【2018】ラジオNIKKEI賞の傾向

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週末に行われるラジオNIKKEI賞の注目ポイントを紹介。

現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。

スポンサーリンク

ラジオNIKKEI賞の傾向

開幕週で行われるだけに、内枠が有利になることは間違いありません。

過去データでは8枠の成績も悪くありませんが、基本的には先行できるタイプでないと厳しいでしょう。先行できても内に入れるかは分かりませんから、やはり内枠を中心に狙うのがセオリーです。

斤量は軽い馬が好成績。

この時期の3歳馬なら、実績がなくても力のある馬が多い可能性がありますね。

血統的には過去10年の勝ち馬は全て父がサンデー系の馬。短距離指向のPサンデー系や、ダート指向のDサンデー系はイマイチです。

穴で注目したいのは、ボールドルーラー系・ストームバード系やミスプロ系などのダート血統です。

ダート的な要素が問われるとなると、Dサンデー系も走っておかしくはないと思いますね。現状は人気薄ばかりなので、一応マークはしておきたいところです。

母父ではダート血統よりも、欧州型の血を持つ馬の好走が多いです。

ロベルト系やキングマンボ系、リファール系などは注目しておきましょう。

前走では古馬相手の1000万下を経験した馬が好成績。

着順はあまり気にする必要はなく、上位人気に推されていた馬や人気を下回る凡走をした馬には注目です。。

500万下だった馬は前走1番人気で1着だった馬しか勝負になっていません。

なかでも、前走で上がり3位以内だった馬は不振です。

ほとんどが東京・新潟からの参戦ですが、切れ味を武器に勝ち上がった馬では今回求められる適性が違うことが原因ではないでしょうか。

狙うなら前目からそれなりの脚で押し切った馬の方が、的中に近づきそうです。

前走がプリンシパルSだった馬は相性が良いですね。

とくに上位人気だった馬や、人気を裏切ったタイプが優秀。こちらは上がり最速馬が3頭全て馬券になっていますが、OPクラスを上がり最速で勝ち切る馬は、そもそも能力が上位である可能性が高いです。

前走がG1だった馬は、着順が悪くても注意が必要です。

1着から0.9秒差以内に走った馬の巻き返しが目立ち、東京で切れ負けしたタイプを狙うのがいいでしょう。

出走予定馬

記事作成時点でのnetkiebaの予想上位人気10頭を紹介します。

・フィエールマン

血統 ディープ系×ニジンスキー系

前走 500万下 1番人気1着

ディープ産駒ですが、母父が欧州型なのでキレで勝負するタイプではないかも知れません。

前走は力が違った印象ですが、スタートが上手くない可能性高く、後手を踏むと展開的に厳しくなりそう。とくに内枠に入ると危険な気がしますね。

無敗ということで過剰人気しそうですし、馬券的には嫌う方向で考える方が良いと思います。

・イェッツト

血統 グレイソヴリン系×キングマンボ系

前走 プリンシパルS 6番人気3着

新馬勝ち後の重賞で3着、格下げの500万で凡走、格上挑戦の前走で3着と強い相手に食い下がるタイプでしょう。

それも人気になるなら妙味はありませんが、内枠なら抑えは必要かなと思います。

・ケイティクレバー

血統 ダンチヒ系×ディープ系

前走 京都新聞杯 5番人気9着

前2走は鞍上が変わり、持ち味の逃げを打つことなく凡走続き。今回は小林騎手に戻るので、恐らく強引にでも逃げる可能性が高いでしょう。

同型がやっかいですが、逃げればしぶといのは証明済み。3番人気となると軸にはしづらいですけどね。

・メイショウテッコン

血統 Tサンデー系×キングマンボ系

前走 白百合S 3番人気1着

こちらも逃げたいタイプです。ケイティクレバーと互いに譲らず競り合えば共倒れになる危険がありますし、控えれば持ち味が活きない。

鞍上も悩ましいでしょうが、予想する側も悩ましいですね。

それなりに人気になるようなら基本的には軽視する方向がベターでしょう。

・キューグレーダー

血統 Pサンデー系×ミスプロ系

前走 500万下 1番人気1着

前走で高速上がりを使っての500万勝ち、傾向的には危ないタイプです。

とくにダノンシャンティ産駒は短縮を得意とし、延長は苦手なので前走短縮で好走した後の延長ローテではパフォーマンスを落とす可能性が高いでしょう。

・キボウノダイチ

血統 レッドゴッド系×Tサンデー系

前走 500万下 7番人気1着

前走はこの馬を買うか買わまいか悩んで買わなかったところ、悠々と逃げ切られたので忘れもしない馬です。

前走逃げて好走したために、今回はパフォーマンスを落とす可能性の方が高いと思います。血統的にも欧州色が強く、ちょっと違うかな…という印象。

・グレンガリー

血統 ダンチヒ系×サンデーサイレンス

前走 500万下 3番人気1着

前走は古馬相手の条件戦を勝利。

スローペースですがロングスパート戦を押し切った内容はなかなかのものです。2走前に同コースを快勝しているのも良いですね。

兄弟には福島重賞を勝っているミトラもいるので、人気がないなら面白そうな1頭です。

・エイムアンドエンド

血統 キングマンボ系×サンデーサイレンス

前走 共同通信杯 10番人気3着

前走は波乱を演出しましたが、レースレベルに疑問がありますね。

母が福島牝馬Sの勝ち馬ということで、福島巧者ぶりを受け継いでいればここでも激走あるかも知れません。内枠をロスなく立ち回りたい。

・ロードアクシス

血統 ミスプロ系×ロベルト系

前走 京都新聞杯 16番人気16着

父がダート型・母父が欧州型で血統的には穴の要素を満たしています。

父ブレイクランアウトは昨年も穴で3着しており、福島勝ちがあるという点も重なります。(距離は違いますが)

短縮で変わり身も見込めるので、警戒が必要な1頭ではないでしょうか。

揉まれ弱いタイプかも知れないので、内過ぎない方が良いかも知れません。(推測)

・マイハートビート

血統 Tサンデー系×ロベルト系

前走 毎日杯 7番人気10着

サトノラーゼンの弟で父がゼンノロブロイだけに、より鈍足でスタミナに寄ったタイプでしょうか。

ゼンノロブロイの当コース成績は優秀ですが、なぜか魅力を感じません。ただ、なぜかは分かりません…

総評

上位人気馬が信頼しきれない感じではあるので、穴狙いが面白そうなレース。

ダート的な適性で言えば、ロードアクシスやラムセスバローズ。将来性ではグレンガリーあたりを狙ってみたいと思います。

スポンサーリンク

フォローする