函館記念の回顧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

函館記念の傾向をご覧になっていただけたでしょうか?

そこには総評として以下のように書いています。

血統的にダート要素を持つ馬では、紅一点エテルナミノルが狙える要素がなさそうなところが逆に怖い(?)

先週のパワーポケットも狙える要素はダート的な血統としか言えませんでしたから。

ま、一円も買っていませんけどね。

こういうところで勝負できないところが、博打の才能がないということなんでしょう。(ションボリ)

スポンサーリンク

函館記念の回顧

本命に推したマイネルハニーは良い感じで直線に向いたと思いましたが、全く抵抗できずにブービー賞。さすがにここまで負けるのは体調的な問題があったと思うしかありません。

勝ったエアアンセム、3着のエテルナミノルはロスの少ない競馬で、上手く立ち回れたことで上位に来れたと思います。(もちろん、それだけの力があることが前提で)

まさかエテルナミノルがここで本当に走るとは…

結局、上位はシンボリクリスエス・キングカメハメハ・エンパイアメーカー・バトルプラン・キングカメハメハとダートをこなす種牡馬で独占でしたね。

血統を軸に予想して事前にダート型が良いと言っているなら、こういうときにビシっと決めて格好付けたかったです。

来年こそは…

上位人気のトリコロールブルー・ブレスジャーニー・スズカデヴィアスは位置取りの差で届かなかったと言えるでしょう。

そこまで抜けた力があるわけではなく、捌きづらい多頭数なら十分に想定できる結果でしたし、ちょっとしたアヤで馬券圏内に入ってもおかしくはありませんでした。

今後もいつ重賞で馬券になってもおかしくはない馬たちで、今回負けたからと言って力がないわけではありません。

しかし、人気を背負っている以上そこから買うのはリスキーだと言うことですね。

まぁ当ててから言えよって話ですけど。

4角3番手・5番手・2番手で決着して波乱となった函館記念。

4角先頭だった私の本命が残っていれば言うことなしでしたが、これが競馬です。

一言でいうと…難しい!!

さて、最近非常に予想の調子も悪く、こんなに勝負にならないものだったかと落ち込むばかりです。

かと言って穴狙いを止めて人気馬から買うことはしませんが、ここまで不調が続くとそれが不調なのかどうかをじっくり考える必要がありそう。

しばらくは時間も取れない日も出てくるので、購入するのは重賞かメインの買いたいレースのみに絞っていこうかと思います。

(本音)

スポンサーリンク

フォローする