レッドゴッド系の回収率データ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここではレッドゴッド系の回収率データを紹介します。

細かい分析まではしていませんが、ざっくりとした回収率で得手不得手を自分なりに解釈して馬券に活かせてもらえればと思います。

スポンサーリンク

レッドゴッド系の回収率

データは2015~2017年単勝99倍以内の馬で抽出しています。

年齢別

意外と2歳戦で健闘しています。

年齢を重ねても走れる馬もいるようで、成長曲線は早熟か晩成のどちらかに偏りやすいのかも知れません。

枠別(芝)

やや内枠が得意という感じでしょうか。

枠別(ダート)

7枠の成績が抜けています。

8枠が微妙ですが、ダートでは砂を被らない外枠の方が良さそうです。

クラス別(芝)

上級条件でも健闘しています。

血統面からは人気になりづらいですが、逆に狙い目と言えそうです。

さすがにG1級になると厳しそうな気はしますが…

クラス別(ダート)

ほとんどが下級条件の出走ですね。

本質的にはダート向きではなく、上級条件では苦戦する馬が多くなるのでは。

競馬場別(芝)

中山・阪神の好走率が高く、中山は回収率も上々。

平坦よりも坂のあるコースが合うと言えそうです。

競馬場別(ダート)

小倉での成績が良いですが、サンプルが少なく何とも。

ダートは阪神が最も合いそうです。

母父別(芝)

ステイゴールド系はステイゴールド・ナカヤマフェスタ・ドリームジャーニー・オルフェーヴルを分類しています。

ミスプロ系や米国型ノーザンダンサー系との配合では複勝回収率が高く、欧州型ノーザンダンサー系との配合はイマイチなようです。

母父別(ダート)

なぜかサンデー系との配合で高い好走率を記録しています。

理由は…分かりません。

前走距離(芝)

短縮が得意な血統で間違いなさそうです。

前走距離(ダート)

ダートでも短縮ですね。

まとめ

・2歳戦でも侮れない

・内枠、短縮が得意

・芝では中山、阪神が狙い目

※今後の成績を保証するものではありません。

※詳細なデータをご希望の方はご連絡いただければお調べ致します。

グレイソヴリン系の回収率データです。

グレイソヴリン系の回収率データ
ここではグレイソヴリン系の回収率データを紹介します。 細かい分析まではしていませんが、ざっくりとした回収率で得手不得手を自分なりに解釈...
スポンサーリンク

フォローする