ノーザンダンサー系の特徴

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

大系統ノーザンダンサー系

ノーザンダンサーは1960年代に産まれ、一流の競走成績を残します。

しかし、それ以上に名を知らしめたのが種牡馬としてです。

ノーザンダンサーの血の一滴は、ワンカラットのダイヤより価値がある

とまで言われ、20世紀最高の種牡馬と呼んでも過言ではありません。

ノーザンダンサーはカナダで生まれましたが、その産駒は世界中で活躍。

特徴によって、欧州型・米国型・豪州型と分類します。

小系統タイプ
サドラーズウェルズ系欧州型
リファール系欧州型
ニジンスキー系欧州型
ノーザンダンサー系欧州型
ヴァイスリージェント系米国型
ストームバード系米国型
ヌレイエフ系米国型
ダンチヒ系豪州型

欧州型ノーザンダンサー系

欧州型の特徴は、スタミナが豊富であること。

欧州の競馬場は自然をそのまま利用しているので、日本の整備された競馬場とは比べ物にならないくらい起伏が激しく、タフな馬場となります。

そんな馬場を普段から走っている馬は、日本で走る馬より遥かにスタミナに優れます。

そのため、日本馬が欧州の大レースで勝つことは容易ではありません。

しかし、そのスタミナは日本のスピード競馬には合わず、欧州型ノーザンダンサー系が日本の大レースで活躍することも滅多にありません。

稀に欧州型のノーザンダンサー系から名馬が輩出されますが、現役自体の活躍とは裏腹に、種牡馬としてはパッとしなくなるのも血統の影響が大きいでしょう。

雨などで馬場が悪化すれば、そのスタミナを活かして激走することも度々あります。

重馬場のノーザンダンサー系は儲かるのか!?
昔から、雨で馬場が重くなるとノーザンダンサー系が穴を出すと言われています。 現在の日本競馬では、サンデーサイレンス系が主流となり、その...

では、欧州型ノーザンダンサー系をさらに細かく小系統に分類します。

サドラーズウェルズ系

サドラーズウェルズは欧州を代表する大種牡馬で、スタミナ血統の代表格です。

日本ではメイショウサムソンやローエングリンが活躍しました。

2016年には欧州最強馬と呼ばれたフランケルの産駒がデビューし、いきなりソウルスターリングがG1を勝利しています。

ソウルスターリングの活躍によって、フランケル産駒は日本でも通用するかと思われましたが、全体的に見ると、やはりスピード・瞬発力の面ではやや劣るイメージです。

サドラーズウェルズ系の種牡馬は以下の馬が該当します。

・アサクサデンエン
・オペラハウス
・テイエムオペラオー
・ムーンバラッド
・メイショウサムソン
・ローエングリン
・ロッコウオロシ
・Authorized
・EL Prado
・Frankel
・Galileo
・High Chaparral
・Kitten’s Joy
・Medaglia d’Oro
・Montjeu
・Singspiel

リファール系

リファール系は、日本の名馬・ディープインパクトの母父にもあたり、欧州型のなかでは比較的、日本向きのスピードを備えています。

底力もあり、京都や東京の重賞レースではリファールの血を持つ馬がよく好走することも。

しかし、父系としてはサンデー系には劣ります。

リファール系の種牡馬は以下の馬が該当します。

・アサクサキングス
・キングヘイロー
・コマンダーインチーフ
・ダンシングブレーヴ
・ホワイトマズル
・ラスカルスズカ
・ローレルゲレイロ

ニジンスキー系

ニジンスキー系は、今では父系としてはほとんど日本で活躍していません。

しかし、ニジンスキー自身は英国の三冠馬で、種牡馬としても超一流だったので能力は高く、スタミナが豊富なので母系に入って良さが出ます。

仕掛けが早くなるローカルの中長距離では、ニジンスキーの血を持つ馬がまとめて走ることも多く、血統予想には欠かせない血統です。

Tサンデー系のスペシャルウィーク・ダンスインザダークは母系にニジンスキーの血を持っているため、同時好走しやすいことも有名です。

ニジンスキー系の種牡馬は以下の馬が該当します。

・エイシンプレストン
・ゼンノエルシド
・テンビー
・バランスオブゲーム
・フサイチコンコルド
・マリエンバード
・ラムタラ

ノーザンダンサー系

欧州型でこれまでの系統に当て嵌まらない馬を、まとめてノーザンダンサー系としています。

基本的には鈍足血統で、上記の系統ほど影響力もありません。

ノーザンダンサー系の種牡馬は以下の馬が該当します。

・アサティス
・ウイングアロー
・スーパーホーネット
・スマートボーイ
・タートルボウル
・ノーザンテースト
・ファルブラヴ
・メイショウドトウ
・メジロライアン
・ラストタイクーン
・ロドリゴデトリアーノ
・Azamour
・Marju
・Royal Applause

米国型ノーザンダンサー系

米国型の特徴は、完成度・ダート適性が高く、スピードを持続する能力に長けています。

日本でも2歳戦から活躍することが多く、短距離なら芝でも通用します。

瞬発力はあまりなく、高速馬場で一定のスピードを持続させる流れに向くので、芝1400mで穴をあけることもしばしば。

基本はダート向きですが、欧州型に比べると芝でも走る馬が多いのも特徴です。

では、米国型ノーザンダンサー系をさらに細かく小系統に分類していきます。

ストームバード系

ストームバード系は、短距離を中心に芝でも活躍します。

母系としてディープインパクトとの配合は相性が良く、ダービー馬のキズナやドバイで圧勝したリアルスティールなどの活躍馬を輩出しています。

ストームバード系で今後注目されるのが、ヘニーヒューズです。

ヘニーヒューズ産駒の特徴。激走条件は「外枠・短縮」
2017年の新種牡馬には、三冠馬オルフェーブルや世界の短距離王ロードカナロアなど、現役時代に大活躍した馬がいます。 そんな期待の新種牡...

