タイムフライヤーとロックディスタウンの敗戦から得る教訓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先週の土曜日に、東西でクラシックを目指す馬たちが集うレースが行われました。

東はフラワーカップで1番人気はロックディスタウン。

西は若葉ステークスで1番人気はタイムフライヤー。

ともに1番人気が沈み、若葉Sでは12頭立てながらも3連単490万馬券の大波乱。

これを的中させる人がいるのだから、恐れ入りますね。

競馬では、1番人気が消えるレースを狙えれば儲けやすい仕組みになっています。

1番人気が消えるレースを買えば儲かるのか?!
競馬では、1番人気が消えるレースだけを買えば儲かることをご存知ですか? よく人気馬ばかり買っていては勝てないと言われますが、逆に人気馬...

どちらの馬も、1番人気として買える馬だったのでしょうか。

結果的に2頭とも凡走したので、この馬たちを信じて馬券を買った人は、ここから何かを学ぶ必要があるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

タイムフライヤーにブッコんだ人

タイムフライヤーへの投票履歴を見ると、かなりの大金を投入されていることが窺えます。

こちらは単勝の時系列オッズです。

左から時刻、その時間に投票された数(金額は×100円)です。

右下の赤矢印の部分を見ると朝の9:49頃に約160万円の投票があったうち、約140万円がタイムフライヤーに投票されています。

100万円くらいブッコんだ人がいるのでしょうか。

その後も大金が投じられた形跡があり、最終的には単勝売上の約9,600万円のうち、約6,000万円がタイムフライヤーに集中し、単勝オッズは1.2倍に。

また、複勝でも同じく大量に資金が投じられています。

赤矢印は前日の23:24頃。

その時間に投じられた約200万円の、ほぼ全てがタイムフライヤーに投票されています。

最終的に、複勝は約3億円の売上のうち、約2.4億円がタイムフライヤーに。

そして、それは僅か2分の間で芝の藻屑(?)と消えました…

金額で見ると凄まじいですね。

タイムフライヤーを買う人の心境

このようなグリグリ人気が分かっているにもかかわらず、わざわざ馬券を買う人の心境とはどのようなものなのでしょうか。

私なりの推測ですが、かなりの確率で当たっていると思います。

それは、

この馬はG1馬だぜぃ。こんなメンバーなら3着以内は絶対やし、1.1倍でも確実に儲かるっしょ。競馬とかちょーカンタン♪ドヤ

まぁこんなところでしょう。

1.1倍でも200万賭ければ20万も儲かりますしね。

ざわ…

大金を賭け、レースを見ていた人は気が気でなかったでしょう。

最終コーナーでは大~外をぶん回し、直線に入ったころには前を行く馬は遥か前方。

ざわ、ざわ…

緩い流れで進んだこともあり、前を行く馬の脚色は衰えない。

加えて、タイムフライヤーにG1を制した前走のような剛脚は見えず…

ざわ、ざわざわ…

結果、前との差はほとんど縮まらないまま、タイムフライヤーは完敗。

しかも、1着馬は京都2歳Sで1秒近く負かした相手です。

そんな馬鹿な…

こんなことが、こんなことが…

今回タイムフライヤーに大金を賭けた人は、まさにリアルカイジとなったことでしょう。

競馬に絶対はない

競馬に対してしっかりと向き合っている人は、このような人気馬に大金を投じることはありません。

なぜなら、どんな人気馬でも生き物である以上、絶対に好走するなんて保証はないからです。

大金を投じて1.1倍のリターンを得られる可能性が高いとしても、万が一(今回のように)外してしまえば、その損失を取り返すことは非常に難しくなります。

名馬ディープインパクトは、日本での成績は13戦12勝・2着1回と連対率100%でした。

そのすべてが圧倒的人気です。

もし、ディープインパクトの出走したレースで単複を100円ずつ買っていたら、どのような結果になっていたと思いますか?

結果は単複それぞれ1300円の投資に対し、単勝が1370円・複勝が1380円の回収になります。

いや、勝ってるやん…

と思うのは大きな間違い。(結果的にはプラスですが)

常に圧倒的人気で、単勝は一度だけ外れ、複勝は全て的中したのにもかかわらず、この程度しか回収できていないのです。

回収率で言えば、単勝105%・複勝106%。

そして、一度でも3着以下になっていれば、それだけで複勝はマイナスになっています。

つまり、人気馬は当て続けたところで回収できる金額は少なく、数回凡走するだけで一気にリターンがマイナスになる。

そして、ディープインパクト級の成績を残せる馬は、歴史的に見てもほとんどいないのが競馬なんです。

相手関係などは関係ありません。

馬は持っている力を毎回発揮できるわけではないですからね。

体調・相手関係・レース条件など、様々な要素が絡むのが競馬です。

それを実績馬だからと過信しすぎると、今回のようなリアルカイジとなってしまいます。

タイムフライヤーのリスクは?

私は、ブログの予想でタイムフライヤーは勝ち切る可能性は低いのでは、と書きました。

土曜日の注目馬
土曜日の注目馬をピックアップ。 ファルコンステークスは考える気が起きないレースで、フラワーカップもいまいちピンと来ないので、その他のレ...

