【2018】京都金杯の傾向

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京都金杯の傾向

今週末に行われる京都金杯の傾向です。

血統

サンデー系の出走比率が高いですが、その中でも好走馬が多いのはディープ系とTサンデー系です。

スピード型のPサンデー系はほとんど馬券になっておらず、マイルながらスタミナも必要とされると言えます。

ロベルト系やナスルーラ系も芳しくありません。

枠・脚質

有名な話ですが、このレース(この時期の京都)では内枠が圧倒的に有利。

4枠より内と、5枠より外では好走率・回収率に顕著な差が出ています。

先行馬なら外枠でもスタートさえ決めれば問題ありませんが、差し馬なら内枠でないとほぼ勝負にならないと考えていいでしょう。

予想の際には枠順を最重視するくらいでもいいと思います。

前走クラス

昇級馬は勝ち切れないものの、好走率はそれほど悪くありません。内枠に入った馬の回収率もいいので、内枠の昇級馬には注目。

1000万条件戦から一気の昇級で2頭出走していますが、2頭とも馬券になっているように格を気にする必要はありません。

前走G1組

前走G1で5着以内に好走した馬は、今回の人気を考慮すると成績はよくありませんが、今回内枠ならそれなりに走っています。

6着以下の馬では、前走9番人気以内で人気以上に走らなかったタイプの巻き返しがほとんどです。

9番人気以内である必要はありませんが、二桁人気で二桁着順の馬では能力的な問題がありますので狙いづらいですね。

前走G2組

前走G2で5着以内に好走した馬は、勝ち切れないものの複勝回収率が優秀。ほとんどが阪神カップからの参戦ですね。

前走人気以上に好走したタイプでもよく馬券になっているように、好調さがそのまま好走に繋がると言えそう。年末年始を挟むと調整が難しいのでしょう。

6着以下だった馬は一気に成績が悪くなります。

こちらでも狙えるのは、前走で9番人気以内で人気より走らなかったタイプ。特に2走前には好走して前走でポカした馬には注意をしておきたいです。

前走G3組

出走数も多く、回収率も高い狙い目のローテです。

ただし、前走5着以内に好走していた馬は、勝ち馬は多いものの安定感は低め。成績を押し下げているのは、前走から5週以上の間隔が空いている馬です。

前走から4週以内の馬に限れば、順当に走っていますが、前走で人気薄だった馬は危険です。

G2に出走していた馬よりレベルは一枚落ちる可能性が高い分、前走恵まれて好走したタイプは安定感がなくなると言えそうです。

6着以下だった馬は好走率は低いですが、二桁人気で数頭馬券になっているように注意が必要。

巻き返したはほとんどが前走人気より走らなかったタイプで、やはり2走前に好走している馬がほとんどでした。特に短縮で前走先行していた馬に注目です。

前走OP特別組

前走OP特別で馬券になったのは、全て5着以内だった馬です。

格上げで流れは厳しくなる可能性が高いので、前走で先行している馬がベスト。前走3角で出走馬の1/3頭以内に位置している馬を狙いたいです。

現時点での注目馬

スズカデヴィアスは前走人気を下回る凡走でしたが、2.3走前に好走した反動とも取れます。調子自体は悪くないとすれば、今回巻き返す要素は十分。内枠が欲しいですね。

レッドアンシェルはOP特別を先行して勝利。当レースとも相性のいいマンハッタンカフェ産駒で、格上げに対応できるかがポイントになりそうですが、まだまだ鮮度は高いのでこなせる可能性は十分でしょう。

スポンサーリンク

フォローする