ノーザンダンサー系の特徴

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ノーザンダンサー系の特徴

大系統ノーザンダンサー系

ノーザンダンサーは1960年代に産まれ一流の競走成績を収めましたが、それ以上に名を知らしめたのは種牡馬となってから。

ノーザンダンサーの血の一滴は、ワンカラットのダイヤより価値がある」とまで言われ、20世紀最高の呼び声もある名種牡馬です。

ノーザンダンサーはカナダで生まれましたが、その産駒は世界中で活躍。活躍する国によって様々なタイプの種牡馬がおり、主に欧州型・米国型・豪州型に分けて考えます。

  • 欧州型…サドラーズウェルズ系リファール系ニジンスキー系ノーザンダンサー系
  • 米国型…ヴァイスリージェント系ストームバード系ヌレイエフ系
  • ダンチヒ系…豪州型

ただし、個別の種牡馬によってはサドラーズウェルズ系でも米国型に分類されることもあります。

欧州型ノーザンダンサー系

欧州競馬は日本より起伏の激しいコースでレースが行われるため、総じてスタミナに優れたタイプが多くなります。そのタフさは、日本のトップホースでも凱旋門賞でスタミナ切れを起こし失速するほど。

しかし、そのスタミナが日本では仇となり、父が欧州型ノーザンダンサー系でG1を勝つような馬はほとんど現れません。稀に欧州型から名馬が輩出されますが、現役自体の活躍とは裏腹に種牡馬としてはパッとしなくなるのも血統の影響が大きいでしょう。

では、欧州型ノーザンダンサー系をさらに細かく小系統に分類します。

サドラーズウェルズ系

サドラーズウェルズは欧州を代表する大種牡馬で、スタミナ血統の代表格です。日本ではメイショウサムソンやローエングリンが活躍しました。

2016年には欧州最強馬と呼ばれたフランケルの産駒がデビューし、いきなりソウルスターリングがG1を勝利しています。その活躍によってフランケル産駒は日本でも通用するのかと思われましたが、全体的にはやはりスピード不足。

2018年にはモズアスコットが安田記念を制しましたが、コンスタントに活躍馬を出すのは難しいと言えるでしょう。父としてより、母系に入ることで底力を伝え、大舞台で活躍する機会のほうが多くなります。

馬券的には軽い馬場で人気になっている馬を嫌うのが効果的ですが、そもそもあまり人気にならないのが現実ですね。

サドラーズウェルズ系の種牡馬

  • アサクサデンエン
  • オペラハウス
  • テイエムオペラオー
  • ムーンバラッド
  • メイショウサムソン
  • ローエングリン
  • ロッコウオロシ
  • Authorized
  • EL Prado
  • Frankel
  • Galileo
  • High Chaparral
  • Kitten’s Joy
  • Medaglia d’Oro
  • Montjeu
  • Singspiel

リファール系

リファールはディープインパクトの母父でもあり、欧州型のなかでは比較的スピードがあるタイプです。「春のリファール」という格言があるように、暖かくなる時期が得意な産駒も多いです。

リファールの血を持つ馬は京都や東京の重賞レースで度々好走することもあり、短縮が得意でハイペースの1200mで激走することも。とはいえ、父がリファール系の産駒は少なく、なかなか狙う機会は訪れません。

リファール系の種牡馬

リファール系の種牡馬は以下の馬が該当します。

  • アサクサキングス
  • キングヘイロー
  • コマンダーインチーフ
  • ダンシングブレーヴ
  • ホワイトマズル
  • ラスカルスズカ
  • ローレルゲレイロ

ニジンスキー系

ニジンスキー系は、今では父系としてはほとんど日本で活躍していません。しかし、ニジンスキー自身は英国の三冠馬、種牡馬としても超一流だったので能力は高く、スタミナが豊富なので母系に入って良さが出ます。

直線が短く仕掛けが早くなるローカルの中長距離では、ニジンスキーの血を持つ馬がまとめて走ることも多く、血統予想には欠かせない血統です。

Tサンデー系のスペシャルウィーク・ダンスインザダークは母系にニジンスキーの血を持っているため、同時好走しやすいことも有名です。

ニジンスキー系の種牡馬

  • エイシンプレストン
  • ゼンノエルシド
  • テンビー
  • バランスオブゲーム
  • フサイチコンコルド
  • マリエンバード
  • ラムタラ

