【2017】新潟記念

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週末に行われる新潟記念の傾向と展望です。

スポンサーリンク

新潟記念の傾向

血統的には直線の長い中距離重賞らしく、ディープ産駒とTサンデー系が圧倒的に強いです。長く脚を使えるLサンデー系も優秀。

基本的にサンデー系の血を持っていないと勝負にならないレースと言えそうです。

前走小倉記念組

小倉記念の連対馬は9頭中2頭が好走。

同距離の重賞でストレスがきつくなる傾向があります。馬券になった2頭は共に前走3角8番手以下と後方からレースを進めていた馬でした。

小倉記念の3~5着馬は12頭中1頭が好走。

馬券になったのは前走人気を裏切った形で、やはり後方からレースを進めていた馬でした。

小倉記念で6着以下だった馬は20頭中7頭が好走。

そのうち前走で着順が人気を下回った馬は12頭中6頭が好走と、非常に好成績です。

同距離重賞ということで、同カテゴリーのストレスが無いかが重要になってきそうですね。

前走七夕賞組

七夕賞の連対馬は5頭中1頭が好走。

そのうち1番人気が4頭なので、やはりストレスがきついようです。狙うとしても、同カテゴリーストレスの少ない馬にしたいですね。

七夕賞の3~5着馬は7頭中3頭が好走。

好走したのは全て前走人気通り or 人気を裏切った馬です。

七夕賞で6着以下だった馬は13頭中3頭が好走。

ここでも人気を裏切った馬、前走後方からレースをしていた馬の巻き返しを狙うのが有効です。

前走OP特別

前走OP特別だった馬は14頭中1頭が好走。

馬券にはなっていませんが人気薄で好走している馬もいるため、注意はしておきたいところ。

特に延長馬で前走積極的なレースをしている馬に注目です。

前走条件戦

前走条件戦だった馬は24頭中4頭が好走。好走馬は全て前走1着馬で、そのうち3頭は前走1番人気でした。

条件戦からだと鮮度面では有利で、勝ち負けしている状態の良さがポイントになりそうです。

新潟記念の展望

それではnetkeibaの予想人気順に考察していきます。

1番人気はアストラエンブレム

父Pサンデー系×母父ミスプロ系で、前走はエプソムCを1番人気で2着。

初の2000mでストレス的は軽い方ですが、血統的にこのレースには向いていません。能力でどこまで上位に食い込めるか。

評価:C

2番人気はトーセンバジル

父ダンチヒ系×母父Pサンデー系で、前走は天皇賞を9番人気で8着。

血統的にもローテーション的にも推せるものはありませんし、人気であれば喜んで消しましょう。

評価:D

3番人気はマイネルフロスト

父Lサンデー系×母父ロベルト系で、前走は七夕賞を5番人気で2着。

重賞で3連続好走を続けていますが、いかにもストレスで危険なタイプ。こういった馬は人気薄で走って人気になると凡走する傾向がありますから、人気では嫌ってナンボです。

評価:D

4番人気はルミナスウォリアー

父サドラーズウェルズ系×母父Pサンデー系で、前走は函館記念を5番人気で1着。

前走重馬場で人気以上の激走、今回はストレスがきつく危険なタイプです。近走の充実ぶりから人気次第では抑えておいても良いかも知れません。

評価:C

5番人気はロイカバード

父ディープインパクト×母父ミスプロ系で、前走は条件戦を4番人気で2着。

人気先行の典型ですし、ここは人気で買う必要は無いでしょう。

評価:D

ここからは6番人気以下で気になる馬を。

ロッカフラベイビーは前走条件戦を1番人気で1着。血統面でやや不安がありますが、今年のメンバーなら鮮度の高さだけで通用しても。

今年のメンバーでは特に強調出来る馬を探すのが難しいですが、スピリッツミノル・ソールインパクト・ハッピーモーメントあたりも人気次第では注目しておこうと思います。

以上です。

スポンサーリンク

フォローする