フェブラリーSと先週の振り返り

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フェブラリーSは武豊インティが圧巻の逃げ切りで7連勝を飾りました。

直線を向いたときに後続を一瞬にして引き離したときは、鳥肌が立ちましたね。

スポンサーリンク

フェブラリーSは久しぶりに痺れるレースでした

最近はG1でも(個人的に)今一つ盛り上がりに欠けるレースが多かったですが、フェブラリーSは久しぶりに観ていてワクワクしました。

サクセスエナジーが距離不安を心配してか、全く行く気配がなかったためペースとしては前後半ほとんどフラットなペースに落ち着きましたが、インティの強さが際立ちましたね。

最後はゴールドドリームに詰め寄られましたが、まだ余力はありそうな感じ。ゴールドドリームもスムーズに運べ、3着には4馬身も差を付けたのは立派です。

これまでダート界を引っ張ってきたゴールドドリームを、新星インティが力でねじ伏せたレースは見応え十分です。

ルヴァンスレーヴといるので、今後はダート界が盛り上がってきそうですね。

そして、注目の藤田菜七子とコパノキッキングは戦前から言っていたように、道中最後方から直線に賭けて見せ場十分の追い込みで盛り上げてくれました。

今回は内を走った馬が上位を占めたことから、明らかに展開は向かなかったにもかかわらず掲示板を確保したのは高い能力の証明でしょう。

今後もこのコンビは継続されるようですから楽しみです。ただ、コパノキッキングに最適な条件が中央ダートG1にないのは残念ですね。

とはいえ、成長次第ではフェブラリーSを制覇することも不可能ではないと思います。

あ、私が本命に推したノンコノユメはレースをご覧になればお分かりのように、スタートした瞬間に終了でした(*´ω`)

その他振り返り

土曜日は東京5Rと京都11Rで◎が1着となり、一気に最近の負債を回収することができましたが、日曜日は残念ながら全敗。予想を晒したらこれなんで、今後はシークレット予想にしたほうが良いのでしょうか(゜゜)

東京5Rは先日記事にした東京芝1800mですが、狙ったのはそこで書いた注目種牡馬ではなく、王道血統のディープ産駒でした。

東京非根幹距離の特注血統
今回は特定の種牡馬ではなく、特定のコースにおける注目種牡馬を紹介します。 今回取り上げるコースは東京芝の非根幹距離である1400mと1...

本命にしたマイネルミュトスは父ディープインパクト・母父ブライアンズタイムで、これは共同通信杯を制したディーマジェスティと同配合です。

マイネルミュトスの血統・戦績からも切れるディープでないことは明白で、非根幹距離ならこのようなタイプが合うだろうと思っての抜擢でした。

他のレースでは日曜の小倉最終でサクラバクシンオー産駒のダイシンバルカンが僅差の4着だったくらいでほとんど見せ場のない結果となりました。

小倉大賞典では、本命のアメリカズカップが3000mくらい走ってるんちゃうかと思うくらいの大外を走り続け惨敗。(フェブラリーS共々、◎がレースに参加できてません)

今開催の小倉中距離は欧州的な血を持つ馬が穴をあけていたように思い、内枠有利を考慮するとサイモンラムセスも一度候補に挙がりはしたんですが…過去の傾向を重視したので仕方ありません。結果的に米国血統を持つ馬は軒並み走らずでしたね。

来週は中山・阪神へ舞台が移ります。

今年は京都開催が例年とは違う差せる馬場になっていたので、阪神で穴馬の前残りが連発する気がして楽しみです。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. アサカディフィート より:

    晒していきましょう!
    自分は先週は+5000円で微妙な結果に…
    土曜日の東京1Rだけいい感じで
    あとは微妙でつまらない感じでした。

    フェブラリーはゴールドアリュールとエーピーインディで攻めて
    見事外れて インティか…と思ってました。
    サンライズノヴァがきてほしかったのに……

    • hide より:

      最初に当たると嬉しい反面、その後当たらなかったときは気分的に負けた気になりますね。笑
      今年は流れが落ち着いたのが米国血統には向かなかったかもしれません。
      今後も存分に(恥を)晒していきます!