血統の大系統分類

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
血統の大系統分類

競馬では様々な条件でレースが行われますが、それぞれの適性を見抜くには「血統」が大きな手助けとなるため、予想のファクターとして効果的です。

血統によって得意な条件・苦手な条件が影響されやすく、種牡馬ごとに特徴を掴めば穴馬を仕留められる確率も上げられる…かもしれません。

三大始祖

現在のサラブレッドは、遡るとダーレーアラビアン・ゴドルフィンアラビアン・バイアリータークという3頭の馬に辿り着き、その3頭を三大始祖と呼びます。

なかでもダーレーアラビアンの血を引く馬が99%以上を占めるとも言われ、ファラリスという馬を経由したナスルーラ・ネイティヴダンサー・ターントゥ・ノーザンダンサーの4頭がとくに大きな影響力を持ち、繁栄しています。

ファラリスを経由していないダーレーアラビアンの子孫や、ゴドルフィンアラビアン・バイアリータークの血を引く馬はごく僅かで、現在ではマイナーな血統として扱われています。

近年はネイティヴダンサーからミスタープロスペクター、ターントゥからヘイルトゥリーズン、ヘイルトゥリーズンからヘイローやロベルトといった馬へ派生し、ヘイローから派生するサンデーサイレンスが日本で一大勢力を築いています。

大系統分類

血統を競馬予想に活かすには、血統ごとの特徴を把握する必要があります。

現在、父として大きな影響を与えているのはナスルーラ・ヘイルトゥリーズン・ノーザンダンサー・ミスタープロスペクター・サンデーサイレンスです。

この5頭に加え、母系に入って影響力を与えている5系統を合わせた10系統を大系統として分類し、大系統をさらに細かく分類したものを小系統としています。

ここから各大系統について解説していきますが、私は血統ビーム理論の提唱者である亀谷敬正さんの書籍で血統を勉強しましたので、基本的にはその考えが軸となります。

しかし、血統を分析されている方は数多く、それぞれで若干捉え方が違うこともありますので、ここでは一つの考え方として見ていただきたいと思います。

大系統分類

このブログでは、大系統を以下の10系統に分類しています。

  1. サンデーサイレンス系
  2. ヘイルトゥリーズン系
  3. ミスタープロスペクター系
  4. ノーザンダンサー系
  5. ナスルーラ系
  6. ハンプトン系
  7. セントサイモン系
  8. マイナー系
  9. ヘロド系
  10. マッチェム系

現在、世界的に父系として活躍しているのは1~5の系統で、日本ではサンデーサイレンス系が圧倒的な強さを見せています。国が違えば繁栄している系統も違うのが血統の面白さですね。

それでは、各系統について紹介していきます。

サンデーサイレンス系

サンデー(サイレンス)系は現在の日本競馬で主流となる系統で、最たる特徴は瞬発力に秀でた馬が多いこと。

現在は芝の長距離よりも2000m前後の中距離で行われるレースの価値が高く、道中はゆったりと追走し、最後の直線でどれだけスピードを発揮できるかが問われます。

そういった流れに滅法強いのがサンデー系であり、大レースでは出走馬の大半がサンデーの血を持つ馬で占めることも多々あります。瞬発力に秀でている反面、ダートや短距離には適性が低いケースが多い弱点も。

90年代中盤から日本でサンデーサイレンス産駒が走るようになりましたが、その影響力は凄まじく、今ではサンデーの血を引く種牡馬が非常に多いです。

タイプによっては短距離やダートで活躍しやすい産駒を出す馬もおり、一括りにサンデー系とするには無理が出てきました。

そこで、サンデー系でも似た特徴を持つタイプを5つの小系統に分類し、予想に活かすようにしていきます。

ヘイルトゥリーズン系

ターントゥ産駒のヘイルトゥリーズンはヘイローとロベルトを輩出し、日本でも多くの活躍馬がいます。サンデーサイレンスもヘイロー産駒で、大きく括ればヘイルトゥリーズン系です。

サンデーを経由しないヘイロー系は、瞬発力よりもスピードやパワーに優れるため、主に短距離やダートで活躍。ロベルト系はスタミナやパワーに優れ、休み明けよりも叩いて良化するタイプが多い特徴があります。

