【2018】日経賞の傾向

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日経賞の傾向

今週末に行われるの傾向です。

注目ポイント

血統面で目立つのは、ハーツクライ産駒が6度の出走機会で4度馬券になっていること。

アドマイヤベガ産駒も好走しており、この2頭は自身の母父がトニービン。

また、ミスプロ系ながらもアドマイヤドン産駒も複数回好走。こちらも自身の母父がトニービン。

他には、母父ダンシングブレーヴの馬が7度の出走で4回好走。

中山非根幹距離ということで、母父サンデーサイレンス(父が非サンデー系)も悪くないですね。

ローテーションでは、過去10年で馬券になったのは全て前走が重賞組。

G3→G2→G1となるにつれ成績が良いように、勢いより格が重要なレースと言えそうです。

注目は前走有馬記念組で、15頭が出走して9頭が好走。

比較的危ないのは前走で差し・追い込みの競馬をしていたタイプ。

惨敗している馬も、安定感は低めです。

アメリカJCC組も悪くなく、前走で人気以上に走れなかったタイプの巻き返しが目立ちます。

逆に、前走人気以上に頑張ったタイプは苦戦気味。ストレスの影響が出ていそうです。

日経新春杯組で好走したのは4頭。

そのうち3頭は、前走1.2番人気での好走。もう1頭は長期休み明けで人気が落ちていた馬です。

また、好走したうちの3頭は4歳馬で、中長距離レースの鮮度が低い馬は苦戦気味です。

京都記念組も人気以上に走っていないタイプが狙い目。

総じて鮮度の高い4歳馬や、疲労の少ないタイプが好成績と言えそうです。

前走で人気以上に走った馬は、全部で12頭が好走していますが、そのうち7頭は前走が秋のG1の格上組。

それ以外の組は、基本的に軽視したいですね。

出走予定馬

現時点でのnetkeiba人気上位10頭の、血統とローテーションから考察していきます。

 キセキ

父  ルーラーシップ

母父 ディープインパクト

前走 香港ヴァーズ 9着

父ルーラーシップは自身の母父がトニービン。

とはいえ、広いコース向きの印象が強く、コース適性としては高くはなさそうです。

鮮度は高く好走確率も十分ですが、勝ち切る可能性としてはどうでしょうか。

目標はここでない以上、頭としての妙味はないでしょう。

 トーセンバジル

父  ハービンジャー

母父 フジキセキ

前走 香港ヴァーズ 3着

鮮度面ではイマイチ。

父ハービンジャーで2500mへの延長は悪くなく、無難に走りそう。

ただ、やはり勝ち切るイメージはないですね。

 ゼーヴィント

父  ディープインパクト

母父 ブライアンズタイム

前走 七夕賞 1番人気1着

母父ロベルト系で中山向きのディープ産駒。

5歳でもキャリアは浅く、状態がまともなら上位争い。

まぁ人気が落ちていれば面白いですが、人気なら敢えて強く推す必要はないでしょう。

 ガンコ

父  ナカヤマフェスタ

母父 Singspiel

前走 1600万下 2番人気1着

中山で怖いナカヤマフェスタ産駒。

2走前に格上挑戦ながら日経新春杯で好走。

しかし、当時よりハイレベルなメンバーで、使い詰めで来ているのも心配。

人気薄なら抑えたい1頭ですが…

 ロードヴァンドール

父  ダイワメジャー

母父 Storm Cat

前走 日経新春杯 4番人気2着

血統的には距離が伸びてプラスとは言えません。

前走は前が有利な馬場も味方した感はあり、近走はずっと中距離重賞を走っていることからも、鮮度面でもイマイチ。

あまりそそられない1頭です。

 サクラアンプルール

父  キングカメハメハ

母父 サンデーサイレンス

前走 中山記念 4番人気4着

前走が案外な内容。

能力的には上位も鮮度もイマイチで、あまり強調できるものはなさそう。

人気次第で抑えるかどうかですね。

 ソールインパクト

父  ディープインパクト

母父 Excgabge Rate

前走 ダイヤモンドS 6番人気3着

ローテ的には危ない感じがしますが、相手なりに走るタイプで難しいですね。

ストレスはあるはずなので、内枠だと一層危険な気がします。

 ノーブルマーズ

父  ジャングルポケット

母父 Silver Hawk

前走 1600万下 1番人気1着

父が注目血統のトニービン産駒。

スピード不足のスタミナ型で条件戦を勝ち切るのに苦労したタイプでしょうか。

鮮度は高く、強い相手にスタミナを発揮すれば面白いですが、力不足な感じは否めません。

 チェスナットコート

父  ハーツクライ

母父 クロフネ

前走 1600万下 3番人気1着

注目のハーツクライ産駒。

4歳で急激に力を付けてきてもおかしくないハーツ産駒で、1発あっても不思議はないですが後方からのレースばかりなのはマイナスです。

 ショウナンバッハ

父  ステイゴールド

母父 サクラバクシンオー

前走 中山記念 9番人気7着

相変わらず着差は僅かながら馬券にはならない馬。

強調材料は父ステイゴールドということのみで、完全に展開がハマるのを待つだけです。

総評

M・デムーロはキセキではなくトーセンバジルに騎乗するようですね。

キセキにはルメールですか。

メンバー的に上位は強そうですが、前哨戦ですから条件戦上がりの馬にもワンチャンスありそうです。

血統的にはナスノセイカンが父ハーツクライ・母父にダンシングブレーヴの血を持つリファール系ということで、展開がハマれば…なくはないかも知れません。

スポンサーリンク

フォローする