ストームバード系の種牡馬は以下の馬が該当します。

・エイシンアポロン
・カリズマティック
・ゴスホークケン
・シーキングザダイヤ
・ジャイアントレッカー
・スズカコーズウェイ
・スタチューオブリバティ
・ヨハネスブルグ
・Bluegrass Cat
・Cat Thief
・Discrett Cat
・Forest Wildcat
・Forestry
・Giant’s Causeway
・Gio Ponti
・Harlan’s Holiday
・Henny Hughes
・High Yield
・Lion Heart
・Pure Prize
・Scat Daddy
・Shamardal
・Tale of the Cat

ヴァイスリージェント系

ヴァイスリージェント系は、中距離までこなすタイプも多く、芝のマイル重賞で活躍する産駒もいます。

日本ではクロフネが種牡馬としても活躍していますが、母系が芝血統だと芝馬に、ダート血統ならダート馬になりやすい特徴があります。

とくに牝馬では名スプリンターを輩出していますが、牡馬では目立った活躍がない特徴もあり、フィリーサイアー(牝馬の活躍が目立つ種牡馬)としても知られています。

ヴァイスリージェント系の種牡馬は以下の馬が該当します。

・エイシンデピュティ
・クロフネ
・デヒア
・フサイチリシャール
・フレンチデピュティ
・モルフェデスペクタ
・Awesome Again
・Deputy Minister
・Ghostzapper
・Holy Bull
・Silver Deputy
・Touch Gold

ヌレイエフ系

ヌレイエフ系はあまり多くいませんが、基本的にはダート短距離が主戦場です。

母系にヌレイエフの血を持つ馬は、京都の非根幹距離で行われるエリザベス女王杯などで活躍しやすいといった特徴がありますが、全体的にはあまり目立たないですね。

ヌレイエフ系の種牡馬は以下の馬が該当します。

・ジェリ
・シベリアンホーク
・ストラヴィンスキー
・ファスリエフ
・ブラックホーク
・Gold Away
・Pivotal
・Theatrical

豪州型ノーザンダンサー系

豪州型はオーストラリアで活躍する種牡馬で、日本ではダンチヒ系が該当します。

ダンチヒ系

基本的にはスピードに優れた馬が多く、ダートより芝向きの馬が出やすいです。

瞬発力はあまりないですが、スピードを持続させる能力が高く、高速馬場で一定のペースで走ると強いです。

元々は短い距離を得意としていますが、代を経るごとに距離適性が長くなる傾向があり、ハービンジャー産駒は短距離よりも中距離以上で活躍しています。

サンデー系よりパワーもあるため、坂のあるコースや洋芝などのタフな馬場でパフォーマンスを上げるので注目です。

ダンチヒ系のの種牡馬は以下の馬が該当します。

・コマンズ
・スニッツェル
・チーフベアハート
・トビーズコーナー
・ハービンジャー
・ベーカバド
・ロックオブジブラルタル
・Boundary
・Cape Cross
・Fantnet Rock
・Green Desert
・Kheleyf
・Redoute’s Choice
・Sea The Stars
・War Chant

注目種牡馬

サドラーズウェルズ系のフランケルは、現役時代に欧州最強場として君臨していました。

日本でも産駒は非常に人気を集めやすく、一定の能力は見せています。

しかし、トップレベルになると瞬発力が劣るのが露呈しており、馬券的には嫌って妙味ある種牡馬となりそうです。

馬券的においしいのは、タートルボウル。

芝ではスピード不足で通用しにくいですが、ダートで穴をあけます。

とくに砂を被らない外枠で成績がよく、距離は1400m以上が狙い目。

また、自分より強い相手に頑張る意欲は弱く、昇級戦は買えません。

流れが厳しくなる短縮も苦手で、Mの法則ではL系としての特徴がよく出ています。

トップクラスではあまり出番がない系統ですが、下級条件やダートで穴をあけるケースもしばしばあるので、特徴を把握して活かせるようにしたいですね。

ナスルーラ系の特徴です。

血統を活かして競馬予想をするには、それぞれの特徴を把握する必要があります。レース条件によって激走する可能性がある馬を見付けるため、ここでは大系統ナスルーラ系をさらに細かく分類します。ナスルーラ系は系統によってタイプが大きく異なってきます。そ

ミスプロ系の特徴です。

ミスプロ系の特徴
大系統ミスプロ系 ミスタープロスペクターは、1970年代にアメリカで生まれ、競走成績はパッとしませんでしたが種牡馬として大成功。 今...
スポンサーリンク

フォローする