NHKマイルカップ・京都新聞杯・新潟大賞典の回顧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先週行われた重賞を振り返ります。

3歳マイル王となったのはディープ産駒のケイアイノーテック。

鞍上は嬉しいG1初制覇となり、周りから祝福されている場面は藤岡騎手の人柄の良さを象徴するかのようなシーンでしたね。

土曜日にも京都新聞杯を制し、先週は藤岡ウィークとなりました。

NHKマイルカップの回顧

ペースは前後半ほとんど差のない流れとなりましたが、直線では内でごちゃついたこともあり外を伸び伸びと走れたケイアイノーテックが豪快に差し切って優勝。

前後ろの有利不利はとくになかったと思いますが、4角ほぼ最後方から差し切った末脚は見事でした。行き脚が付かずに腹を括った騎乗が功を奏した結果になりましたね。

今回のレースでケイアイノーテック・ギベオン・レッドヴェイロン・ミスターメロディの上位4頭は不利を受けることもなく、力を発揮できたと思います。

5着プリモシーンは内を狙いたかったのか、直線に入ってしばらく外へ出さずにいましたが、結果的にその分だけ外からスピードに乗ったケイアイノーテックとの差が出た感じがします。

脚を余して力は出し切れたとは言えませんが、この馬に関しては常々そのリスクはあることを考えておきたいですね。

直線半ばで内がかなりごちゃついたことで、タワーオブロンドンは全く走れませんでしたね。

ギベオンとパクスアメリカーナが内へササったことで、ダノンスマッシュ・カシアスが煽りを喰らい、カシアスの内にいたカツジやタワーオブロンドンにも影響があったと思います。

カツジ・タワーオブロンドン・フロンティア・ファストアプローチもごちゃごちゃしていましたし、着順ほど悲観する必要はないかも知れません。

スムーズでもどれだけ上位に来れたかは分かりませんが、やるたびに着順が変わりそうな一戦だったなという印象ですね。

人気の一角、テトラドラクマの走破時計は前走時とそれほど差がありません。高速適性の無さなのか、まともに走れなかったのかの判断は難しいところです。

京都新聞杯の回顧

前半1000mが58.5秒とハイペースかと思いましたが、時計も速く前後半で考えると平均ややハイ程度だったでしょうか。

皐月賞のエポカドーロのように、離れた2番手を進んだステイフーリッシュには楽な流れ。減った馬体も戻り、状態はかなり良くなって気分よく先行できたことで本来の力を出し切れた結果でしょう。

2着には本命のアドマイヤアルバが見事な捲りで好走してくれましたが、ステイフーリッシュを侮っていたため複勝しか取れず…いつもより手広く流していたのに馬連が取れないところにセンスのなさを感じます。

このレースではケイティクレバーが逃げると考える人が多かったと思いますが、予想の段階で鞍上と陣営のコメントから逃げる可能性は低いと書きました。

逃げるのはおそらくメイショウテッコンと書き、実際にケイティクレバーは全く行く素振りを見せずにメイショウテッコンが逃げます。

結果、メイショウテッコンは前走1秒差の大敗から重賞で僅差の5着とパフォーマンスが上昇。ケイティクレバーは見せ場なく凡走しました。

ケイティクレバーは逃げなかったことで力を出せなかったのか、速い時計勝負に対応できないのかは現状まだ見極めがつきません。まぁどちらも当てはまる気がしますけどね。

今回のレースで思ったのは、騎手によっては逃げる選択をしづらい人は間違いなく存在するということですね。

推測ですが、四位騎手はその場のレースを好走させることよりも、馬に競馬を教えることを優先させようとしているのではないでしょうか。

逃げてしまえば今後のレースにも影響が出かねないとも言われますし、より大きいところを狙うには控えて我慢することが重要になります。

そのレースでは前に行った馬、とくに逃げた馬が有利になるのは間違いないですが、逃げる馬を予想する際に騎手は重要なファクターになると感じました。

ちなみに、2017年以降の四位騎手は騎乗数が476回に対し、逃げたのは僅か24回。逃げる割合が多い騎手は騎乗数に対して10%前後となっているところ、四位騎手は5%です。

逃げることを想定して穴馬を狙う際、四位騎手が騎乗するときは避けた方が無難でしょうね。

新潟大賞典の回顧

一言で言うと、ドスローの凡戦でした。

ラスト3Fを200mで区切ったラップで、2回10秒台が記録されたことは異常とも言えるペースです。それでいてラスト1Fもそれほど落ちず、単純に前いた馬が恵まれたレース。

トリオンフは完全に瞬発力で劣った形で、もう少し積極的に流れを上げていく方が良かったでしょう。

ステファノスも後方で何もできないレースでしたが、この馬はいつも前哨戦は走らないのでノーカウントです。

映像を見る限り、ほとんど直線に向いたときの順番のままゴールしているのではないでしょうか。レースとしては見応えはなく、少し残念です。

こういうところで若手がもっと頑張らないとどうすんねんって思いますね。

さて、来週はヴィクトリアマイルです。

アエロリット・カワキタエンカ・ミスパンテールあたりが前を主張するでしょうから、それなりに流れる可能性は高い。

高速決着になることが予想されるので、それに対応できる馬を上手く見付けたいですね。リスグラシューは、ちょっと危ないんじゃないかなと見ています。

てか、ミスパンテールは今回また追い込みに戻りそうな気がしないでもない…

2017年の逃げ選択率が高かった騎手データです。

【2017年度版】逃げ選択率の高い騎手
ここでは、騎手ごとに騎乗数と逃げた回数をまとめました。 競馬では逃げた馬が圧倒的に有利な事実があります。 どの馬が逃げるかは分か...

競馬は前に行く馬が有利です。

競馬の絶対的法則「逃げた馬・先行した馬が絶対有利」
競馬は逃げ馬を買えば儲かる。 この格言には、少しだけ誤りがあります。 何が違うのか、みなさんはお分かりでしょうか? なぜ競馬は...

昨年のヴィクトリアマイルで紹介した傾向です。

【2017】ヴィクトリアマイル
今週末に行われるヴィクトリアマイルの傾向と展望です。 古馬牝馬の一線級が集まりますが、過去には2000万馬券が飛び出るほど大荒れのレー...
スポンサーリンク

フォローする