【2019】オーシャンSとその他レースの予想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オーシャンSとその他レースの予想です。

チューリップ賞は2強は堅そうで、買いたい馬も見当たらないのでスルーします。

小倉は最終週となるので、そろそろ花火を打ち上げたいところです。

スポンサーリンク

オーシャンSの予想

推定1番人気のナックビーナスは勝つイメージはないですが、大崩れする可能性も低そうです。2~5着くらいでしょうか?(適当)

過去の傾向では、タフな流れになりやすく、逃げ馬が苦戦するレースとなっていますね。軽い血統よりも、タフな流れで真価を発揮するタイプを狙いたい。

ということで、本命はペイシャフェリシタです。

父がタフな流れに強いハーツクライ、母父も欧州で活躍したダンチヒ系のケープクロス。スタミナが問われる流れになるほど、パフォーマンスを上げそうなタイプです。

前走は3角9番手から4角では14番手になったように、全くスムーズに走れない展開でした。本来は好位からでも競馬ができるので、内枠でスムーズに走れれば上位争いする能力はあります。

推定7番人気ですが、前日段階では割と人気していますねぇ…

その他のレース

小倉4R…リーチザサミット

小倉芝1200mは、流れ次第で前残り・外差し・内外有利不利が変わる難解なコースになっています。

血統的な傾向では、母父欧州型に注目。タフな流れになりやすく、母系の底力が活きてくるのでしょう。

このレースは母父欧州型が多いですが、狙いはリーチザサミットです。前走は差し馬が上位独占する流れを先行して凡走。

能力的にどこまでやれるのか疑問ですが、前走好走馬は軒並み展開の利があったメンバー構成なら、あっさり巻き返してもおかしくなさそうです。

小倉5R…スターオブバラード

小倉芝1800mは1枠が有利。

このレースは未出走馬が推定1番人気になるレベルなので、どの馬にもチャンスはありそうです。

前走はドスローの完全な前残りを、道中外々を回してロスの大きすぎる競馬。

脚質は不安ですが、内枠でロスなく進めることができれば、前走で後れを取ったヘヴンズコーヴを逆転できる可能性は十分でしょう。

小倉8R…プレイズラン

狙いは母父欧州型。プレイズランは前走前が残る展開を後方から届かず。展開さえハマれば通用するところは垣間見えたと言えるでしょう。

今回展開が向くかどうかは…やってみなけりゃ分からない!!

小倉12R…ラルムドランジュ

ここも母父欧州型。また、父ダンチヒ系も相性が良いです。前走は内を走った馬が上位を占めたなか、外々を回って展開も向きませんでした。

推定1番人気のショウナンタイザンには同じような位置取りから先着されましたが、4角で少し窮屈になった分、仕掛けが遅れたのも影響した可能性もあります。

それでも着差は0.3秒。勝負付けはまだ終わっていません。(2走前には先着してるし)

スポンサーリンク

フォローする