リファール系の回収率データ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここではリファール系の回収率データを紹介します。

細かい分析まではしていませんが、ざっくりとした回収率で得手不得手を自分なりに解釈して馬券に活かせてもらえればと思います。

スポンサーリンク

リファール系の回収率

データは2015~2017年単勝99倍以内の馬で抽出しています。

年齢別

2歳戦は好走率・回収率ともに悪いですね。

あまり早い時期からの活躍には期待できない系統かも知れません。

枠別(芝)

外枠より内枠の方が成績が良いです。

これだけ差があると狙い目としては分かりやすいですね。

枠別(ダート)

ダートでは中枠以外が優秀。

サドラーズウェルズ系でもそうでしたが、ダートの内枠でも成績が良いのは意外です。

ただ、人気の内枠はあまり信用せずに、妙味ありそうな人気薄を狙う方が良さそう。

クラス別(芝)

下級条件の成績の悪さが目立ちます。

芝ではスピード不足で、勝ちあがるのに苦労する馬が多いのでしょう。

クラス別(ダート)

芝とは違い、下級条件の成績が良くなっています。

芝でスピード負けした馬が、ダートでスタミナを活かして勝ち上がるパターンが狙い目となりそうです。

競馬場別(芝)

競馬場ごとではあまり見栄えするものはありません。

そこで、芝のコース別に抽出します。対象は15レース以上出走したコースです。

芝コース別

中京1200m・函館1200m・新潟1000m・福島1200mの短距離が狙い目ですね。

競馬場別(ダート)

ダートは優秀ですね。

芝とは違い、こちらは中距離での成績が上昇しています。

母父別(芝)

回収率で優秀なのは母父サンデーサイレンス・フォーティナイナー系。

リファール系は1頭のみしか対象馬がいません。

母父別(ダート)

ミスプロ系・ヴァイスリージェント系の好走率の低さは気になります。

他は軒並み優秀で、ダートではかなり過小評価されている可能性がありますね。

前走距離(芝)

延長が苦手で短縮が得意とはっきりしています。

前走距離(ダート)

延長の複勝回収率こそ高いですが、好走率・単勝回収率の低さから得意とは言えなさそう。

ダートでは距離変更ショックがなくても好走する馬が多い傾向にあるようです。

季節別

春のリファールという格言通り、春先の回収率が最も高くなっています。

とくにダートの成績が良くなっています。

まとめ

・芝よりもダートで狙う方が馬券的には効果的。

・芝なら特定コースを狙い撃ち。

・芝の下級条件は割引。

※今後の成績を保証するものではありません。

※詳細なデータをご希望の方はご連絡いただければお調べ致します。

サドラーズウェルズ系の回収率データです。

サドラーズウェルズ系の回収率データ
ここではサドラーズウェルズ系の回収率データを紹介します。 細かい分析まではしていませんが、ざっくりとした回収率で得手不得手を自分なりに...

それ以外のノーザンダンサー系の回収率データです。

ノーザンダンサー系の回収率データ
ここではノーザンダンサー系の回収率データを紹介します。 ノーザンダンサー系は、欧州型の中でもサドラーズウェルズ系・リファール系・ニジン...
スポンサーリンク

フォローする