【2018】毎日王冠の傾向

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週末に行われる毎日王冠の注目ポイントを紹介。

現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。

スポンサーリンク

毎日王冠の傾向

開幕週ながら差しも決まりやすいレースで、上位の上がりを使った馬が多く好走しています。

ただし、穴をあけているのは4枠より内の馬がほとんどで、道中はロスなく運べることが重要。力のある馬なら問題ないですが、もともと外枠が不利なコースであることは覚えておきたいですね。

近年はディープ産駒の出走数が多く、昨年は1~3着を独占。勝ち切れない傾向にはあるものの、穴馬の激走もあり注目の血統です。

人気薄で馬券になった馬を見ると、ミラクルアドマイヤ・ジャングルポケット・ハーツクライ・アドマイヤベガなどのトニービンに代表されるグレイソヴリンの血を持つ馬に注目です。

全体的に、母系がミスプロ系や米国型ノーザンダンサー系などの米国系統より、欧州のスタミナ型を持つ馬の方が穴をあけている印象があります。

前走から距離延長よりも短縮組の成績が良く、安田記念から参戦する馬の成績もイマイチです。

同コースのエプソムCを好走して直行する馬も優秀で、非根幹距離適性があり間隔も空いているため疲れもなく、結果が直結しやすいのかも知れません。

非根幹距離重賞で好走歴のある馬にも注意をしておきたいですね。

出走予定馬

記事作成時点でのnetkiebaの予想上位人気10頭を紹介します。

・アエロリット

血統 ヴァイスリージェント系×Dサンデー系

前走 安田記念 5番人気2着

逃げる可能性も考えられるメンバー構成ですが、スローに落とすと切れ負けする危険性があります。血統・ローテともに今回は向かないと思います。

・サトノアーサー

血統 ディープ系×ダンチヒ系

前走 エプソムC 2番人気1着

好相性のエプソムC組ですが、今年は雨で時計の掛かる馬場だったので例年通り直結するかどうか。まぁ今週末も雨の可能性があるようですが、こちらは血統・ローテ的に消しづらいですね。

・ステルヴィオ

血統 キングマンボ系×ノーザンダンサー系

前走 日本ダービー 6番人気8着

前走は位置取りで勝負アリの展開でした。

広くて坂のあるコースはロードカナロア産駒の庭である可能性高く、能力的にも世代トップクラスの持ち主なので、好走の可能性は高そうです。

頭数が揃わないのも、捌きやすくてプラス材料でしょう。

・ダイワキャグニー

血統 キングマンボ系×サンデーサイレンス

前走 エプソムC 1番人気14着

前走は雨の影響か、得意の東京競馬場でまさかの惨敗。

昨年の当レースではディープ産駒の切れに屈した僅差の4着で、舞台適性があるのは間違いないでしょう。

逆に、重賞だとなんだかんだで少し足りていないので、終わってみればそういうタイプだった…というオチも。要は、本命にはしづらいよねって感じです。

・ケイアイノーテック

血統 ディープ系×ミスプロ系

前走 NHKマイルC 6番人気1着

前走であの位置から差し切るほどの力がある馬とは思っていなかったので、正直驚きました。外目を伸び伸びと走らせるのが良いのでしょう。

あれは展開がハマったのか、能力の為せる業なのか…ちょっと分からないですが、調子の良いディープ産駒なので逆らいづらい気はします。

・キセキ

血統 キングマンボ系×ディープ系

前走 宝塚記念 2番人気8着

ここ3戦の凡走で、菊花賞は馬場に助けられた感が漂いつつありますが、条件戦~神戸新聞杯でのパフォーマンスはフロックとは思えません。

父ルーラーシップはトニービンを持ち、母父がディープインパクト。血統的には向かないはずはなく、休養を挟んで立ち直れていれば好勝負も可能。

・ステファノス

血統 ディープ系×ヴァイスリージェント系

前走 宝塚記念 11番人気7着

前哨戦では走らない厩舎なので、今回は無視で良いのでは?

そろそろG1では厳しいと見切り、こちらに全力投球してきたら…それはないか。

・サウンズオブアース

血統 Dサンデー系×ノーザンダンサー系

前走 宝塚記念 13番人気4着

スタミナを活かした末脚が自慢も、舞台適性は感じません。

・スズカデヴィアス

血統 キングマンボ系×サンデーサイレンス

前走 宝塚記念 10番人気12着

不調期を乗り越え、息の長い活躍をしていますが、スケール的にここでは少し荷が重いかな…という印象です。

・カツジ

血統 ディープ系×リファール系

前走 NHKマイルC 8番人気8着

父はディープインパクト、母母父にトニービン。

曲がりなりにもケイアイノーテックとは3戦して2回先着しているように、ケイアイノーテックを買うならこちらも買わないといけませんね。

総評

アエロリットは危険な香りがしますが、他の上位人気馬やそれに続く馬たちは甲乙付け難い混戦模様です。

無理に参加しないのも手ですが、枠とオッズを考慮して狙いを定めたいと思います。

スポンサーリンク

フォローする