どちらもパワーがあるので芝・ダートともに走れることが多いです。

ミスタープロスペクター系

ミスタープロスペクター系は名前が長い(?)ので、ミスプロ系と呼ばれます。

ネイディヴダンサーの仔であるレイズアネイティヴを父に持つミスタープロスペクターは、米国の主流血統として活躍馬を多く輩出。一方で、欧州でも活躍する馬を輩出し、日本の芝にも適応するなど、世界的に成功している種牡馬です。

米国型は2歳戦から活躍する完成度の高い(仕上がりの早い)産駒が多く、芝よりもダートで活躍しやすいのが特徴。欧州型は芝向きが多く、母系によってはダートもこなします。

ミスタープロスペクターの仔であるキングマンボから出たキングカメハメハが日本で大成功し、さらにはキングカメハメハ産駒のロードカナロアも種牡馬として初年度から牝馬三冠を達成したアーモンドアイを輩出。

現在の日本競馬の大レースは、サンデー系とミスプロ系(欧州型)のどちらかを父に持つ馬でないと勝つのは難しい…そんな状況になっていますね。

ノーザンダンサー系

ノーザンダンサー系は世界中で活躍馬を出す大系統で、欧州型はタフな馬場をこなすスタミナを、米国型はダート向きのパワーを、豪州型は短距離に強いスピードを備えています。

米国競馬は2歳戦からバリバリ走らせる傾向にあり、日本でもノーザンダンサー系の米国型は芝ダート問わず2歳戦で活躍しやすいです。ミスプロ系の米国型と似た特徴ですね。

一方、欧州型はゆっくりと成長するタイプが多く、2歳戦ではスピード不足で活躍しづらいですが、じわじわと力を付けていく傾向にあります。ただ、根本的に日本の芝ではスピードが劣るため、大レースでは活躍するのは稀ですね。

短距離のレベルが高い豪州で活躍するノーザンダンサー系は、日本でも1400m以下で穴をあけることも多いですが、ダートはあまり得意ではありません。欧州型もスピード不足ゆえにダートへ出走することも多いですが、本質は芝血統です。

ナスルーラ系

ナスルーラ系はノーザンダンサーが台頭する以前に世界を席巻していた大系統で、ナスルーラ自身は激しい気性とスピードを武器にしていましたが、母系からスタミナを補って欧州でも活躍する馬を多く輩出し、世界中で繁栄。

ナスルーラ系もダート向きの米国型、スタミナ豊富な欧州型、日本の短距離で活躍する日本型と様々なタイプの種牡馬がいます。

日本では70年代から90年代中盤まで活躍していましたが、サンデーサイレンスの登場により勢力図が大きく塗り替えられ、現在は稀に大物が出る程度です。欧州でもナスルーラ系に代わってノーザンダンサー系が主役の座を奪い、時代とともに淘汰される宿命であることを感じさせますね。

米国では今でもミスプロ系、ノーザンダンサー系に劣らない活躍ぶりを見せていますし、日本でも米国型の産駒はダートで強さを発揮しています。

その他の大系統

上記の5系統はいずれもダーレーアラビアンの血を引くエクリプスからファラリスを経由した系統で、現在ではほとんどの馬がこの5系統の血を引いています。

エクリプスからはファラリス以外にも発展を遂げた父系があり、ハンプトン系・セントサイモン系・それ以外のマイナー系に分類されます。

また、三大始祖のうちバイアリータークからヘロド系が、ゴドルフィンアラビアンからマッチェム系が現在でも存続しています。

ハンプトン系

ハンプトン系は、父系としては残っていませんが、母系に入ってスタミナを伝えています。

ディクタスからサッカーボーイという快速馬が出ましたが、サッカーボーイは種牡馬になると系統本来の特徴であるスタミナ豊富な産駒を輩出し、ツボに嵌まると大駆けしますが人気でもアテにできないなんてことも。

サッカーボーイの全妹ゴールデンサッシュとサンデーサイレンスの間に生まれたのがステイゴールドで、ステイゴールド産駒は大一番での強さと人気での脆さが特徴的ですが、元を辿ればこの系統の特徴ということですね。

セントサイモン系

セントサイモン自身は1000m~4000mで10戦10勝という成績を残し、英国競馬の至宝と呼ばれた名馬です。

種牡馬としても1890年から通算で9回、英国リーディングサイアーとなった歴史的大種牡馬であり、現在のサラブレッドのほとんどはセントサイモンの血を持つと言われています。

