オルフェーブル産駒の特徴※4/11更新

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目の新種牡馬オルフェーブル産駒の特徴をまとめ直しました。

以前まとめた時点では、危険な人気馬を量産していると結論付けましたが、それから傾向は変わってきたのでしょうか。

スポンサーリンク

オルフェーブル産駒の成績

2018年4月11日時点の、オルフェーブル産駒の成績です。

単勝回収率は平均を大きく下回り、複勝回収率も物足りません。

1番人気の信頼度も低く、相変わらず人気先行型と言えそうですが、ここに来て少し様子は変わってきた可能性もあります。

それを示すのが、こちらの時期別の成績です。

単勝回収率が低いのは相変わらずも、産駒が3歳になってからは複勝回収率が伸びています。

しかも、好走率自体はそれほど大きく上昇したわけではありません。

ステイゴールドの血を引く系統で、どちらかと言えば晩成傾向にあることは想像できます。

これまでの凡走によって人気が落ちてきたところで、徐々に力を付けて巻き返すようになってきた馬が増えたのではないでしょうか。

コース別成績

以前まとめたときも、坂のあるコースより平坦コースの方が好成績でした。

ただし、まだ力が付いていないだけで、本来は坂のあるコースが得意でもおかしくない血統なので、今後は変わってくるかも…と、当時書いています。

3歳になってからの成績に限ると、

まだ平坦コースが好成績ですが、坂のあるコースも穴で好走し始めています。

オルフェーブル産駒が本格化するのは3歳秋以降になる可能性もあるので、引き続き注目しておきたい傾向です。

それよりも、オルフェーブル産駒の取捨で最も重要なことは、前走からのローテーションだと考えられます。

前走距離別成績

ここでは3歳以降の成績(芝)に絞っています。

見ての通り、前走から距離延長となる馬が圧倒的に不振です。

ステイゴールド・オルフェーヴルに共通しているのは激しい気性と闘争心。

前走より流れが緩くなる可能性がある距離延長では、激しい気性をコントロールできずに、闘争心を削いでしまうリスクが上がるということです。

逆に、前走より流れが厳しくなればなるほど、秘めた闘争心が掻き立てられて真価を発揮すると言えるでしょう。

ステイゴールド産駒が大舞台でたびたび大物喰いをしてきたように、今後オルフェーブル産駒がそうなる可能性は高いでしょう。

オルフェーブル産駒の適性は、ほぼステイゴールド産駒と通じると考えていいと思います。

ただ、オルフェーブル産駒はステイゴールド産駒に比べて注目度が高かった分、過剰人気となって回収率が伸びていないということですね。

まとめ

徐々に力を付けてきているとはいえ、まだまだ人気で信用するには頼りないタイプです。

ラッキーライラックはオルフェーブル産駒らしからぬ優等生キャラなので、この馬に関してはあまり当てはまらない気はしますが。

やはり一発を狙ってこその血統であり、狙いは短縮ローテ、もしくは前走延長ローテで負けてからの同距離ローテとなるでしょう。

本格化するのはこれからだと思うので、いくら相手強化に向くと言っても2歳戦・クラシック戦線では苦戦を強いられる可能性は高いと思います。

しかし、ステイゴールド産駒同様に、古馬の重賞戦線では大いに期待できるのではないでしょうか。

※これらは今後の成績を保証するものではありませんので、馬券を購入する際は自己責任でお願いいたします。

ロードカナロア産駒の特徴。

ロードカナロア産駒の特徴を考察※2018年4/8更新
初年度産駒アーモンドアイが、鮮烈な末脚で桜花賞を制しました。 昨年の秋に、ロードカナロアの特徴を一度まとめてみましたが、それから半年ほ...

ハービンジャー産駒は短縮が苦手!?

ハービンジャーは延長が得意?短縮は走らないのか?
今回はハービンジャー産駒の特徴について紹介します。 ハービンジャーはイギリスの競走馬で、伝統のG1キングジョージ6世&クイーン...

ヘニーヒューズ産駒の特徴。

ヘニーヒューズ産駒の特徴。激走条件は「外枠・短縮」
2017年の新種牡馬には、三冠馬オルフェーブルや世界の短距離王ロードカナロアなど、現役時代に大活躍した馬がいます。 そんな期待の新種牡...
スポンサーリンク

フォローする