前走人気以上に走らなかった馬の回収率の高さが目立ちます。特にそれまでの疲労から前走凡走しているなタイプは狙い目になりそうです。

現時点の注目馬

今年は少頭数ながら豪かなメンバーとなりそうです。

ディアドラアルアインは前走明らかに力を出せなかったパターンで、今回巻き返す可能性は高いでしょう。

レイデオロは絶対能力の差で好走しそうですが、モズカッチャンは今回G1馬の中では最も危険なタイプになりそう。

他の馬で通用しそうなのはミッキーロケットくらいで、馬券的には高配当は望めなさそうです。

スポンサーリンク

フォローする