天皇賞(春)・青葉賞の回顧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先週行われた天皇賞(春)・青葉賞の回顧をしていきます。

スポンサーリンク

天皇賞(春)の回顧

まず、予想はぐうの音も出ないほどの大惨敗。

危険な人気馬としたレインボーラインに勝たれ、信頼できない人気馬としたシュヴァルグランが2着。クリンチャーもどうだかなぁと思っていましたが、結局上位人気3頭の決着でした。

まぁこのレースに関しては、正直レベル的には大したことはなかったと思われます。道中は珍しく日本人騎手が捲る展開となり、見応えはありましたね。

レベルはさておき、皐月賞に続くG1に相応しい一戦だったと思います。

勝ち馬レインボーラインはストレスが心配でしたが、前走より頭数増で集中できたこと、例年より時計が掛かり気味で後方からでも届きやすい馬場も味方したのでしょう。

これまでワンパンチ足りないレースが多かったですが、ここで勝ち切れたのはメンバーにも恵まれた感はあるので、今後も馬場の助け等がなければ厳しいレースになるのではないでしょうか。

シュヴァルグランはしっかり巻き返しましたね。とはいえ、1番人気で2着と人気は裏切った形となるのでハーツ産駒らしい結果です。

毎年ここで好走して宝塚を凡走しているように、好走後は反動が出やすいタイプ。年齢的にも上がり目は望めないので、今後はいかにフレッシュな状態で走れるかに注目です。

クリンチャーも例年ほど時計の出ない馬場が味方したでしょうね。速い上がりは全く使えないので、今後のG1では宝塚記念・有馬記念しか出番はないのでは。

秋は凱旋門賞に挑戦するようですが、血統的には秋天やJCに出走するよりはチャンスがあるようにも思います。

ミッキーロケットは内枠が上手くハマった感がありますが、やはりキングカメハメハ産駒にこの舞台は厳しいと思われます。

G3レベルならまだまだやれそうですが、G2レベルで好走するには何か刺激が欲しいところですね。今後の扱いが難しいです。

チェスナットコートはちょっと内のメリットを活かしきれなかった流れになりました。

2週目3コーナーの坂でクリンチャーの後ろを取っていれば、もう少しロスなく運べたかも知れませんが馬群が密集していたので詰まるリスクも高くなりますし難しかったでしょうね。

好走続きの疲労で次走はちょっと危うい気もしますが、今後重賞でも目が離せない1頭です。

青葉賞の回顧

こちらは人気馬の取捨は良かったものの、本命候補にも考えたエタリオウを外枠で嫌ったのが裏目に出ました。

前後半60.8秒-58.6秒の2秒の後傾ラップで前が有利な流れでしたが、東京は比較的時計が出ているので騎手の体感的にはスローには感じなかったのかも知れませんね。

デムーロだけは早めに押し上げましたが、枠的にも流れ的にも今回は厳しかったでしょう。実質スローのわりに縦長の隊列で、後方で直線に賭けても届かなかったと思います。

展開を考えるとスーパーフェザーは強かったですね。上手く立ち回れたゴーフォザサミットも後続を2馬身離したのも立派ですが、展開ひとつでひっくり返せる気がします。

ダノンマジェスティはさすがに外を走りすぎた感じがしますが、それなりに走っていますしこの展開を覆せるほどの力はなかったと見ていいでしょう。

オブセッションが見せ場なく沈んだのは精神的なものが影響しているのでしょうか。さすがに負けすぎとは思いますが、今後もちょっとアテにはしづらいですね。

今後に注目したいのは最下位に沈んだダブルフラットです。

最初は高評価を考えましたが、鞍上を見て逃げる可能性が低くなりそうだったのでやめました。案の定、逃げないどころか思いっきり馬群に揉まれる形となり、力を出せなかったと見ています。

マンハッタンカフェ産駒なので、相手弱化で積極策を取ればあっさり巻き返せると思います。

その他の回顧

平場の予想では日曜の東京1レースで本命馬が好走、相手も好走してくれましたが思ったより配当が安くなってしまいました。

京都最終では大穴を狙って前目から5着と健闘しましたが、先週の京都ダートはバンバン差しが決まっていたので展開が厳しかったですね。

先週の京都ダートの差し決着を先行して失速した馬は、次走以降の巻き返しに期待ができると思います。

スポンサーリンク

フォローする