皐月賞・アーリントンカップの回顧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

牡馬クラシック第一弾・皐月賞は”あの”戸崎騎手騎乗のエポカドーロが優勝しました。

上位人気3頭が総崩れとなり、今年の皐月賞は波乱の結果となりました。

スポンサーリンク

皐月賞の回顧

戦前はアイトーン・ケイティクレバー・エポカドーロ陣営が逃げ宣言をしていました。

予想の際に、浜中・戸崎騎手が強引にレースを引っ張りに行くイメージが湧かず、あっさりとアイトーンが逃げるんじゃないかと書いた通り、あっさりと先行争いから引き下がりましたね。

むしろ、出負けしたアイトーンが押していった途端、戸崎騎手はすぐに手綱を引っ張り最初から逃げる気なんかサラサラなかったように見えます。

浜中騎手もやはり全く行く素振りなく、なんとなく分かっていたとはいえ信じて馬券を買った人にとっては煮え切らない思いでしょう。

なにより、この晴れ舞台で乗り替わられた小林騎手が一番悔しいのでは…

駆け引きがあるのは分かりますが、なんとも煮え切らない思いです。

結果的にジュンヴァルロが予想外に絡んでいったことで前3頭がぶっ飛ばす流れとなり、形は違えど大方の予想通りのハイペース消耗戦となりました。

エポカドーロは力があるのは間違いないですが、今回は実質逃げた形となって最も展開に恵まれたのは間違いないでしょう。

他の有力馬がほとんど力を出し切れていないことからも、ダービーでの打倒ダノンプレミアム筆頭とはまでは言えないと思います。

今回は控えたことが結果的に奏功して鞍上の好判断となった形ですが、後はただ回ってきただけにも思えますし、今後も鞍上には大一番での大駆けに期待するのは厳しい気はします。(どんだけ嫌いやねん)

いや、別に特定の騎手が嫌いとかそういうことはないんですけどね。ただ、競馬界を代表する一人として、見応えのあるレースを作って欲しいとは思います。

サンリヴァルも展開が向いて馬場も味方しましたね。

戦績だけ見れば安定感がありますが、現状では何かしら恵まれないと上位に来るのは厳しい印象。良馬場ならダービーでは用無しでしょう。

ジェネラーレウーノはあの展開でよく粘りこみました。

一般的にはこの馬が一番強い競馬をしたと見られるかも知れませんが、厳しい流れだったからこそ好走できたとも言えます。ゆくゆくはグランプリレースで激走に期待したい。

瞬発力勝負となると間違いなくトップクラスには敵わないので、残る2冠も馬場が悪化しなければ厳しい戦いとなるでしょう。

今回は本命にして期待に応えてくれたので、素直に感謝です。

ステルヴィオ・キタノコマンドール・グレイル・ワグネリアンは展開的に厳しかったですね。

それを覆して差し切れるほど圧倒的な力を持っているわけではなく、とくにディープ産駒の2頭にとっては今回はどうにもならないレースです。

大激戦のなか、キタノコマンドールがハナ差でダービーの権利が取れたのは大きいですね。

ダービーで条件が好転するのは間違いなくディープ産駒2頭ですから、キャリア2戦の身でこの厳しい流れをトップクラスと互角の勝負をしたキタノコマンドールは大いに期待できます。