ノーザンダンサー系

欧州型でこれまでの系統に当て嵌まらない馬を、まとめてノーザンダンサー系としています。基本的には鈍足血統で、上記の系統ほど影響力もありません。

鈍足ゆえに軽い馬場の瞬発力勝負よりも、重い馬場でスタミナ比べになる方がパフォーマンスが上昇します。

最近ではタートルボウル産駒が芝ではスピードが足りずにダートに出走するケースも多く、場合によっては狙えることも。ただ、本質は芝向きなので内枠では嫌うほうが良いでしょう。

ノーザンダンサー系の種牡馬

  • アサティス
  • ウイングアロー
  • スーパーホーネット
  • スマートボーイ
  • タートルボウル
  • ノーザンテースト
  • ファルブラヴ
  • メイショウドトウ
  • メジロライアン
  • ラストタイクーン
  • ロドリゴデトリアーノ
  • Azamour
  • Marju
  • Royal Applause

米国型ノーザンダンサー系

米国型の特徴はダート向きで完成度が早く、2歳戦から活躍する馬が多いこと。

短距離なら芝でも走れるタイプもいますが、瞬発力はないので高速馬場で雪崩れ込むのが得意で、とくに1400m以下ならサンデー系よりも馬券的には美味しく、短縮ローテや内枠で狙うと効果的です。

では、米国型ノーザンダンサー系をさらに細かく小系統に分類していきます。

ストームバード系

ストームバード系は短距離を中心に、芝・ダートともに活躍しています。

母系としてディープインパクトとの配合は相性が良く、ダービー馬のキズナやドバイで圧勝したリアルスティールなどの活躍馬を輩出しています。

ストームバード系の注目種牡馬はヘニーヒューズですね。

ダートではこれまでサウスヴィグラスやパイロなどが穴血統として有名でしたが、ヘニーヒューズも能力が高くダートで狙える機会は多いです。

ヘニーヒューズ産駒の特徴と狙い目
2017年の新種牡馬には、三冠馬オルフェーブルや世界の短距離王ロードカナロアなど、現役時代に大活躍した馬がいます。 そんな期待の新種牡...

ストームバード系の種牡馬

  • エイシンアポロン
  • カリズマティック
  • ゴスホークケン
  • シーキングザダイヤ
  • ジャイアントレッカー
  • スズカコーズウェイ
  • スタチューオブリバティ
  • ヨハネスブルグ
  • Bluegrass Cat
  • Cat Thief
  • Discrett Cat
  • Forest Wildcat
  • Forestry
  • Giant’s Causeway
  • Gio Ponti
  • Harlan’s Holiday
  • Henny Hughes
  • High Yield
  • Lion Heart
  • Pure Prize
  • Scat Daddy
  • Shamardal
  • Tale of the Cat

ヴァイスリージェント系

ヴァイスリージェント系は中距離までこなすタイプも多く、芝のマイル重賞で活躍する産駒もいます。

日本ではクロフネが種牡馬としても活躍していますが、母系が芝血統だと芝馬に、ダート血統ならダート馬になりやすい特徴があります。

牝馬で名スプリンターを輩出していますが、牡馬では目立った活躍がない特徴もあり、フィリーサイアー(牝馬の活躍が目立つ種牡馬)としても知られています。

また、クロフネ産駒はトライアル(前哨戦)で好走し、本番でパフォーマンスを落とす傾向もあるため、前走で好走したからといってG1で本命にすると痛い目に遭う可能性も高いので注意しましょう。

ヴァイスリージェント系の種牡馬

  • エイシンデピュティ
  • クロフネ
  • デヒア
  • フサイチリシャール
  • フレンチデピュティ
  • モルフェデスペクタ
  • Awesome Again
  • Deputy Minister
  • Ghostzapper
  • Holy Bull
  • Silver Deputy
  • Touch Gold

