1番人気が消えるレースを買えば儲かるのか?

馬券術講座

競馬では、1番人気が消えるレースだけを買えば儲かることをご存知でしょうか?

よく、人気馬ばかり買っていては勝てないと言われますが、逆に人気馬が消えるレースを買えば儲かるのです。

長期的には1番人気が馬券に絡む確率は約65%ほど。つまり、1番人気が消える割合は、全体の約35%ですね。

65%は好走すると聞くと信頼できそうですが、35%は消えると聞くと意外と来ないもんだと思いませんか?

1番人気が消える35%を狙い撃てれば、どれくらい効果があるのか。また、1番人気が消えやすい条件は何かあるのかなどを検証しようと思います。

スポンサーリンク

人気別回収率(2017)

【芝・ダートコースのみ対象】

人気別回収率

ご覧のように1番人気の好走率は約65%ですが、複勝回収率は84%です。

複勝回収率は最も高いですが、もともとの好走率が高いこともあり、1番人気でこれ以上回収率を上げることは非常に難しいです。

これが人気馬が勝ちにくい理由の一つですね。

1番人気が消えると…

複勝は3着以内に入線した馬の人気によって配当が変わります。

人気薄が多いほど配当が高くなりますし、被った1番人気が飛んだ場合は単勝より複勝の配当が高くなる珍現象も見られますね。

そして、これが2017年で「1番人気が消えたレースのみ」を対象とした、人気別の回収率です。

1番人気が消えた人気別回収率

全く勝負にならない馬が含まれる超人気薄を除けば、なんと1番人気が消えたレースではほとんどの場合で単複回収率が100%を上回ります。

同じように、「2番人気が消えたレース」を対象とした人気別の回収率がこちら。

2番人気が消えたレースの人気別回収率

こちらも全体的に回収率は高くはなりますが、やはり1番人気が飛んだレースに比べるとインパクトは少ないですね。

ちなみに、1番人気が消えるレースで2番人気以下の複勝を全て買っても、トータル回収率は111%を記録しています

いかに1番人気が消えるレースを選ぶことが重要なのかが分かりますね。

1番人気が消えやすい条件

1番人気と言ってもピンキリなので、条件だけで考えても上手くピックアップできる可能性は低いと思いますが、消えやすい裏付けが考えられるものを挙げていきます。

クラス別成績

1番人気クラス別回収率

新馬や未勝利では1番人気の好走率が高く、全体的に条件戦が少し好走率が下がっています。

条件戦が最も馬の力が均衡するレースが増えると思われるので、この結果は必然と言えるかもしれませんね。とくに、ハンデ戦は好走率・回収率ともに落ちるので狙い目。

また、未勝利戦は1番人気が消えたときの他馬の回収率が、最も高くなっています。おそらく、条件替わりなどで一変する大穴が出やすいことなどが要因となっている…のかも。

未勝利は消える1番人気を見極めればチャンスが大きいということですね。

重賞、とくにG2以上では強い馬がきっちり走ることで、1番人気の信頼度は高めですね。ただし、レース数が少ないので、この数値を鵜呑みにはしにくいです。

血統

血統は馬の適性を見抜くのに役立ちます。

例えば、芝でデビューして勝ち馬と接戦を演じ、3着以下を大きく引き離した馬が2戦目にダート短距離へ出走したとします。

その馬の血統は父ディープインパクト・母父トニービンという芝の主流血統。(実際こんな血統で2戦目にダートは走りませんが)

日本の主流血統であるディープインパクトは、ダートを走る才能がほとんどありません。そのため、芝で高いパフォーマンスを発揮しても、それがダートでは裏目に出る可能性が高いのです。

とくに内枠に入ったときは危ないですね。

ディープインパクトに限らず、基本的には芝で活躍馬を出している種牡馬の産駒がダートへ出走して人気になっている場合は、過信しないほうが身のためです。

ただ、母系がダート血統で母系が強く出ている場合は、父が芝血統でもダートで走ることもあるため、兄弟も含めてチェックすると、より高い精度で判別できるでしょう。

前走が恵まれた馬

競馬で最も恵まれやすいのは、逃げ馬です。

恵まれるというより、ストレスなく自分のペースで走れることが大きいですね。逃げれば前崩れの厳しいペースでも、1頭だけ粘るシーンもよく見受けられます。

前走がそのようなレースで好走しても、逃げたことで気分よく走れたのが好走の要因となっている可能性が高いので、次走ではパフォーマンスを落とすことが多いです。

前走逃げて好走した馬というのは、基本的にあまり信用したくないですね。

なお、2017年~2019年の1番人気で前走逃げて1着だった馬は、次走の回収率が単複ともに67%と平均を大幅に下回っていました。

前走逃げて1着だった馬全体では、次走の勝率が7.9%、単勝回収率は49%・複勝回収率が59%と、ここまで悲惨な成績になっていたのは調べてビックリです。

他にも、前走人気以上に好走した馬も危険なパターンになりやすいです。

人気以上に好走した馬も、展開に恵まれた可能性が高いため、続けて恵まれるとは限らないからですね。さらに、前走好走したことで、その反動が出やすいことも考えられます。

もちろん、恵まれれば好走できる力はあるということなので、人気がなければ狙うのは面白いですが、人気になっていれば注意したほうが良いでしょう。

まとめ

どれだけ優れた予想をしても、1番人気が消えるレースを全て見極めることは不可能です。

しかし、35%は消える1番人気をそれ以上に消せることができれば、馬券収支が大きく改善される可能性は高いですね。

理想は1番人気が消えるレースを狙い撃ちすることですが、1番人気は堅そうで2.3番人気は怪しいといったレースでもチャンスは十分。

危険な人気馬と激走しそうな穴馬、どちらも見抜ける予想力を磨き、競馬で勝つことを目指しましょう!

危険な1番人気を消すために参考になる書籍です。

コメント