福島牝馬S・フローラS・マイラーズCの回顧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先週行われた3重賞の回顧をしていきます。

福島牝馬Sの回顧

あまり配当妙味がないと感じ、予想を挙げたものの積極的に買いたいと思わなかったレース。…そんなときに限って本命が勝つのですから、良くも悪くも自分の予想センスに驚愕です。

前日オッズでは◎からトーセンビクトリーとカワキタエンカの馬連にほとんど差がなかったため、カワキタエンカを無理に嫌う必要もないかなとは思ったものの、馬券は結局◎-○▲の馬連と▲とのワイドだけに。

2.3着が違えば馬連で大きく回収できていただけに、ちょっと残念でした。まぁ買うかどうかも迷ったレースで当たっただけラッキーと思っておきましょう。(悔しい)

レースは中山牝馬Sと同様にカワキタエンカが引っ張る流れですが、やはり前走ほど楽逃げはできずに少頭数のわりに締まった流れとなりました。

それをゴール寸前でデンコウアンジュに交わされそうになりながらも盛り返したカワキタエンカは力を付けましたね。

ヴィクトリアマイルに出走するなら同型がいるかどうかがポイントになりそうで、単騎逃げが濃厚なメンバーなら注意が必要でしょう。とはいえ、それなりに人気もしそうなので扱いは難しいです。

キンショーユキヒメは立ち遅れて腹を括った後方策がハマった感じですね。

瞬発力で差し切るタイプではないので、重賞レベルなら非根幹距離の方がパフォーマンスを発揮できそう。脚質のリスクがあるので、人気ならお茶を濁す扱いが妥当です。

デンコウアンジュは昨年とほぼ同じでしたね。

大きく力が衰えていることはなく、展開一つで上位争いができるのでヴィクトリアマイルでも人気がなければ相手の1頭に加えておくほうが良さそうです。

トーセンビクトリーは馬体が減り続けている影響か、衰えなのかがちょっと分かりません。状態がまともならここはもう少し走れたはずですが、鮮度的にも下降線を辿っている可能性があるので、人気では手を出しづらくなりそうです。

レイホーロマンスは4コーナーで進路が狭くなった影響もあるとは思いますが、激走続きのストレスあるなかでの内枠も良くなかったと思います。

それでもこれだけ走れているので、今後しばらくは重賞戦線でも侮れない存在です。後方からなので基本的には人気薄で狙ってこそ…ですけどね。

ワンブレスアウェイは…いつになったらまともに走れるのでしょうか。

今回も出遅れ、4コーナーで進路が狭くなる形で力を発揮したとは思えません。スタートを決めて好位の内で脚を溜めたときの走りを見てみたい。

少なくとも、重賞の一つや二つは勝ってもおかしくはないと思うんですけどね。

7着以下の馬は、重賞では少し厳しい印象です。

フローラSの回顧

本命にしたオスカールビーは、スタート直後のコーナーで外からノーブルカリナンに被されて後退。直線ではサラキアにタックルをされ、鞍上の蛯名騎手は「競馬にならなかった。落馬しなくて良かった」と言うほどの不利を受けていました。

内枠にはそういったリスクもあるので仕方ないとはいえ、落馬するかもと感じることが審議にもならないんですね。まぁ蛯名騎手はよく落馬しなくて良かったと言っている印象がありますが。笑

