【2018】武蔵野ステークスの傾向

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週末に行われる武蔵野ステークスの注目ポイントを紹介。

現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。

スポンサーリンク

武蔵野ステークスの傾向

直線の長い府中でも直線一気は決まりづらく、同じコースで行われるフェブラリーSと比較しても、武蔵野Sの方が前が残りやすい傾向があります。

フェブラリーSに比べると、レベル的に差し切れる脚がない馬が多いこと・ペースが緩みやすいことが要因だと思います。穴を狙うならセオリー通り前残りが良さそうですね。

血統面でもフェブラリーSとは傾向が異なり、こちらではミスプロ系が断然の強さを誇っています。米国型ノーザンダンサー系やエーピーインディ系の米国型を積極的に狙いたいところ。

フェブラリーSで圧倒的な強さを誇るゴールドアリュール産駒は、ペース云々だけでは納得できないくらい不振です。たまたまと見て今年は買うべきか、何かあると考えるべきなのか…

まぁ過信はしない方が良い…というところでしょう。

延長馬の成績も悪くないですが、1200mからの延長組は不振です。人気薄が多いのも原因ですが、体力的に不利になることは間違いないでしょう。

基本的には前走で好走している好調馬が走りやすく、短縮馬なら流れについていけるよう、前走で先行しているタイプが良さそうです。

出走予定馬

記事作成時点でのnetkiebaの予想上位人気10頭を紹介します。

・サンライズノヴァ

血統 Dサンデー系×ミスプロ系

前走 グリーンCC 1番人気1着

後方→大外ぶん回しがお決まりパターンですが、相手が強くなると簡単には届かない可能性も上がります。

ペースが流れて差し届く流れになれば当然走ってきそうですが、届かずに3着前後という結果も十分に考えられそうですね。

・インカンテーション

血統 エーピーインディ系×ミスプロ系

前走 プロキオンS 1番人気2着

昨年よりは勢いがありませんが、これと言って嫌う要素もなさそうです。

・ウェスタールンド

血統 Dサンデー系×ミスプロ系

前走 シリウスS 7番人気2着

ダートに舞台を移して躍進していますが、さすがに前走はハマった感も強く、再現性は乏しいのでは。

・ナムラミラクル

血統 Dサンデー系×プリンスリーギフト系

前走 グリーンCC 4番人気2着

ダートで走っている馬に言うのもなんですが、血統的には米国色が弱めですね。先行できる脚質は魅力なので、粘りこみがあってもおかしくはないでしょう。

・ユラノト

血統 キングマンボ系×Pサンデー系

前走 マリーンS 1番人気1着

母は芝G1勝ち馬のコイウタで、ここよりもフェブラリーSでパフォーマンスを上げそうな気がします。

・グレンツェント

血統 Dサンデー系×キングマンボ系

前走 川崎記念 6番人気4着

一時期の好調は過ぎ、さすがに復活に期待するのは酷かなと思います。

・イーグルフェザー

血統 Dサンデー系×ミスプロ系

前走 1600万下 6番人気1着

サンライズノヴァとキャラが丸被りですね。延長で良績が少なく、買いづらいです。

・クインズサターン

血統 エーピーインディ系×ヴァイスリージェント系

前走 シリウスS 6番人気9着

血統的には良さそうですが、展開待ちの脚質はリスクが高いです。まぁ人気薄ならハマるのを期待して狙うのもアリでしょう。

・ゴールデンバローズ

血統 エーピーインディ系×ボールドルーラー系

前走 ラジオ日本賞 6番人気5着

デビュー当時はかなり期待されていましたが、早熟傾向でちょっとアテにしづらいタイプです。

・ダンツゴウユウ

血統 ミスプロ系×プリンスリーギフト系

前走 1600万下 4番人気1着

前走が外枠・短縮でズバリだったことを考えると、上積みはあまり期待できそうにないですが、勢いで何とか上位に食い込むことができるかどうか。

総評

今年は米国血統でこれといった馬が見当たりません。

レベル的にも微妙で、ゴールドアリュール産駒のサンライズノヴァがあっさり届いてしまうような気が…

これでサンライズノヴァが全く走らなければ、ゴールドアリュール産駒はこのレースに向いていない何かがあるのでしょう。(誰か教えて)

福島記念の傾向です。

【2018】福島記念の傾向
今週末に行われる福島記念の注目ポイントを紹介。 現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。 福島記念の傾向 小回り重賞...
スポンサーリンク

フォローする