【2018】ニュージーランドトロフィーの傾向

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニュージーランドトロフィーの傾向

今週末に行われるニュージーランドトロフィーの傾向です。

注目ポイント

昨年は▲◎で超大穴馬券を取り…損ねたわたくしですが、昨年の注目ポイントで挙げた点を再度掲載。

過去10年、逃げ馬は壊滅的な成績ですが、ほとんどが人気薄だったのでデータとしては参考程度です。

先週の結果を見る限り、中山芝は先行馬がある程度頑張っていた印象。ペース次第では前残りの可能性も考慮したいところです。

基本的には内枠有利で、5番人気以下をベタ買いしても単勝回収率が100%を超える荒れ模様のレース。

特に前走メンバー中で速い上がりを使っていた馬が優秀。その中でも少し届かずに負けていた馬の巻き返しに注目です。

血統的にはアドマイヤムーンフジキセキマツリダゴッホ産駒が好相性。フジキセキの血を引くキンシャサノキセキ産駒にも注目です。

先週の中山は高速馬場でしたが、展開次第で差しも決まることも。

しかし、基本的には先行有利と考えて問題ないでしょう。

毎年荒れ模様のこのレース、当ブログの重賞予想としても、ここらで一気に捲れるくらいの大穴を当てたいものです。

出走予定馬

現時点でのnetkeiba人気上位10頭の、血統とローテーションから考察していきます。

 ケイアイノーテック

父  ディープインパクト

母父 Smarty Jones

前走 500万下 1番人気1着

父ディープ系×母父ミスプロ系

デイリー杯3着・朝日杯4着と実績では1枚上手ですが、ディープ産駒がこのレースで活躍するイメージが湧きません。

1600m続きで臨むのもあまり良いステップとは思えず、人気だと危うい1頭ではないでしょうか。

 カシアス

父  キンシャサノキセキ

母父 Dylan Thomas

前走 シンザン記念 4番人気3着

父Pサンデー系×母父ダンチヒ系

血統面ではとくに不安なし。

間隔も空いていてるので疲労も心配ないと思いますが、前走が逃げて好走しているだけに、多頭数で流れが厳しくなる今回は嫌気を出す可能性も有り得ます。

抑え程度が妥当でしょう。

 ファストアプローチ

父  Dawn Approach

母父 Marju

前走 シンザン記念 2番人気4着

父サドラーズウェルズ系×母父ノーザンダンサー系

血統的にはあまり向いていないでしょう。

少頭数から多頭数へもプラスにはならなそうで、とくに狙いたくなる材料が見当たりません。

 カツジ

父  ディープインパクト

母父 ホワイトマズル

前走 きさらぎ賞 3番人気5着

父ディープ系×母父リファール系

前走はディープ産駒が走りづらい馬場を考慮しても物足りない。

あまりディープ産駒っぽさはありませんが、人気で買いたいとは思いません。

 リョーノテソーロ

父  Justin Phillip

母父 Speightstown

前走 クロッカスS 5番人気1着

父ストームバード系×母父ミスプロ系

ゴリゴリの米国血統がどうかですが、まぁ可もなく不可もなくでしょうか。

臨戦過程からは、人気がなければ狙っても悪くない1頭にも思えます。

 ラムセスバローズ

父  Curlin

母父 Dixie Union

前走 500万下 1番人気1着

父ミスプロ系×母父ノーザンダンサー系

血統的には悪くないでしょう。

前走同コースからの参戦はややストレスありそうで、位置取りが悪くなるリスクもありそう。

 アンブロジオ

父  ローズキングダム

母父 Songandprayer

前走 ファルコンS 4番人気4着

父キングマンボ系×母父ミスプロ系

扱いが難しい1頭です。

やはり可もなく不可もなくといった感じで、人気薄なら抑えておきたい…というくらいでしょうか。

 トーセンブレス

父  ディープインパクト

母父 ファルブラヴ

前走 フラワーC 3番人気2着

父ディープ系×母父ノーザンダンサー系

こちらではなく桜花賞に出走ですよね?

出走してくれば嫌いたいタイプではありますが…

 コスモイグナーツ

父  エイシンフラッシュ

母父 スペシャルウィーク

前走 スプリングS 12番人気11着

父キングマンボ系×母父Tサンデー系

ちょっと暴走し過ぎな感じですね。

さすがに買える要素はありません。

 エントシャイデン

父  ディープインパクト

母父 サクラバクシンオー

前走 500万下 1番人気3着

父ディープ系×母父プリンスリーギフト系

血統面で人気先行してきたタイプでしょうか。

条件的に今回好転するとは思えないので、買いたいとは思えません。

総評

上位に買いたい馬が全然いなかった!!

同距離組より距離変更組、特に延長馬が優秀なので、内枠に入った延長馬から狙う…というスタンスになりそうな気がしないでもないです。

ディープ産駒もどれかは走りそうですね。

スポンサーリンク

フォローする