【2018】桜花賞の傾向

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

桜花賞の傾向

今週末に行われる桜花賞の傾向です。

注目ポイント

昨年も挙げた、1桁馬番より2桁馬番が有利というポイント。

昨年も傾向通り、3着以内の馬は2頭が2桁馬番でした。

そして、先行有利な競馬において、最も差しが決まりやすいレースの一つとも言えるのが、この桜花賞です。

4角10番手以内より、4角10番手以降の方が成績が良いレースなんて、他にどれだけあるでしょうか。

かと言って、前走追い込んで速い上がりを使った馬が走るのかと言えばそうでもないのが面白いところです。

このあたりはMの法則をかじっている人には理解がしやすい現象ですね。

血統的にはクラシック血統であるディープ・キンカメの血を持つ馬が圧倒的です。

チューリップ賞を勝って本番でも連勝した馬は、過去にハープスターとブエナビスタのみ。

昨年も、ソウルスターリングが断然人気で3着と敗れました。

今年は他路線からも有力な馬が出走してきますが、果たしてどうなるでしょうか。

出走予定馬

現時点でのnetkeiba人気上位10頭の、血統とローテーションから考察していきます。

 ラッキーライラック

父  オルフェーヴル

母父 Flower Alley

前走 チューリップ賞 1番人気1着

父Tサンデー系×母父ミスプロ系

チューリップ賞勝ち馬ですが、死角はほぼ見当たらず。

阪神JFと同じような競馬をすれば、問題なく好走するでしょう。

唯一の不安は、断然人気でG1へ挑んだ経験のない鞍上が平常心でいられるかどうか。

内枠に入れば、包まれて仕掛けどころを誤るリスクも若干上がる可能性があります。

 アーモンドアイ

父  ロードカナロア

母父 サンデーサイレンス

前走 シンザン記念 1番人気1着

父キングマンボ系×母父サンデーサイレンス系

前走圧巻の末脚で上位人気を形成しそうですが、少頭数の緩い流れから多頭数の激戦へ変わって、馬が感じる負担は間違いなく大きくなります。

そもそも前走はレベルに疑問がありますし、後方からばかりの脚質も、あまり良い要素ではありません。

単勝は売れて、複勝は売れない感じでしょうかね。

 リリーノーブル

父  ルーラーシップ

母父 クロフネ

前走 チューリップ賞 2番人気3着

父キングマンボ系×母父ヴァイスリージェント系

前走は阪神JFの3着馬と順番が入れ替わっただけ。

さすにがラッキーライラックがまとも走れば逆転は相当厳しそうですが、相手がヘグればチャンスはある。

少なくとも、今回マウレアには負けることはないでしょう。

 マウレア

父  ディープインパクト

母父 Storm Cat

前走 チューリップ賞 3番人気2着

父ディープ系×母父ストームバード系

前走でラッキーライラックにあれだけ離されれば、今回も逆転は難しい。

クイーンSで賞金を加算できなかったのが誤算だったのでしょうが、一発勝負でチューリップ賞に直行しておく方が、本番での期待もできたのでは。

デビューから一貫してマイル戦続きのローテーション、本番で凡走する可能性はかなり高くなってきたと言えるでしょう。

 フィニフティ

父  ディープインパクト

母父 クロフネ

前走 クイーンC 5番人気2着

父ディープ系×母父ヴァイスリージェント系

キャリア2戦は厳しいですが、前走は新馬から一転、締まった流れをきっちり差して好走と、素質の片鱗を見せました。

ストレスは気になるところですが、思い切った位置取りで一発に賭ければ、馬券内に来てもおかしくはないでしょう。

人気を考えると、抑えの1頭が妥当なところですね。

 レッドレグナント

父  ロードカナロア

母父 クロフネ

前走 アネモネS 2番人気2着

父キングマンボ系×母父ヴァイスリージェント系

主要ステップ以外の参戦からは、それだけでレベル的に大いに割引です。

さすがに厳しいでしょう。

って、デムーロが乗るんですか…(抑えようかな)

 アンコールプリュ

父  ディープインパクト

母父 ウイニングチケット

前走 フィリーズレビュー 2番人気2着

父ディープ系×母父グレイソヴリン系

前走まさか好走するとは思いませんでしたが…

ディープ産駒でほどほどの人気であれば、抑えておくしかありません。

 プリモシーン

父  ディープインパクト

母父 Fastnet Rock

前走 フェアリーS 2番人気1着

父ディープ系×母父ダンチヒ系

実際はもっと人気するとは思いますが、非常に狙いたくなるタイプです。

関東馬で輸送があるのがネックで、最大の不安は言わずもがな、鞍上ですね。

 デルニエオール

父  ステイゴールド

母父 メジロマックイーン

前走 フィリーズレビュー 5番人気3着

父Tサンデー系×母父マイバブー系

オルフェーブルの妹です。

前走好走するとは思いませんでしたが、やはり良くなるのはまだまだ先という気がします。

ここではさすがに荷が重いでしょう。

 トーセンブレス

父  ディープインパクト

母父 ファルブラヴ

前走 フラワーC 3番人気2着

父ディープ系×母父ノーザンダンサー系

スケール感に欠けるというか、何か一歩足りない印象ですね。

ここも追い込みに賭けて5~8着あたりにまとめてきそうな気がします。

総評

現段階で危険だと思うのはアーモンドアイ・マウレア。

人気でも逆らいづらいのはラッキーライラック・リリーノーブル。

人気薄で食い込む可能性があるとすれば、やはりディープインパクト産駒ということになるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

フォローする