優駿牝馬とその他の回顧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先週の回顧です。

桜花賞に続いて圧倒的なパフォーマンスを発揮し、見事二冠を達成したアーモンドアイ。

果たして、同世代の牝馬以外を相手に今後どのようなレースを見せてくれるのか、今から楽しみですね。

スポンサーリンク

優駿牝馬の回顧

ペースは前後半が同じ59.6秒となっていますが、サヤカチャンが後続を離しての逃げを打っていたため、実質2番手以降はややスローでした。

好位にいたグループが能力的にも上位だったため、後方にいた馬には厳しかったですね。

勝ち馬アーモンドアイは好スタートからいつもより先行する形に。

若干掛かり気味に見え、おいおい大丈夫かと思いましたがすぐに落ち着き、終わってみれば完勝でした。

直線では他馬が懸命に追うなか、まだまだ余裕のありそうな手応えだったので底が見えません。位置を取りに行ってもあっさりこなしてしまうとなると、今後どうやって粗を探すかに苦労します。

レースの流れからして、いつもの位置だとリリーノーブルを捕えきれなかった可能性はあったと思います。

それをいきなり圧倒的人気馬でいつもより前に付けてレースを進めるところが、やはりトップジョッキーたる所以なのでしょう。

正直、ダービーでダノンプレミアムとの対決を見てみたかったですね。

リリーノーブルも完璧なレース運びでついにラッキーライラックを逆転。

生まれた年が悪かったと言うしかありませんね。

ラッキーライラックを逆転できたのは能力が高いのはもちろんですが、血統的に延長への対応力の差があったと見ています。

小回りの秋華賞では、少し評価が難しい1頭となりそうです。

ラッキーライラックは800mの延長が応えたのかも知れません。

この馬のパフォーマンスが落ちたのか、単に上位2頭のパフォーマンスが上昇したのか。素人目ではラッキーライラックのパフォーマンスがこれまでに比べると物足りない感じでした。

オルフェーヴル自身は成長力のある血統ですが、ラッキーライラックの母系はアメリカンな早熟血統なので、これまでは完成度の高さで圧倒していた可能性もあります。

それでも世代トップクラスには違いありませんし、秋の復権に期待したいですね。

本命にしたパイオニアバイオですが、やや後手を踏んで想定より後方からとなってしまいました。切れる脚がないだけに、この流れではどうしようもなかったですね。

それどもよく走っているので、能力はそこそこ高そうな気がします。

今年の3歳牝馬戦線は上位馬が強いですね。

現状では1強+2強、秋にはこの3頭を脅かす上がり馬が出てくるのかどうか。

楽しみです。

その他の回顧

先週は久しぶりに土日で全敗でした。

土曜日は京都の馬場が見当違いだったこともありますが、5月になってから本命馬の成績が若干不安定になってきています。

もとから安定感はないですけどね。

最近、ちょっと新しい戦略を試してみようかと考えていますが、今までの考え方を変えるのはなかなか難しいので悪い方向にいかないかビビっています。

競馬で勝つためには日々試行錯誤が必要だと思うので、長く競馬を楽しむためにも色々やってみたいとは思います。

それでも1番人気を本命にしようとは思いませんけどね。

アーモンドアイも終わってみれば完勝ですし、買った人からすれば勝つのは当たり前と考えているかも知れません。

ただ、オッズが低いからといつもより資金を多く投じるのは危険ですし、買うとしたらいつもと同じ投資資金で点数を絞り、的中時に満足できる回収率を取れる買い方をするべきだと思います。

単勝1倍台でも、トータルでは半分は負けます。5回に1回は連を外します。

1倍台から的中しても、レース回収率が200%程度では効率が悪いとしか思えません。ましてやトリガミともなると、いよいよヤバいんじゃないでしょうか。

私が圧倒的人気でも本命にしないのは、目の前のレースを当てようとは思っていないからです。(言い訳)

競馬に不利やアクシデントは付きものですし、それがどんなに強い馬であっても何が起こるかは分かりません。

人気馬で高い回収率を出しにくいのは、間違いなくそういった面が影響しています。私の目標はそのレースを当てることではなく、競馬(馬券)で勝つことです。

そのためにはどれだけ強そうな馬がいても、それが圧倒的人気になっているなら軸にすることはできません。

もちろん、それで結果が出せる技術があるなら構いませんが、私にはそのような技術がありませんので、穴馬をコツコツと探すことに力を注ぎたいと思います。

さて、ダービーはダノンプレミアムで大勝負でもするか。

スポンサーリンク

フォローする