東京優駿とその他の回顧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先週の回顧です。

福永騎手がついに悲願のダービー制覇となり、特別思い入れのある騎手ではないですが感動しましたね。

馬券的には指示を集めた2頭がともに圏外に沈み、三連単がダービー史上最高配当となったそうで大波乱の決着。

予想段階で大荒れもあると書きましたが、この結果は私には何度予想しても当てるのは無理だと思います。

スポンサーリンク

東京優駿の回顧

ペースは皐月賞とは一転、馬場状態を考えてもかなりのスローでした。

8Rの古馬1000万下と比べても0.7秒遅い勝ち時計で、馬場の内外以上に前が有利な展開だったと思われます。

福永騎手がようやく戴冠を果たしたことは感動的でしたが、G1レースとしての見応えは少し物足りなかったかなと思います。

やはり、大舞台はどの馬も力を出し切ってもらいたいですね。

ワグネリアンは福永騎手がインタビューでも言っていたように、掛かるリスクもあるものの勝負に出て前に行ったことが最大の勝因でしょう。

これまでの福永騎手のイメージ通りに、後方からレースを進めていれば間違いなく5着前後止まりだったはずです。

昨年のルメール騎手もそうですが、大一番を勝つにはリスクを冒してでも攻めた騎乗をしなければならないことが今年も再現された結果でしたね。

正直、それを今年もルメール騎手がしてくれることを期待していたのですが、まさか福永騎手がそれをするとは思いませんでした。(心からお詫び申し上げ候)

今後についてはディープ牡馬なので、あまり成長には期待できない可能性もあります。

菊花賞か天皇賞(秋)どちらに出走するのかは分かりませんが、前哨戦は高確率で馬券になるとは思いますが、菊花賞はちょっと厳しいか。

天皇賞(秋)も、好走するなら3歳の今年が最大のチャンスのような気もします。

エポカドーロは今回も展開は向いたこともありますが、それを結果に残せること自体が強さでもあります。

まぁ戸崎騎手がこの舞台で逃げの手に出ることも想定外でしたが、こちらも思い切って勝負に行った結果でしたね。

普段は大舞台で酷評されがちな騎手がワンツーを決めるとは…ようやく競馬界も外国人ジョッキーの支配力が弱まってきたのでしょうか。

とはいえ、突き抜けるだけの爆発力は感じられませんし、人気を背負った時には扱いづらい1頭になりそうです。

コズミックフォースは…無理です。笑

どれだけ時間をかけて考えても、この馬は候補に入れることはできません。

今回は完全に展開が向いた結果だと思いますし、むしろこの馬を買うようになるとほとんどの馬を買う必要が出てきます。

そうすると点数が増えるばかりで、長い目で見たときには良い結果になりづらいとも思いますし、自分の予想として評価しなかったことは間違ってはいないと思っています。

後方から唯一上位に来たエタリオウですが、道中は内々を回ってきたことで、ステイゴールド産駒らしい集中力を発揮したという感じですね。

直線では斜行してボウマン騎手が騎乗停止になったそうですが、正直そんなにひどいものには見えませんでしたけどね…

500万下でも勝ち切れていないように相手弱化ではパフォーマンスを落としやすいタイプである可能性が高いので、今回の好走で人気になるようなら疑ってかかりたいです。

ブラストワンピースはスタートがイマイチだったものの、現状これくらいだったということでしょう。4角でも不利があったとのことですが、致命的なロスには思えませんでした。

そういうロスは他の馬にも多々あるわけで、それを覆すほどの力はなかったと。

無敗ということで過剰人気になった典型だったと思いますし、とくに厳しいレースを経験していない無敗馬を評価するのは危険ということですね。もちろん、それで勝つ馬もいますが…

ここでこの馬を本命にするのは、長期的に馬券を買う上では悪手ではないでしょうか。

弱い馬ではないと思いますが、この位置からこの結果だと、どのくらいの器なのかちょっと分かりづらいですね。

ダノンプレミアムは川田騎手がちょっと消極的だった気がします。

間隔が空いたことや距離的なことがあるにせよ、結果的にはそれがエポカドーロに楽をさせて前有利な流れを作ったのではないでしょうか。

直線での反応もサウジアラビアRCや朝日杯と比べるともう一つでしたが、これが距離なのか休み明けの影響なのかペースの影響なのか…

2400mが走れないとは思えないので、人気を落とすようなら逆に狙ってみたくはなります。

相変わらず不安要素があるなかでこの馬の単勝に大金を突っ込んでいる人がいると思うと、世の中は一発逆転を狙う人が多いんだなぁと思ってしまいますね。

レースとは関係ない話ですが、それで馬券が当たったとしても、そのお金はすぐに無くなってしまうでしょう。JRAからすれば売上に貢献してくれてありがたいでしょうけどね。笑

