【2018】目黒記念の傾向

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週末に行われる目黒記念の注目ポイントを紹介。

現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。

目黒記念の傾向

タフな東京2500mの舞台で行われるハンデ戦で、しっかりとした末脚が使えることが重要。ただし、上り33秒台前半のような速い脚が必要になるレースではありません。

一瞬の切れ味ではなく、伸び続ける末脚を使えるタイプを狙いたいですね。

血統的には、母系に欧州型の血を持っている馬が多数好走しています。

とくにグレイソヴリン系やニジンスキー系の活躍が目立ちますので、該当馬がいればチェックしておきたいところです。

前走条件戦だった馬は苦戦気味ですが、上位人気で勝ち上がってきた馬ならチャンスはあります。とくに、前走で先行していた馬が狙い目。

先行して上がり上位だった馬なら、人気がなくても抑えておきたいですね。

天皇賞(春)に出走していた馬では、前走4角で出走馬の1/2頭より後方に位置していた馬で、適度に負けている馬(6~9着・0.6秒~1.9秒内)がよく好走しています。

天皇賞(春)は基本的に4角では好位にいなければ勝負になりません。

それを後方からある程度追い上げている馬は、力そのものは十分にあると考えられますし、差しが届きやすい舞台で前進する可能性が高くなるのでしょう。

ただし、好走するレベルまでいくと疲労の関係でリスクが高まります。とくに人気にもなりやすいので、あまり信頼はしないほうがいいでしょう。

前走OP特別に出走していた馬では、前走が2400mだった馬が好成績です。

とくに阪神から参戦している組が安定感もあり、回収率も高い。東京と比べるとタフな阪神ですから、その経験が活きてくるのではないでしょうか。

大半は東京組ですが、そちらは上位人気で好走してきた馬を素直に評価しておくのがいいと思います。

前走G3に出走している馬では、前走で人気を裏切っていた馬の巻き返しが目立ちます。ただし、間隔の詰まる新潟大賞典組はあまり芳しくないので注意しておきたいですね。

出走予定馬

記事作成時点でのnetkiebaの予想上位人気10頭を紹介します。

・チェスナットコート

血統 Tサンデー系×ヴァイスリージェント系

前走 天皇賞(春) 7番人気5着

前走初のG1挑戦で人気を上回る好走。とくに、勝負所で外を回るハメになったことを考えると、今後いつG1で馬券になってもおかしくはないレベルにも思えます。

ただ、比較的疲労に弱いハーツクライ産駒で、日経賞が中8週・前走が中5週から今回は中4週と間隔が詰まるのはどうか。

人気の立場で重宝するタイプではないので、あまり信頼はしたくないですね。

・パフォーマプロミス

血統 Tサンデー系×ロベルト系

前走 日経新春杯 1番人気1着

前走1番人気になるとは思いませんでしたが、人気に応えて初重賞挑戦で見事にタイトルを奪取。

前走G2組の成績がパッとしないのが気になりますが、疲労はないので内枠に入れば無視はしづらい。

外枠だと少し危ない気もしますね。

・フェイムゲーム

血統 Tサンデー系×リボー系

前走 ダイヤモンドS 1番人気1着

未だ衰えないタフな馬ですね。

ハンデが重すぎるとどうかですが、ここももちろん有力でしょう。

・ゼーヴィント

血統 ディープ系×ロベルト系

前走 日経賞 5番人気6着

順調に使えないのが気掛かりですが、スタミナのあるディープ産駒で悪くはなさそう。

小回りの方が得意なのか分かりませんが、無難にまとめてきそうな気はします。

・ポポカテペトル

血統 ディープ系×ミスプロ系

前走 烏丸S 1番人気1着

ディープ×ミスプロでは軽そうなイメージですが、母母父が重厚な血統でそちらが出ているのでしょうか。

極悪馬場の菊花賞で3着しているように、スタミナがありそうですからね。

格上げのディープで軽視はしづらいですが、勝ち切れるイメージは持てません。

・ロードヴァンドール

血統 Pサンデー系×ストームバード系

前走 日経賞 4番人気4着

母系にあるリボーの血が効いているのか、ダイワメジャー産駒にしては珍しく中距離以上の重賞で好走していますね。

ただ、ここは適性が違う気はします。

・ソールインパクト

血統 ディープ×ダンチヒ系

前走 天皇賞(春) 13番人気13着

前走は力負けですが、ちょっと負けすぎな印象もあります。

同舞台のアルゼンチン共和国杯で好走していますが、当時と比べると鮮度も落ちているので期待はしづらいです。

・コルコバード

血統 Tサンデー系×フォーティナイナー系

前走 湾岸S 1番人気1着

能力は高そうで、初重賞の鮮度もあり侮れない1頭です。前走で後方すぎる位置取りが気になりますが、内枠に入れば注意したい。

・サウンズオブアース

血統 Dサンデー系×ノーザンダンサー系

前走 有馬記念 14番人気7着

G1で何度も好走しているように、実績ならここでも上位の存在。

前走の有馬記念も大外枠だったことを考えると、十分頑張っていると思います。

ここまで人気が落ちるようなら、ちょっと怖いですね。

・ホウオウドリーム

血統 キングマンボ系×ノーザンダンサー系

前走 メトロポリタンS 2番人気7着

このクラスでは少し力不足でしょうか。

ルーラーシップ産駒なので、これらか成長してきても不思議はありませんね。

総評

母系にニジンスキーの血を持つリッジマンは、マラソンレースのダイヤモンドSでも好走しています。

前走はその疲労も少なからず影響したはずで、ここでもう一度激走があってもおかしくはないはず。

上位人気馬もそこまで信頼できそうにもありませんし、穴狙いするのに面白そうなレースです。

ノーザンダンサー系の特徴です。

ノーザンダンサー系の特徴
大系統ノーザンダンサー系 ノーザンダンサーは1960年代に産まれ、一流の競走成績を残します。 しかし、それ以上に名を知らしめたのは種...

グレイソヴリン系は大系統ナスルーラ系に属します。

ナスルーラ系の特徴
大系統ナスルーラ系 ナスルーラは1950年代、英国と米国で種牡馬として活躍。 さらにはその子孫も種牡馬として次々と成功を収め、70年...

1番人気が消えるレースは儲かるのか?

1番人気が消えるレースを買えば儲かるのか?!
競馬では、1番人気が消えるレースだけを買えば儲かることをご存知ですか? よく人気馬ばかり買っていては勝てないと言われますが、逆に人気馬...
スポンサーリンク

フォローする