ノーザンダンサー系の回収率データ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここではノーザンダンサー系の回収率データを紹介します。

ノーザンダンサー系は、欧州型の中でもサドラーズウェルズ系・リファール系・ニジンスキー系以外の馬をまとめた系統です。

細かい分析まではしていませんが、ざっくりとした回収率で得手不得手を自分なりに解釈して馬券に活かせてもらえればと思います。

スポンサーリンク

ノーザンダンサー系の回収率

データは2015~2017年単勝99倍以内の馬で抽出しています。

年齢別

2.3歳よりも古馬になってからの方が力を出せる馬が多いようです。

スタミナが活かせるレースは、古馬になってからの方が多いということでしょうか。

枠別(芝)

内枠より中~外枠で穴をあけることが多いようです。

揉まれ弱い馬が多いのかも知れませんね。

枠別(ダート)

ダートそのものがパッとしませんが、内枠では余計に成績が悪化しています。

クラス別(芝)

緩いレースの多い下級条件より、上級条件の方が成績が良くなっています。

クラス別(ダート)

とくに見所はないですね。

競馬場別(芝)

どちらかというと、平坦よりも坂のあるコース、広いコースよりも小回りコースが得意かも知れません。

競馬場別(ダート)

東京では5枠より外に限れば複勝回収率が100%超え。

京都では1200mを苦手としています。

母父別(芝)

ボールドルーラー系やヴァイスリージェント系といった、米国型のスピード血統との配合が好成績。

Tサンデー系は現状では人気馬しか走っていない感じです。

母父別(ダート)

ダートでは米国型ノーザンダンサー系・Dサンデー系・キングマンボ系との相性が良いです。

前走距離(芝)

短縮よりも延長で激走する馬が増える、珍しいタイプですね。

前走距離(ダート)

ダートでは延長でも良くありません。

ダートは短縮で成績が上がるタイプが多いですが、血統的に短縮が苦手な可能性が高く、短縮でもイマイチですね。

まとめ

・古馬の方が走る

・外枠向き

・延長向き

※今後の成績を保証するものではありません。

※詳細なデータをご希望の方はご連絡いただければお調べ致します。

サドラーズウェルズ系の回収率データです。

サドラーズウェルズ系の回収率データ
ここではサドラーズウェルズ系の回収率データを紹介します。 細かい分析まではしていませんが、ざっくりとした回収率で得手不得手を自分なりに...

リファール系の回収率データです。

リファール系の回収率データ
ここではリファール系の回収率データを紹介します。 細かい分析まではしていませんが、ざっくりとした回収率で得手不得手を自分なりに解釈して...
スポンサーリンク

フォローする