桜花賞・その他の回顧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先週行われたレースの回顧です。

桜花賞の回顧

アーモンドアイ嬢へ一言…

疑ってごめんなさい

予想では、ツヅミモンに対して

アーモンドアイの2着後、2番人気で大敗、そして推定18番人気…アーモンドアイの実力は如何に?!

とコメントを書きましたが、先行して差のない競馬をしたツヅミモンも、それなりのレベルにあったことが分かります。

それをブッチぎったアーモンドアイの実力は…強いわ。

レースは全体では綺麗な平均ペースでしたが、前半が速く中盤やや緩む流れ。

各馬力を出しやすい状況ではありましたが、先行した馬は少し分が悪かったなと思います。

やはり、3歳牝馬にはタフなコースで、よほどスローにならない限りは差し脚が活きますね。

本命にしたレッドサクヤも、一瞬見せ場を作ってくれましたが力及ばず。

まぁ十分楽しませてもらったので、馬券は外れましたが満足です。

アーモンドアイは、父がロードカナロアで短距離馬のイメージがあるかも知れませんが、イメージ以上に距離はこなせるはずです。

桜花賞を2番人気以内で連対した馬は、オークスで過去20年間、1着6回・2着2回・3着2回・4着3回・着外は1回のみという成績。

オークスも差し脚が活きる舞台で、ラッキーライラックともに消せる要素を探すのは難しいですね。

何かのアクシデント頼みになる可能性が高そうです。

ラッキーライラックは、前哨戦から少し差しに回る位置取りショックを効かせたかったところですが、1枠ということもあり控えるのは難しい立場だったかも知れません。

てか、鞍上のプレッシャーは凄まじかったでしょうね。

過去には、圧倒的人気のルージュバックやメジャーエンブレム・ソウルスターリングですら連対できなかったことを考えると、鞍上は十分役目を果たしたと思います。

ただ、相手が悪かったと。

オークスでは1番人気を譲ることになるでしょうが、その分マークは緩くなり、立ち回りの上手さではこちらに分があるので、まだ白旗を上げるには早いですね。

リリーノーブルも、力は出し切ったでしょう。

これは完全にラッキーライラックとの勝負付けは済んだと思われます。

マウレアも、強行軍のなか良く走りました。

4着以下は、ちょっとしたことで着順が入れ替わる力関係だと思われます。

ただ、やはり先週に続き、戸崎騎手の騎乗には納得できない人が多いのでは…

外を伸び伸びと走らせて末脚を活かすプリモシーンで、まさかの大外枠から最内を選択。

ごちゃついた馬群を捌けず、一番不完全燃焼に終わったのはこの馬だったと思われます。

もう若手にチャンスあげて。

今年のオークスは、桜花賞組が上位2頭を負かすのは難しいでしょう。(プリモシーンだけは可能性ありそう)

フローラS組や、日曜日に忘れな草賞を勝ったオールフォーラヴが、どこまで迫れるか。

馬券的にはちょっと厳しそうですね。

阪神牝馬ステークスの回顧

前哨戦らしいスローの流れで、レースとしては凡戦でしたね。

突如逃げたミスパンテールがそのまま押し切り、2番手につけたレッドアヴァンセが粘りこみました。

本命にしたミエノサクシードは、わざわざ内枠から外へ出した騎乗には納得できませんが、いずれ重賞でも好走するでしょう。

ミスパンテールはここで逃げたことで、次走は厳しいレースになるのではないでしょうか。

上位人気になる可能性が高くなったので、馬券的には嫌って美味しいタイプになりそう。

リスグラシューは軽く凡走したことで、次走へ向けて良いトライアルになりましたね。

直線の伸びは秀逸で、ハーツ産駒らしく古馬になっても走れそうです。

後方にいた馬に関しては勝負にならないレースでしたが、本番で上積みがあるとしたら…

アドマイヤリードジュールポレールくらいでしょうか。

ともに昨年より鮮度はないので、それほどそそられることもありませんね。

ニュージーランドトロフィーの回顧

久々に重賞で本命馬が好走しました!(大歓喜)

ただ、1.2着は全く想定外のディープ産駒ということで、まだまだ波に乗れていません。

レースは平均ペースですが3~4角で少し緩み、そこで押し上げてスピードに乗った上位2頭が展開的にもハマりましたね。

外から勢いをつけて上がってきた馬が好走したところ、本命のデルタバローズは内で包まれて仕掛けが遅れたことが災難でした。

上手くスパートできていれば、頭まであったんじゃないかと思っただけに残念。

重賞でやれる力は見せましたが、短縮で位置取りショックもあったなかでの3着は、能力的な限界も見せたのかなという印象もあります。

次走人気なら、危険なタイプとなりそうです。

後方待機馬が上位を占めたレースで、先行したラムセスバローズはまだ見限れないでしょう。

ダートでも走りそうですが、ダートなら確実に人気しそうなので芝で走ってもらいたいですね。

正直、上位2頭のディープ産駒が強いのかどうか、私には判断できません。

そんなに強い印象はないんですけどねぇ。

平場の回顧

土曜日は福島6R・12Rで勝負。

ともに6着と微妙な結果でした。

てか、福島12Rの◎モハーは、推定11番人気が確定オッズでは5番人気。

私の影響力がここまで強いとは…(違う)

日曜日は阪神6Rの◎エーデルワイスが推定8番人気で確定オッズが3番人気。

私の影響力がここまで強いとは…(違う)

好スタートを決めたのに、逃げずに控えたのがちょっと不満足です。

中山11Rは◎セカンドテーブルが2着に好走。

スタートを決めてスッと逃げれそうでしたが、後手を踏んだアクティブミノルがゴリゴリ絡んできてかなりのハイペースに…

クウキヨメヨコノヤロー!!

おかげで、最後の最後に交わされ2着でした。

危険な人気馬と判断したペイシャフェリシタに勝たれたので、なんとも微妙な結果です。

まだOP3走目の鮮度ある状態なら、無理に嫌う必要がなかったのか…

ビシっと当てるのは難しいですね。

福島12Rは◎フェアラフィネが惜しくも4着。

もう少し位置取りを下げてくるかと思いましたが、健闘したもののジリジリとしか伸びずに残念でした。

てか、前残りの流れを1頭だけブッコんで来る馬がいるのは一体何なのか…

先週は土日ともに4レース中1レース的中となりましたが、複勝しか当たらなかったので若干のマイナスでした。

まぁ複勝回収率だけならプラスでしたが、複勝でしのいで単勝・馬連で跳ねるのを待つ作戦で、今年はいい結果を残せるように頑張りたいですね。

スポンサーリンク

フォローする