ヌレイエフ系

ヌレイエフ系はあまり多くいませんが、基本的にはダート短距離が主戦場です。

母系にヌレイエフの血を持つ馬は、京都の非根幹距離で行われるエリザベス女王杯などで活躍しやすいといった特徴がありますが、全体的にはあまり目立たないですね。

もはや父として見るのはファスリエフくらいでしょうか。ファスリエフはダートの短距離でコンスタントに活躍しています。

ヌレイエフ系の種牡馬

  • ジェリ
  • シベリアンホーク
  • ストラヴィンスキー
  • ファスリエフ
  • ブラックホーク
  • Gold Away
  • Pivotal
  • Theatrical

豪州型ノーザンダンサー系

豪州型はオーストラリアで活躍する種牡馬で、ダンチヒ系が該当します。

ダンチヒ系

ダンチヒ系は基本的に芝向きで、スピードとパワーに優れた馬が多いのが特徴です。パワーはありますがダートは不得意なので、芝の重馬場やダートで凡走して芝に出走するケースで穴をあけやすいです。

元々は短い距離を得意としていますが、代を経るごとに距離適性が長くなる傾向があり、ハービンジャーはスタミナが豊富な産駒が多いですね。また、坂のあるコースや洋芝も得意です。

瞬発力はないのでクラシックで好走するような馬を出すのは難しいでしょう。ただし、ハービンジャー産駒で母系がサンデー系かキングマンボ系ならチャンスはあります。

ダンチヒ系は反動が出やすく、好走した後は凡走、凡走した後に好走というリズムを形成することも多く、母系がダンチヒ系でもそういった特徴を持つ馬がいるので、戦績をよく見ると馬券に活かせる可能性も上がります。

ダンチヒ系の種牡馬

  • コマンズ
  • スニッツェル
  • チーフベアハート
  • トビーズコーナー
  • ハービンジャー
  • ベーカバド
  • ロックオブジブラルタル
  • Boundary
  • Cape Cross
  • Fantnet Rock
  • Green Desert
  • Kheleyf
  • Redoute’s Choice
  • Sea The Stars
  • War Chant

注目種牡馬

サドラーズウェルズ系のフランケルは、現役時代に欧州最強場として君臨。日本でも産駒は人気を集めやすく、一定の能力は見せています。しかし、トップレベルになると瞬発力が劣るのが露呈しており、馬券的には嫌って妙味ある種牡馬となりそうです。

馬券的に面白いのはタートルボウルです。

芝ではスピード不足で通用しにくいですが、ダートで穴をあけます。とくに砂を被らない外枠で成績がよく、距離は1400m以上が狙い目。

自分より強い相手に頑張る意欲はなく、昇級戦は買えません。流れが厳しくなる短縮も苦手で、Mの法則ではL系としての特徴がよく出ています。また、本質は芝向きなので砂を被る内枠では割引が必要です。

トップクラスではあまり出番がない系統ですが、下級条件やダートで穴をあけるケースもしばしばあるので注目しておきたい1頭です。


サンデーサイレンス系の特徴です。

サンデーサイレンス系の特徴
大系統サンデーサイレンス系 サンデーサイレンスは1988年に米国でデビューし、翌年にはアメリカ三冠レースのうち、ケンタッキーダービー...

ヘイルトゥリーズン系の特徴です。

ヘイルトゥリーズン系の特徴
大系統ヘイルトゥリーズン系 ヘイルトゥリーズンは1960年代に活躍し、怪我により2歳戦しか走ることなく引退しましたが、競走生活よりも種牡馬...

ミスプロ系の特徴です。

ミスプロ系の特徴
大系統ミスプロ系 ミスタープロスペクターは、1970年代にアメリカで生まれ、競走成績はパッとしませんでしたが種牡馬として大成功。今な...

ナスルーラ系の特徴です。

ナスルーラ系の特徴
大系統ナスルーラ系 ナスルーラは1950年代、英国と米国で種牡馬として活躍。さらにはその子孫も種牡馬として次々と成功を収め、70年代...

その他の大系統の特徴です。

その他の大系統の特徴
その他の大系統 サラブレッドの先祖は、遡れば3頭の馬に辿り着くと言われています。 三大始祖と呼ばれるダーレーアラビアン・ゴドルフィン...

フォローする