【2018】新潟2歳Sの傾向

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週末に行われる新潟2歳Sの注目ポイントを紹介。

現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。

スポンサーリンク

新潟2歳Sの傾向

このレースの特徴と言えば、逃げ・先行よりも差し・追込が有利であること。キャリアが浅い馬ばかりで、これまで先行していた馬でも差しに回る可能性も十分あり得ます。

出走数が多いサンデー系が必然的に馬券になる可能性が高いですが、穴をあけているのは欧州型ナスルーラ系。とくにグレイソヴリンの血を持つ馬には注目しておきたいところ。

サンデー系ならスピードのあるPサンデー系が狙い目で、Tサンデー系は人気を裏切るケースが多いことは覚えておきたいですね。

2歳戦で完成度が問われることもあり、先々の活躍には期待が出来なさそうな米国血統も走りやすいでしょう。

過去10年では、前走上がり最速の馬だけを買うだけで複勝回収率が114%と優秀で、中でも短縮馬を除けばさらに成績が良くなります。

短縮馬の成績が芳しくないのは、前走がドスローの新馬からいきなりの重賞挑戦で、道中のペースの違いに戸惑う馬が多いことが原因と言われることが多いです。つまり、短縮馬でも前走で厳しいペースを経験していれば、対応出来る可能性は十分あるとも言えますね。

出走予定馬

記事作成時点でのnetkiebaの予想上位人気10頭を紹介します。

・ケイデンスコース

血統 キングマンボ系×Tサンデー系

前走 未勝利 1番人気1着

ハーツクライは父としては当レースで苦戦気味でしたが、母父に入れば長い直線をこなすためのスタミナを補完してくれる可能性がありますね。

過去2走とも上がり最速、前走でペースアップにも対応、仕上がりの早いロードカナロア産駒でちょっと消すのが難しい人気馬かな…という印象です。

・エイシンゾーン

血統 Lサンデー系×ヴァイスリージェント系

前走 中京2歳S 2番人気2着

前走はOP特別で2着ですが、この時期なら格上とは言い切れません。牝馬で馬格もないことから、人気するようなら疑ってかかりたいタイプですね。

・アンブロークン

血統 Lサンデー系×サドラーズウェルズ系

前走 新馬 1番人気1着

過去の傾向で言えば買いづらいタイプ。来たら仕方ないと思って消す方向で考えます。

・ロードアクア

血統 キングマンボ系×Pサンデー系

前走 新馬 1番人気1着

父・母父ともに仕上がり早い血統で、前走も好位から上がり最速を使って素質の片鱗を見せています。後は力関係ですが、抑えておく必要がある1頭でしょう。

・エンモンストロ

血統 キングマンボ系×Pサンデー系

前走 新馬 2番人気1着

父のルーラシップが新潟マイルの成績がイマイチなのが気になります。母父は仕上がり速いアグネスタキオンで、どれだけカバー出来るのか。

・ジョディー

血統 Pサンデー系×スターリング系

前走 新馬 2番人気1着

前走上がり最速ではありませんが、前走下した相手がその後2連勝しており、一定の能力はありそうです。父がダイワメジャーということで抑えておいて損はないでしょう。

・エイカイキャロル

血統 キングマンボ系×Tサンデー系

前走 新馬 1番人気1着

あまり買いたくなる材料が見当たりませんね。前走の時計も平凡ですし、大幅な上積みがあるかどうかは…

・スティルネス

血統 Dサンデー系×ダンチヒ系

前走 新馬 3番人気1着

血統面からもあまり魅力は感じません。

・オーパキャマラード

血統 ミスプロ系×Tサンデー系

前走 未勝利 1番人気1着

父は米国血統のミスプロ系、前走上がり最速。400mの延長をこなせるかどうかがポイントで、人気がないなら抑えておきたい1頭です。

・ピュアヒカリ

血統 Lサンデー系×マッチェム系

前走 新馬 5番人気2着

新馬で2着からの参戦の前例がないため、データからは何とも言えません。まぁさすがに厳しいでしょう。

総評

今年は頭数も少なく、上位人気馬がそれなりに走ってきそうな雰囲気ですね。

参戦しない可能性も高いと思いますが、人気を見ながら最終決定をしたいと思います。

キーンランドカップの傾向です。

【2018】キーンランドカップの傾向
今週末に行われるキーンランドカップの注目ポイントを紹介。 現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。 キーンランドカップ...
スポンサーリンク

フォローする