先週の回顧と今後について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここのところ、数か月に渡り絶不調な予想を晒し続けていますが、先週も相変わらずな結果でした(*´ω`)

まずは先週の予想から振り返ってみます。

スポンサーリンク

先週の振り返り

土曜日は小倉3R・未勝利戦ダ1700mで、外枠のエーピーインディ系フィナリザールを、小倉7R・未勝利戦芝1800mでトニービンの血を持つウィズワンアコードを、小倉9R・500万下芝1200mは内枠で先行できそうな欧州型ナスルーラ系の血を持つリンガラポップスを本命に。

それぞれ8番人気5着・8番人気4着・3番人気14着。

雨の影響で馬場が悪くなっていたことに気付きませんでしたが、翌日は土曜日の結果からダート型の血統に注目して予想。

3Rの未勝利戦芝1200mは重馬場の鬼ステゴ産駒の短縮馬ウインサクヤヒメ、6Rの未勝利芝2000mは父Dサンデー系×母父キングマンボ系の前走ダート出走馬デンコウグランデ、8Rの500万下芝1200mは父Dサンデー系の前走ダート出走馬キスミーワンス、9Rの500万下芝1800mも父Dサンデー系の前走ダート出走馬トーホウドミンゴを本命に。

それぞれ4番人気11着・14番人気7着・7番人気5着・12番人気10着と人気以上に走る馬は多かったですが、馬券にならなくては意味がありませんね。

とくに、日曜6Rは前走ダート出走馬のダート血統馬が12番人気(単勝194倍)で3着に激走した馬が内々を立ち回ったのに対し、本命にしたデンコウグランデは終始大外を回る厳しい展開。

日曜8Rも前走ダート出走馬で芝も走る血統馬が8番人気1着と、穴狙いの要素としては悪くなかったものの、噛み合いませんでした。

小倉2歳Sは父にトニービンの血を持つグレイソヴリン系のアズマヘリステージが13番人気2着…何も考えずにこれだけで買っておけばプラスになっていたのに選べないセンスの無さ。新潟記念はどう転んでも当たらないレースでしたが…

結果だけ見れば穴馬のプラス要素をピンポイントで発見出来るわけですが、レース前にはそのような馬は複数いるので簡単に選ぶのは無理なんですけどね。

自分の中ではこれまでと同じように予想をして本命馬を選んでいるつもりですが、気付かないうちにズレが生じているのでしょうか。

スランプと呼ぶには厳しすぎる流れなので、そろそろ打開策を検討しなければと思います。

今後について

自分の予想にも使うので、これまでと同様に重賞の傾向は記事にしていきます。

週末の予想に関してはどうするか未定ですが、とりあえず私の予想法の元となっている亀谷氏の血統理論を勉強しなおそうと思います。

ということで、さっそく3月に発売された「勝ち馬が分かる血統の教科書」を購入しました。

これでもう一度、基本的なことから学び、回収率100%を超える予想が出来るようにします。

※先週の結果により、今年の本命馬の単勝回収率が100%を切りました(´;ω;`)ウッ…

スポンサーリンク

フォローする