主な理由としては、タイムフライヤーはハーツクライ産駒だからです。

2月の共同通信杯でも、圧倒的人気のハーツクライ産駒のグレイルが消えました。

もともと、ハーツクライ産駒は晩成傾向にある馬が多く、3歳春までの時点では信用しづらいです。

また、強い相手やタフな条件で本領を発揮するタイプで、前走より相手が弱くなると取りこぼす危険性も高くなる種牡馬。

タイムフライヤーの前走は、タフな中山2000mのG1でした。

新設レースとはいえ、高額な賞金が得られるのですから、各馬の勝負度合いも高い。

レースは17頭の多頭数で、先行馬には厳しい激戦となりました。

ハーツクライ産駒のタイムフライヤーにとっては、その前の少頭数で軽い馬場の京都2歳Sより、遥かに条件が向いたレースです。

そんな好条件に加え、展開も向いたことでG1馬となったわけですが、今回は再び少頭数の緩い流れが予想されるレースになります。

京都よりはタフになる阪神ですが、メンバーレベルは前走より圧倒的に落ちます。

さらに大外枠で馬群に入れて集中させることも出来ず、前走より弱い相手・緩い流れに馬のやる気が削がれた結果、今回の凡走に繋がったと言えるでしょう。

もちろん、勝っていても不思議はないです。

さすがに3着までには来る可能性は高いと思っていたので、ここまでの凡走は予想外でしたけどね。

出走表を見て、上記のような考えに至ったので、他の馬の単勝が面白いんじゃないかと思いましたが、4頭の単勝を買って外すという体たらく…

これで馬券もビシっと当てていれば格好良かったんですが、私にはまだまだ無理なようです。

今回はタイムフライヤーが敗れたから言っているのではなく、勝っていたとしても基本的な考え方は変わりません。

勝ったとしても見返りは少なく、凡走してもおかしくない理由を見出せる圧倒的人気馬に大金を投じることは、競馬で最もやってはいけない行動の一つだと思います。

ロックディスタウンから見るオルフェ産駒の扱い方

若葉Sでアイトーンの単勝を買えなかったのは少し悔しいですが、フラワーカップの1番人気馬についても少し見ていきましょう。

1番人気はオルフェーブル産駒のロックディスタウン。

札幌2歳Sを牡馬相手に勝利し、阪神JFでも1番人気に支持されたほどの馬です。

その阪神JFは大外枠で暴走気味になり失速。

ステイゴールドから続く気性の悪さをモロに見せた格好となりました。

今回は掛かりやすいタイプには良くない延長ローテでしたが、小回りでタフな中山1800m戦。

内枠で我慢すれば、このメンバー相手なら好走する可能性は十分あるとみて、予想では対抗にしました。

結果はドスローの流れで折り合いを欠き、全く見せ場なく最下位に敗れる始末。

本来はここまで負ける実力ではないはずですが、実力通りに走らないことが多いのが競馬です。

とくに、ロックディスタウンは前走でも気の悪さを見せ大敗。

今回も矯正できなかったところを見ると、オルフェーブル産駒で気の悪さを出した馬は、しばらく信用しない方が良さそうに思えます。

ラッキーライラックのような優等生ばりのレースができる馬もいるので、あくまでも気の悪さを見せた馬は…ですね。

そもそも、オルフェーブル産駒は今のところかなり人気先行で、馬券的には人気で嫌うことで妙味ある種牡馬です。

基本的には晩成傾向だと思われるので、あまり信用しない方がいいでしょう。

まとめ

圧倒的人気にブッコんで勝負しても、ほぼ間違いなく勝てません。

1度きりの勝負で当てて止めれるなら話は別ですが、そんな人はまぁいないでしょう。

圧倒的ではなくても、人気馬から買うと基本的には配当に限界があります。

しかし、人気馬が消えるレースを選んで穴馬を見極められれば、配当はどれだけ跳ねるか想像するだけで楽しみになります。

捕らぬ狸のなんちゃら…にならないよう、しっかりとそれを実践できなければ意味がありませんけどね。

※重賞の成績が相変わらず悪く、少し見直しが必要かと思っています。

昨年は重賞成績は悪くなかったので、何が違うのかを見直してみたところ、もっとシンプルに予想していたような気がします。

今後は、重賞の傾向もあまり難しく考えずに捉えてみようと思います。

どうなるのかは…分かりません( ˘ω˘ )

競馬で勝つために重要な考え方を紹介しています。

ギャンブルは短期的ではなく、長期的思考で考える
世の中にはあるギャンブルで、勝てる人と負ける人の違いはどこにあるのでしょうか? 知識や技術はもちろんですが、それ以前に、勝つ人と負ける...

危険な人気馬の判断材料を紹介しています。

危険な人気馬の判断材料
競馬で儲けるためには、人気薄を見付けると同じくらい、危険な人気馬を見極めることが重要です。 人気馬のプラス要素なんか新聞を見るだけで素...

競馬は偶数番が有利な構造です。

競馬は後入れの偶数番が有利である
競馬は後入れの偶数番が有利…と聞いたことがあるでしょうか? 競馬では、奇数番が先にゲートに入り、偶数番は後から入ることになります。 ...
スポンサーリンク

フォローする