【2017】新潟2歳ステークス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週末に行われる新潟2歳ステークスの傾向と展望です。

新潟2歳ステークスの傾向

新潟2歳ステークスの大きな特徴は、逃げ・先行馬よりも差し・追い込み馬が圧倒的に好成績なことです。

競馬は基本的に前が有利ですが、このレースはそれが当て嵌まりません。

血統的には仕上がり早いPサンデー系が相性良く、中でもフジキセキ産駒が優秀、その血を継ぐキンシャサノキセキ産駒も要注意でしょう。

ディープ産駒は前走上がり最速だった3頭全てが好走。逆に上がり最速じゃなかった馬は馬券になっていません。

それ以外のサンデー系は基本的に不振です。

基本的に前走上がり最速馬 & 仕上がりの早いタイプを狙うのが的中への近道となります。

今回は前走レースがほぼ限られてくるので、距離別に分析していこうと思います。

今回同距離馬

前走同距離馬は36頭中10頭が好走。好走馬は全て前走上がり2位以内だった馬で、まずはここで篩にかけられます。

その中でも前走も新潟1600mだった馬は、20頭中5頭が好走と悪くはありませんが、他場からだと9頭中4頭が好走率が上がります。

新潟組で買うのであれば、前走はある程度の好位から速い上がりを繰り出した馬を狙う方が好走率が高いです。

今回延長馬

今回が延長となる馬は、105頭中15頭が好走。やはり前走上がり最速馬が37頭中11頭と好走馬の大半を占めます。

前走人気を上回る好走だったは23頭中4頭、前走人気通りに好走 or 人気を下回った馬は14頭中7頭が好走。前者で好走した4頭中3頭は前走新馬戦でした。

延長組は距離が変わるので、新潟組でも成績は悪くありません。

上がり2位以下だった馬は66頭中4頭が好走。

狙いづらいデータですが、前走人気を裏切ったタイプが14頭中2頭好走、共に大穴だったことを踏まえると注意はしておきたいですね。

今回短縮馬

今回が短縮となる馬は、32頭中5頭が好走。勝ち馬は出ていません。

ここでも馬券になったのは前走上がり2位以内ですが、29頭頭中5頭とそれほど成績は良くありません。

特に前走新潟だった馬で好走したのは16頭中1頭のみで、福島・東京組は優秀です。

恐らく東京組は全体的なレベルが高いこと、福島組は1800mでも小回りで流れがタイトになりやすいことが好走の要因となっているはず。

レベルに疑問符が付くローカルで流れも緩くなる新潟からの短縮では重賞の相手強化で苦しくなる可能性が高いです。

新潟2歳ステークスの展望

それではnetkeibaの予想人気順に考察していきます。

1番人気はフロンティア。

父Pサンデー系×母父グレイソヴリン系で、前走は中京新馬1600mを1番人気・上がり2位で1着。

懐かしのドリームパスポートの弟で、祖母はステイゴールドの母です。ドリームパスポートは父フジキセキながら長距離でも活躍、母父トニービンの影響が強かったと思われます。

血統的にはこのレースにそれほど向いているとは思えませんし、前走逃げていることからも今回人気なら少し疑ってかかりたいところです。

2番人気はムスコローソ。

父ストームバード系×母父フォーティナイナー系で、前走は東京新馬1400mを2番人気・上がり最速で1着。

今年注目のヘニーヒューズ産駒で血統的にも仕上がりは早く、これと言って嫌う必要はなさそう。

とは言え2歳なので人気馬を信用するだけでリスクかなと思いますが。

3番人気はプレトリア。

父ストームバード系×母父グレイソヴリン系で、前走は東京新馬1400mを4番人気・上がり最速で1着。

この馬も仕上がり早い米国型ノーザンダンサー系のヨハネスブルク産駒ですが、1200m以下が主舞台なのでマイルでどうか。

人気になるようならあまり買いたくはないですね。

4番人気はオーデットエール。

父Tサンデー系×母父ニジンスキー系で、前走は新潟新馬1600mを1番人気・上がり最速で1着。

新潟同距離組で前走後方からの競馬をしている馬は危険です。父ハーツクライも早い時期から活躍するタイプでは無いのでここは消す方向で考えています。

5番人気はテンクウ。

父ストームバード系×母父Pサンデー系で、前走は東京新馬1600mを1番人気・上がり2位で1着。

こちらもヨハネスブルク産駒でマイルがどうか。前走はかなりのスローだったので今回のペースアップに対応出来るかどうかもポイントになりそうです。

ここからは6番人気以下で気になる馬を。

グランデウィークは福島の新馬1800mを捲って上がり2位で勝利。母系がミスプロ×ストームバード系なので、2歳戦から活躍出来る下地はあります。

ラインギャラントは福島の新馬1200mを上がり最速で勝利。血統的にも2歳戦で活躍が期待出来ます。(むしろ2歳戦が勝負か)

以上です。

今年は若干小粒なメンバー構成な気がしますね。

スポンサーリンク

フォローする