その特徴は豊富なスタミナと底力で、大舞台で強さを発揮するようになることです。とくに、血統表にリボーという種牡馬がいる場合、何か期待せずにはいられない…そんな気にさせてくれる一族です。

セントサイモンがリーディングサイアーの座を譲ったのが自身の産駒であり、以降は産駒が種牡馬として次々と活躍し、セントサイモン系が急激に発展していきます。しかし、あまりにも反映し過ぎた結果、血の飽和が起こり、急速に衰退するようになりました。

現在は日本でサンデーサイレンス系が急激に発展していますが、今後はセントサイモン系と同じように血の飽和によって衰退していく可能性は高いのかもしれません。

マイナー系

エクリプス系には他にも各時代で活躍した父系が存在しますが、数が少なすぎるため残りはマイナー系として括っています。

各小系統ごとにダート型、スタミナ型などの特徴はありますが、活躍する場面はかなり限定されるため、最初に覚える1頭には向いていませんね。

ヘロド系

三大始祖のうち、バイアリータークから派生して残っている系統です。

日本では90年代前半に、メジロマックイーンやトウカイテイオーといった名馬も輩出し、一時代を築いたと言えるでしょう。

しかし、馬場の高速化が進むにつれて適性が合わなくなり、すでに父系としては残っていませんが、三冠馬オルフェーブルやゴールドシップの母父はともにメジロマックイーンで、母系に入って一定の存在感を示しています。

マッチェム系

三大始祖のうち、ゴドルフィンアラビアンから派生した系統です。

マッチェム系は三大始祖の中で最初に繁栄した系統で、今でも高いスピード能力と持続力を発揮しています。新潟1000mの適性が高く、父か母父にマッチェム系の馬がいたら黙って買っておくと良いことがあるかも。(あるとは言っていない)

新潟1000mでマッチェム系のカルストンライトオが記録したレコードは、未だに破られていません。当時(2002年)と現在の馬場状態を考えると、驚異的なことと言えるでしょう。

まさに「歴代最速馬」と呼んでも過言ではない馬が、主流ではなくマイナーな系統から出現したのは偶然なのか。血統って面白いですね。

まとめ

国が違えば強い馬が違うのは、血統にはそれぞれ適性というものがあり、それぞれの国に合った適性を持つ系統が繁栄するからです。

あのディープインパクトですら、欧州の競馬ではスタミナが足りずに勝てませんでした。しかし、同じメンバーで日本で走ればまず負けることはないでしょう。

決して能力が足りずに負けたのではなく、適性の差で負けたということです。

血統を知れば適性の高い得意条件を狙うほか、苦手条件に出走している人気馬を消すことにも利用できます。芝で連勝したディープインパクト産駒が、ダートに出走して1番人気になれば喜んで消しましょう。…そんなケースはほぼありませんけどね。


各系統の小系統をまとめています。

サンデーサイレンス系の特徴
大系統サンデーサイレンス系 サンデーサイレンスは1988年に米国でデビューし、翌年にはアメリカ三冠レースのうち、ケンタッキーダービー...
ヘイルトゥリーズン系の特徴
大系統ヘイルトゥリーズン系 ヘイルトゥリーズンは1960年代に活躍し、怪我により2歳戦しか走ることなく引退しましたが、競走生活よりも種牡馬...
ミスプロ系の特徴
大系統ミスプロ系 ミスタープロスペクターは、1970年代にアメリカで生まれ、競走成績はパッとしませんでしたが種牡馬として大成功。今な...
ノーザンダンサー系の特徴
大系統ノーザンダンサー系 ノーザンダンサーは1960年代に産まれ一流の競走成績を収めましたが、それ以上に名を知らしめたのは種牡馬とな...
ナスルーラ系の特徴
大系統ナスルーラ系 ナスルーラは1950年代、英国と米国で種牡馬として活躍。さらにはその子孫も種牡馬として次々と成功を収め、70年代...
その他の大系統の特徴
その他の大系統 サラブレッドの先祖は、遡れば3頭の馬に辿り着くと言われています。 三大始祖と呼ばれるダーレーアラビアン・ゴドルフィン...

フォローする