【2018】根岸ステークスの傾向

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

根岸ステークスの傾向

今週末に行われる根岸ステークスの傾向です。

血統

ダート重賞ですが直線が長く、差しが届きやすいためにサンデーの血を持つ馬が優秀です。特にダート適性高いDサンデー系は過去10年ベタ買いしても単複回収率が100%オーバー。

その他のサンデー系も母系にダート適性が高い血を持っている馬の回収率が高く、狙い目になるでしょう。

キングカメハメハ産駒は目立った成績ではないですが、大穴が激走した馬の母父がサンデーサイレンスで、芝でも好走歴がある馬だったのは偶然ではないかも知れません。

一方、ダート短距離の名血ミスプロ系は出走数がダントツで多いにもかかわらず、好走率・回収率ともに標準を大きく下回ります。

欧州のスタミナ型血統もよくないので、血統で絞りやすいレースと言えそうです。

枠・脚質

枠的にはやや内の方が好走馬が多いくらいですが、脚質では 追い込み馬の好走率が(他のレースに比べて)非常に高いです。

逃げ馬には厳しい傾向があるので、中団から脚を伸ばせるタイプを狙いたいですね。

前走条件戦組

前走条件戦組は、11頭中2頭が好走。ダートは昇級馬が苦戦傾向にあるように、このレースでも苦戦しています。

好走した2頭は前走3角で1.2番手だった馬で、近走続けて好走していました。勢いのあるタイプは少し警戒しておいた方がいいかも知れません。

前走チャンピオンズC組

前走(JCD含む)チャンピオンズC組は、13頭中4頭が好走。

3着以内だった馬の出走例はなく、好走したのは4~9着以内だった馬で、8頭中4頭が好走しています。前走で先行していたタイプより、中団~後方から差してそこそこ好走したタイプが走りやすくなっています。

10着以下だった馬は馬券にはなっていませんが、二桁人気で5着という馬もいるので、そのうち好走馬も出るのではないでしょうか。

前走カペラS組

前走カペラS組は、25頭中3頭が好走。短縮馬が優勢なレースなので、非常に相性は悪いです。

連対馬は6頭中2頭が好走し、2頭とも前走3角5番手以内でした。後方から展開がハマった馬より自力で勝ちにいって好走するレベルが求められます。

3~5着馬は9頭中1頭が好走し、その1頭は前走3角15番手とほぼ最後方で今回も16番手だった馬。典型的な展開がハマったタイプで、基本的には軽視してもいいでしょう。もちろんハマる可能性もありますが…

6着以下は9頭中好走した馬はおらず、不利なローテ・能力面・状態面で厳しいと言えそうです。

前走武蔵野S組

前走武蔵野S組は、8頭中4頭が好走。サンプルは少ないですが相性の良さが目立ちます。

4頭中3頭は前走2番人気以内だった馬で、4頭のうち今回先行した馬は1頭のみ。他の3頭は今回後方から好走しています。

短縮実績のある馬を狙いたいですね。

前走OP特別組

前走OP特別組は、65頭中12頭が好走。

そのうち延長組は人気薄が多いこともありますが、25頭中1頭しか好走していません。

同距離組は35頭中10頭が好走し、全て前走3着以内だった馬です。近走まで条件戦で走っていた馬や、今回1400mが初だった馬などが好走しているので、比較的鮮度の高い馬の方が好走率は上がりそうです。

4着以下だった馬は13頭中好走した馬はいません。勢いも重要なレースで、前走に明確な敗因がない限り巻き返すのは難しそうです。

短縮組は5頭中1頭の好走ですが、10番人気で激走。5頭中4頭が二桁人気なので参考にはできませんが、追走に苦労しないタイプの馬には注目しておきたいところです。

現時点の注目馬

上位人気が予想されますが、カフジテイクキングズガードは末脚確かでこの舞台なら堅実に差してくるでしょう。

父がDサンデー系のサンライズノヴァも逆らいづらく、堅い決着となりそうな予感です。

スポンサーリンク

フォローする