【2018】大阪杯の展望

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【2018】大阪杯の展望です。

昨年からG1へ昇格した大阪杯。

データ分析はせず、各馬の血統とローテーションから狙い目を探っていきたいと思います。

スポンサーリンク

出走馬の展望

スワーヴリチャード

父  ハーツクライ

母父 Unbridled’s Song

前走 金鯱賞 1番人気1着

ハーツ産駒で少頭数から多頭数に変わるのは歓迎。

しかし、間隔開けて好走後に間隔詰まるのは不安材料になります。

まぁデムーロが継続騎乗で本気度がうかがえるので、勝ち切るかどうかは別として、バッサリ切る理由はとくに見当たりません。

サトノダイヤモンド

父  ディープインパクト

母父 Orpen

前走 金鯱賞 2番人気3着

前走は敗れたものの、ラストの伸びはさすが。

とはいえ、キタサンブラックを撃破した有馬記念のパフォーマンスから考えても、サトノノブレスに後れを取ること自体が考えられないことです。

全盛期の力を発揮できればNo1で間違いないですが、果たして…

勝っても不思議はないし、着外でも不思議はないと思います。

最大の不安は…鞍上でしょう。

下手ではないはずですが、あまりにもトップクラスとの対戦を避けすぎなのが勝負所で響きそうな気が。

アルアイン

父  ディープインパクト

母父 Essence of Dubai

前走 京都記念 3番人気2着

ディープ産駒でもサトノダイヤモンドとは違い、速い上がりを使えない馬力タイプ。

皐月賞のように、高速決着で好位から運べればチャンスは十分あるでしょう。

鞍上が先週G1を制した川田。

積極的な競馬をしてもらいたいですね。

シュヴァルグラン

父  ハーツクライ

母父 Machiavelllian

前走 有馬記念 3番人気3着

前走はG1激走後で危険な人気馬になると思いましたが、3着に好走。

ハーツ産駒らしく、古馬になってなおパフォーマンスを上げています。

疲れやすいハーツ産駒の特徴がそのまま出ているタイプなので、休み明けは悪くない。

500mの短縮となるので、位置取りが悪くなりそうなのがネックですね。

逆にここを取りこぼして天皇賞に期待したいです。

ミッキースワロー

父  トーセンホマレボシ

母父 ジャングルポケット

前走 アメリカJCC 1番人気2着

扱いが難しい1頭ですが、セントライト記念を見る限り通用してもなんら不思議はないですね。

鮮度的にもトップクラスなので、トーセンホマレボシ産駒初のG1タイトルの可能性もありえます。

さすがにG1の有力馬でノリポツンは発動しない…ですよね?

ペルシアンナイト

父  ハービンジャー

母父 サンデーサイレンス

前走 中山記念 1番人気5着

前走は位置取りが悪かったものの、物足りない結果に。

個人的に休み明けのハービンジャー産駒は割引と考えているので、ここでパフォーマンスを上げる可能性は十分。

ただし、鞍上がリスクを取らないタイプなので、外を回して届かず…のシーンも目に浮かびます。

ダンビュライト

父  ルーラーシップ

母父 サンデーサイレンス

前走 アメリカJCC 2番人気1着

休み明けは問題ないと思いますが、小回りコースで多頭数に変わるのはどうか。

ルーラーシップ産駒のわりに立ち回りに融通が利くのは強みです。

ウインブライト

父  ステイゴールド

母父 アドマイヤコジーン

前走 中山記念 2番人気1着

充実期に入ったステイゴールド産駒。

皐月賞でも差のない競馬をしており、成長した今なら上位陣とも差は縮まっているはず。

多少のストレスはあるはずなので、内過ぎると嫌気を出してしまう可能性もありそう。

非根幹距離の方が合うかも知れませんが、人気を考えるとここで買うのもアリでは。

今回好走すれば、今後もG1で人気してしまいそうですからね。

タイプ的に一度大敗すればすぐに人気落ちしそうですが…

トリオンフ

父  タートルボウル

母父 ダンスインザダーク

前走 小倉大賞典 1番人気1着

前走は楽勝でした。

鮮度も抜群です。

が…

タートルボウル産駒を中央のG1では買えない(;´・ω・)

ヤマカツエース

父  キングカメハメハ

母父 グラスワンダー

前走 金鯱賞 3番人気4着

昨年の3着馬。

昨年は前走を勝っての参戦ですが、今年は完敗の4着。

鮮度面でも劣っているので、さすがに厳しいのではないでしょうか。

総評

久しぶりに好メンバーが多数揃った一戦となりそうです。

ここにレイデオロ・モズカッチャン・ディアドラも出走すれば相当面白かったと思います。

個人的には海外よりも国内でもっと走ってもらいたいんですけどね。

そういった意味でも、国内の王道路線を走り続けたキタサンブラックは本当に素晴らしい馬でした。

オッズ的には上位2頭が少し抜けるかも知れませんが、2番手グループとの差はあまりないと思います。

なので、単系に妙味があるのではないでしょうか。

まぁ重賞が全く当たらない私の言うことなので、私と逆のことをすれば的中させるのは簡単ですよ!!

スポンサーリンク

フォローする