6着までの4角通過順が4・1・2・15・4・4番手と、外の後方を回した馬にはノーチャンスな展開でした。

その中でもしっかりと脚を使っていたステルヴィオ・アドマイヤアルバは今後も期待できそう。キタノコマンドールはお粗末な騎乗でしたが、それでも通用すると思ってのことなのか。

G1でデムルメが馬券によく絡むのは、馬の質に加えてそれだけ勝負を賭けた騎乗をすることが多いからと思っていますが、今回は両者ともイマイチでしたね。

内枠断然有利と言われたダービーも、終わってみれば上位5頭中3頭は二桁馬番。

それでも結局は内を通った馬が上位独占でしたから、枠ではなく、いかに内を通れる馬を見付けるかがポイントですね。

内枠の方がその確率が高いのは間違いありませんが、そこを読み切って外枠から買って当てると気持ちよさそうですね。

その他の回顧

土曜の葵ステークスはラブカンプーの人気を考慮すれば狙っても…と書きつつタイセイプライドから勝負してハズレ。

ラブカンプーより人気で外目の枠だったことから、冷静に考えると完全な悪手でした。減っていた馬体も戻らず、レースも後方からとなった時点で終了でしたね。

個人的には前走逃げた馬を狙うのはなるべく避けているので、見送るのが正解だったかなと思います。反省。

朱雀Sの◎ツーエムマイスターはそれなりに想定したレース運びをしてくれましたが、2番手から粘り切れずでした。

どうせなら逃げてくれたらとも思いますが、行き切った馬が押し切ったところからも、やはり逃げた馬というのは2番手以降より圧倒的なアドバンテージがあるのかなと思います。

回顧の時点で気付きましたが、葵Sで前走逃げた馬を避けると言いつつ、ツーエムマイスターも前走逃げていましたね。笑

前走がダートだったので、そこからの変更ショックにばかり気を取られて逃げていたことを全く見ていませんでした…反省。

そして2週前から出走馬を見てもなかなか閃く馬が見つけられず、不調期に入ってきたかなと臨んだ日曜日。

東京・京都ともに内・先行有利が顕著になってきたため、そこに狙いを定めてみたものの、やっぱりあまりピンと来るレースがありませんでした。

そのため、少し金額を落として乗り切ろうとした結果…

日曜日の注目馬成績

京都3R→◎2着・複勝380円的中

目黒記念→◎2着・複勝520円的中

2/2で的中。

下手すぎワロタ!!

複勝は最近の購入金額から半分程度に減らしています。笑

また、目黒記念はグレイソヴリン系が狙いとして◎ノーブルマーズを抜擢しつつ、同じグレイソヴリン系の勝ち馬ウインテンダネスをF評価する体たらく。

今思えば、なぜこの馬をF評価にしていたのか自分でも不思議です。多分、そんなに集中して予想していなかったんでしょう。(反省)

この噛み合わなさも不調の一環かなと思いますし、リスクを避けるための措置だったので仕方ないですね。さすがに悔しさはありますが、後悔はしていません。(強がり)

自分のメンタルを保てる資金の範囲で馬券を購入してくことが重要ですからね。(強がり)

来週も金額は控えめに勝負するつもりですし、それで的中ラッシュが来ても後悔はしません。(強がり)

競馬は資金管理が重要ですが、サラリーマンはその点有利と考えられます。

サラリーマンの特性を活かした馬券術(?)を考察
今回は、馬券購入者の大多数を占めるであろう、サラリーマンのための馬券の買い方を考察していきます。 私の友人(サラリーマン)も毎週競馬を...

馬券は回収率も大事ですが、的中させることも重要です。

馬券を的中させて、資金を回収する大切さ
競馬で儲けるために必要なことは一つだけ。 それは、回収率を100%以上にするということです。 言うは易し行うは難し…ですが。 ...

過去の結果から、教訓を得ることが重要です。

タイムフライヤーとロックディスタウンの敗戦から得る教訓
先週の土曜日に、東西でクラシックを目指す馬たちが集うレースが行われました。 東はフラワーカップで1番人気はロックディスタウン。 ...
スポンサーリンク

フォローする