ワグネリアンはやはり大一番で思い切った騎乗ができない鞍上が不安。

ステルヴィオは距離が伸びても広いコースの方がパフォーマンスを上げる可能性があります。

ハーツ産駒2頭はやはり皐月賞では…ということでしょう。

グレイルは見応えある末脚でしたが、タイムフライヤーはちょっと物足りない走りでした。

体調面なのか精神面なのか分かりませんが、ダービーではグレイルの方が期待できるかも知れません。

レースとしては玉砕覚悟で一世一代の勝負を賭ける馬が飛ばし、ハラハラする展開で見応えがあって面白かったですね。

やはりG1でドスローなんて面白くないですから、こういったレースが増えて欲しいですね。

ダノンプレミアムがダービーに間に合うのかは分かりませんが、皐月賞を終えた時点での打倒ダノンプレミアム筆頭はキタノコマンドールだと思っています。

アーリントンカップの回顧

ラブカンプーがもう少しゆったりと行くかと思いましたが、思いのほか速い流れを作って本命のダノンスマッシュもそれについていく形に。

インディチャンプまで先行するのは予想外で、結果的には後方にいた馬が上位に来ました。

桜花賞とほぼ変わらないペースで流れていますから、ちょっと前の馬にはしんどい流れだったのではないでしょうか。

タワーオブロンドンは本質的にはマイルの馬ではないように思いますが、この時期ならまだまだ格上でしたね。

ただ、馬体重が-8㎏と減っていたことが若干気になります。本番でもマイル続きとなりますし、中2週となるローテーションでストレス・体調面がどうなるか。

今のところ、別路線組にやられそうな予感がしています。

パクスアメリカーナは流れが厳しくなったのが向いたでしょうか。

切れる脚を使うタイプではなく、適度に上がりがかかったのが良かったと思います。

NHKマイルCは昔からヴァイスリージェント系に相性が良いレースで、高速決着になれば大いにチャンスはあり。

ただし、この馬もデビュー以来馬体重が減り続けているのは気になりますね。

レッドヴェイロンは前走逃げから一転、ほぼ最後方からの追い込みでした。

このあたりがデムーロらしいですね。桜花賞でもレッドレグナントで同じように後方からでしたが、やはりハマると怖いです。

その分、ここで好走した反動が本番に影響する可能性は大きく、間隔詰まって再度激走となると少し厳しいかも知れません。

インディチャンプは直線で内によれた分だけ交わされた格好ですね。

展開を考えると最も強かった内容ですし、悲観することはないと思います。

賞金的にNHKマイルCはどうなんでしょうか…?

近親のネオリアリズムにイメージが被るので、今後もマイルから中距離の短縮時に狙いたいです。

ダノンスマッシュは距離延長のなか、前半の流れが前走と同じで先行する形ではさすがにしんどかったかなと思います。

展開不向きでまだ見限るには早いと思いますので、今後も広いコースで注目です。

6着以下で注目したいのはラセット。

モンテロッソ産駒は内枠が合う可能性が高く、今回は常に大外を回ってきたことで力を発揮できなかったと思います。

坂・内枠・短縮が絶好の狙いとなるので、条件に合致するときは積極的に狙いたいですね。

その他の回顧

先週は平場のレースが散々でした。

本命馬は全く見せ場なく、危険だと思った人気馬に次々と走られ…

まぁそんなときもあると割り切るしかないですね。

ここまでが順調だっただけに、多少停滞しても仕方ないと思います。

痛恨だったのは土曜日の阪神4R・未勝利戦。

未出走馬に狙いを定め、2頭のうちハズレを引いてしまいました。

直前に、人気を考えるとレーヌルネサンスが来たら嫌やなぁとは思いましたが、血統面からディープ産駒を選んでしまいました。

レーヌルネサンスはあのクィーンスプマンテ産駒でもあり、穴血統は母から仔へ受け継がれていますね。

延長で危険だと思ったオルフェ産駒のアドラータでしたが、ハナを奪ってすんなり行けたのが好走の要因でしょう。

2.3番人気が絡んでレーヌルネサンスの複勝が1,360円…

ここを仕留めていれば余裕でプラスになっていただけに、ちょっと悔しい一戦でした。

皐月賞で◎ジェネラーレウーノの複勝とサンリヴァルとのワイドが的中したので、大負けせずに済んだのは次週へ向けて気持ち的にも楽になったので良かったです。

てか、キタノコマンドールはDMMバヌーシーで募集されていた馬ですが、世間的には北野たけし所有の馬みたいなイメージになっていませんか?

まさかたけしさんが全て出資している…わけはないですよね。

なんかの会見で将来的には凱旋門賞がどうたら~と言っていましたが、個人の所有馬みたいな発言はちょっと違和感を覚えました。

皐月賞の予想はこんな感じでした。

【2018】皐月賞の予想
【2018】皐月賞の予想です。 出走馬をA~E段階で評価し、各評価の定義は以下のようにしています。 ※2月より定義を改定しました...

アーリントンカップの予想はこんな感じでした。

【2018】アーリントンカップの予想
【2018】アーリントンカップの予想です。 出走馬をA~E段階で評価し、各評価の定義は以下のようにしています。 ※2月より定義を...

モンテロッソは今後注目の種牡馬です。

ミスプロ系の特徴
大系統ミスプロ系 ミスタープロスペクターは、1970年代にアメリカで生まれ、競走成績はパッとしませんでしたが種牡馬として大成功。 今...
スポンサーリンク

フォローする