【2017】毎日王冠

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週末に行われる毎日王冠の傾向と展望です。

スポンサーリンク

毎日王冠の傾向

開幕週に行われる毎日王冠ですが、昨年のように追い込み馬が台頭するケースも目立ちます。

一方で過去10年は逃げた馬も半分が好走しており、脚質に拘る必要はないとも言えそうです。

穴馬の好走は内枠に集中している傾向があるので、狙うのは内枠が良さそう。

非根幹距離での実績も注目しておきたいところです。

前走G1組

前走G1組で安田記念に出走していた馬は25頭中4頭しか好走しておらず不振。

好走した4頭のうち3頭は安田記念の勝ち馬でしたが、当レースでは人気で取りこぼしています。

宝塚記念に出走していた馬は15頭中5頭が好走。

中でも3角7番手以内だった馬は9頭中4頭好走しており、ある程度機動力のある馬の方が安定感があります。

3歳馬が非常に優秀で、前走大敗して人気が無い馬でも好走しています。だたし、人気薄でも既に重賞実績はあったので、一定の力を見せている馬を狙いたいですね。

前走G2組

前走G2組は出走数が少ないですが、5着以内だった馬は8頭中4頭が好走しており相性は良いです。特に好位から競馬をしている馬が狙い目。

6着以下だった馬は9頭中1頭しか好走していませんが、10番人気で激走しているので注意は必要か。

その1頭は、前走3角5番手以下・今回3角8番手以内の逆ショッカーでした。逆ショッカーは3頭該当馬がいて、7番人気6着・10番人気3着・8番人気8着でした。

前走G3組

延長馬は17頭中2頭しか好走していませんが、ほとんどが人気薄です。好走した2頭は近走でも好走しており、数字ほど悪いステップではなさそう。

短縮馬も19頭中2頭しか好走しておらず、こちらも好走したのはやはり近走好走している馬でした。2頭とも前走先行して今回差しに回る位置取りショックを決めています。

同距離馬(ほぼエプソムC組)は14頭中5頭が好走。

エプソムCで1着だった馬が8頭中4頭好走、基本的に非根幹距離適性の高い馬がそのまま好走しやすいとも言えます。格上げ戦になるので、先行出来るタイプの方が流れに戸惑わずに走れる可能性はありそうです。

毎日王冠の展望

それではnetkeibaの予想人気順に考察していきます。

1番人気はソウルスターリング

父サドラーズウェルズ系×母父スターリング系で、前走はオークスで1番人気1着。

血統的には馬場が渋る方が良さそうですが、実績はその逆。これが調教師の腕ということでしょうか。

良馬場なら嫌う要素がありませんが、今週は天気が微妙なようなので雨が降れば絶対視は出来ませんね。

評価:A(晴れの場合)

2番人気はグレーターロンドン

父ディープインパクト×母父マイバブー系で、前走は安田記念で6番人気4着。

前走は直線で進路がなく追い出すまでに時間が掛かったとは言え、同じようにロスのあったレッドファルクスに後れを取ったのは少し不満が残ります。

まぁOP特別からいきなりG1挑戦ということを考えると凄いことかも知れませんけどね。

前走以外で敗れたのが非根幹距離だったこと、1800mで勝ったレースでも上がり3Fが最速ではなかったことから非根幹距離適性で一枚劣る可能性アリ。

人気なら疑ってかかりたいところです。

評価:C

3番人気はマカヒキ

父ディープインパクト×母父ヴァイスリージェント系で、前走は大阪杯で2番人気4着。

昨年のダービー馬ですが、凱旋門賞の大敗以降は見せ場を作れず。それでも前走は展開が厳しすぎた面もありますし、広いコースでまともに走れば当然上位。

京都記念で伸びきれなかったの原因が馬場なのか、非根幹距離適性かの判断は難しいですが、馬券的に妙味は感じません。

評価:C

4番人気はリアルスティール

父ディープインパクト×母父ストームバード系で、前走は中山記念で2番人気8着。

鉄砲はOKで、非根幹距離でもドバイでG1勝ちを収めるなど適性も問題なし。が、中山記念の走りがあまりにも見せ場なく、既にピークを過ぎた可能性もあるのでこの程度の人気ならあまり買いたくはありません。

評価:C-

5番人気はサトノアラジン

父ディープインパクト×母父ストームバード系で、前走は安田記念で7番人気1着。

ようやく前走でG1に手が届きましたが、脚質的なリスクがあるので常にオッズと相談したいタイプです。しばらく短い距離を使っていたので、1800mへの延長で折り合いがどうなるかの心配もあり、どちらにせよ買いたい要素は少ないですね。

評価:C-

ここからは6番人気以下で気になる馬を。

アストラエンブレムは前走先行しての今回短縮。非根幹距離適性も高く、内枠なら注目の1頭です。

今年の毎日王冠は少頭数ながらメンバーが揃いましたし、人気薄で狙いたい馬もあまりおらず、見て楽しむレースになりそう。

以上です。

スポンサーリンク

フォローする