サトノワルキューレは前残りのレースを最後方からブッコ抜く、能力の違いを見せ付けた格好です。オークスの3番人気が濃厚となりましたね。

ただ、今回も馬体が減っていたことが気になります。本番では再輸送もありますし、少なからず反動は出そうな気が…

本番の結果はどうなるか分かりませんが、ポテンシャルは相当高いと思われるので秋以降も楽しみです。

パイオニアバイオはクラシックでも活躍したアニメイトバイオの仔なので、血統的には通用しても不思議ではないですが大外では厳しいと全くのノーマークでした。

先行馬に有利な流れだったとは思いますが、それにしても外々を回しての2着は立派。

ルーラーシップ×ゼンノロブロイなので、内で揉まれるより外で揉まれずに走る方が力を発揮できるタイプなのでしょう。

オークスも流れ次第ではひょっとすると…ひょっとするかも知れません。

ノームコアは前走のストレスは多少あったとは思いますが、大外からでもパイオニアバイオほどのロスがなかったことを考えると重賞レベルでは少し足りないかなという印象。

好位から競馬ができる分、恵まれる可能性は高いので安定して力は発揮しそうですね。

サラキアは直線で一瞬の加速が目を引きました。

進路取りに手間取り真っすぐ走れなかったのが勿体なかったですが、能力は高そうです。桜花賞に出走していれば好勝負できていた気もしますね。

今回を凡走と取られて人気落ちすれば美味しいですが、まぁ今後も人気するでしょうね。

ファストライフ・ウスベニノキミ辺りはこのレースに向く血統なので、適性で上位に来たという感じです。スピードが問われる条件では苦戦するのではないでしょうか。

ウスベニノキミはオスカールビーと同じく最初のコーナーで不利を受けていたので、スタミナが問われる小回り重賞で注目しておきたいです。

レッドベルローズが案外な結果でした。

鞍上のコメントからもそれなりに力は出せたと思われるので、スタミナ寄りのレース質には向かなかったのかも知れません。

マイラーズカップの回顧

ガチガチ決着で参戦せずに正解でした。

開幕週の京都で瞬発力になると危険だと見たモズアスコットが、まさかの先行策で極端な瞬発力勝負にならなかったは予想外でしたね。

ここは単純に上位馬と4着以下では力差があったレースでした。

マイラーズカップは本番へ繋がりにくいレースです。過去10年の安田記念では、ここで連対した馬は14頭中1頭しか馬券になっていません。

本番へ向けて最も良い叩き台になったのはエアスピネルでしょう。ただし、マイル重賞の鮮度は低いので勝ち切れる可能性はそれほど高くはない気がします。

また、過去の連対馬と今年の連対馬の大きな違いとして、今年は2頭とも比較的トップクラス鮮度が高い点が挙げられます。

サングレーザーは昨年のマイルCS・阪神Cでも厳しい流れでしっかり走っているので、完全に本格化した印象。

モズアスコットも東京マイルG1なら切れ不足を補える可能性が上がるのでは。

マイラーズカップの連対馬不振のデータでオッズに旨味が出れば、逆にそこを狙ってみたいとは思いますが…果たして。

てかモズアスコットは賞金的に出れるのか?

その他のレース

土曜日は福島9Rで◎ジャコマルが快勝。

推定11番人気だったのが最終5番人気て…私の予想の影響力が強すぎたようです。(気のせい)

京都7Rで本命にしたシンシアズブレスはゲート入りを嫌がり、道中もかかり気味。体力切れかアクシデントか分かりませんが、直線ではほとんど追われることがありませんでした。

力はあると思うので、1200mにでも短縮してくればまだまだ狙える1頭だと思います。

そして、土曜日は福島メインで勝負しきれなかったショック以上に衝撃だったのは…

東京最終レースの◎サバイバルポケット(10番人気)が

アタマ差の4着(´;ω;`)ウッ…

目論見通り逃げの手に出て、直線でも手応え良く走っていましたが…最後に差されたのが読めない相手のなか2頭だけ選んだうちの1頭という皮肉。

複勝の下限が9倍もあったので、このアタマ差は収支的にも大きかったです。

レースはリアルタイムで見ておらず、結果をスマホでチェックしたときは友人とビリヤードをしていたのですが、結果を見て動揺したのか普段あまりしないミスをしてしまいました。笑

土曜日に遊んでいたので、日曜日の予想をする時間がほとんど取れずにブログには挙げませんでしたが、フローラSと福島の2鞍だけ参戦しました。

福島6Rでは本命にした馬が2着でしたが、圧倒的1番人気が切れなかったため複勝を買わずに絞って少しだけ買いましたが…1番人気がぶっ飛び。馬券は外れ、複勝は3.8倍まで跳ねて下手クソっぷりを見せ付けました。

もう1鞍は…察してください。

複勝メインで勝負をしているとき、圧倒的人気が切れないと感じたら勝負するものではないですね。複勝の下限が1.9倍とかだったので、複勝に突っ込むのはリスクが高いです。

…記事を書いているときに確認したら、最終1.6倍になっていました。

うん、多分買わなくて正解だったと思います。(思いこみます)

先週は◎が2頭勝ち切ってくれたものの、福島牝馬Sは超少額勝負だったので収支的にはトントンで終わってしまいました。

京都芝が例年以上に外差しが決まっているので、ドル箱コースにできないと厳しくなるかも…と少し不安です。

それでもエアレーションの効果で次第に前有利が顕著になっていく可能性も十分あるので、京都はひたすら前狙いを徹底していくつもりです。

競馬は前に行く馬が有利です。

競馬の絶対的法則「逃げた馬・先行した馬が絶対有利」
競馬は逃げ馬を買えば儲かる。 この格言には、少しだけ誤りがあります。 何が違うのか、みなさんはお分かりでしょうか? なぜ競馬は...

馬番の偶数奇数を意識すれば成績が向上するかも。

競馬は後入れの偶数番が有利である
競馬は後入れの偶数番が有利…と聞いたことがあるでしょうか? 競馬では、奇数番が先にゲートに入り、偶数番は後から入ることになります。 ...

人気馬が消えるレースを狙い撃て!!

1番人気が消えるレースを買えば儲かるのか?!
競馬では、1番人気が消えるレースだけを買えば儲かることをご存知ですか? よく人気馬ばかり買っていては勝てないと言われますが、逆に人気馬...
スポンサーリンク

フォローする