【2019】京成杯の予想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京成杯の予想です。

昨日の中山はメインレースで唯一のキングマンボ持ちミュゼエイリアンが激走。気にはなっていたものの、勝負できなかったところに自分の勝負弱さを感じます…

スポンサーリンク

京成杯の予想

例年タフな競馬になりやすいレースですが、今年は少頭数がどう影響するか。条件自体がタフなので、とりあえず今年もスタミナ重視の狙いをしていきます。

血統的にはバゴが人気ながら2頭出走して2頭とも馬券になっているのが印象的。ハービンジャーやステイゴールド、欧州型ナスルーラに加え、キングマンボ系あたりに注目したいですね。

狙ってみたいのはスタミナ血統重視で…

・ヒンドゥタイムズ
・ラストドラフト
・リーガルメイン

この中から本命はリーガルメインにします。

正直、過去2戦のパフォーマンスがそれほど高いとは思えませんが、父ハービンジャー・母父ダンスインザダーク・母母父ブライアンズタイムと重厚な血統で、スタミナ勝負になればなるほどパフォーマンスを上げる可能性もあります。

揉まれず捌きやすい少頭数の外枠というのもハービンジャー産駒にとっては悪くはないでしょう。頑張れ戸崎!!

その他のレース

中山7R

ここは唯一のキングマンボ系タマモメイトウを狙います。

前走は前が有利な馬場で、出遅れて最後方から直線でも外へ出しながらほとんど追えず、まともに走れていません。

今の中山は差しも届きやすいし、スタートがまともなら好位から本来の走りにも期待できるし、ここは巻き返すチャンスでしょう。頑張れ戸崎!!

中山12R

ここも唯一のキングマンボ系(母父)モルフェオルフェを狙います。

前走は休み明けでしたが、ハイペースで前には厳しい展開を2番手から追走して粘れず。それでもここに出走している2~4着馬とは0.2秒差で、展開一つで着順は入れ替わってもおかしくなさそうです。

前走は延長ローテということもあり、二重苦から解放される今回は上積みにも期待できるでしょう。頑張れ戸…じゃなかった。

京都7R

狙いはもちろん米国系ですが、その中でも父・母父・父母父・母父父全てが米国血統で構成されているナムラムートを狙います。

前走は長期休養明けに加えて差しが届く展開。逃げて3着だった2走前は、1着が1600万下でも好走したクライシス、2.4着馬もすぐに500万下を勝ち上がったレベルの一戦でした。

それを考えるとナムラムートも500万下なら通用しても不思議なく、逃げれば逃げられなかった前走から大幅なパフォーマンスの上昇にも期待できます。

スポンサーリンク

フォローする