サラリーマンの特性を活かした馬券術

馬券術講座

日本では働く人の大多数がサラリーマンです。

馬券の買い方はとても難しく、あるレースでは「馬連買っといたらよかった」とか、あるレースでは「ここはワイドにしとくべきやったか…」と後から後悔することも多いですよね。

やはり、馬券の買い方は競馬で勝つためには重要です。

楽しめるような馬券を買うのか、勝つために馬券を買うのかにもよりますが、ここではサラリーマンが勝つことにこだわる馬券術を考えていこうと思います。

スポンサーリンク

サラリーマンの強み

サラリーマンの最大の強みは、何と言っても毎月決まった給料が得られることです。中にはそうでもない方もおられるとは思いますが、大体決まった額が貰えますよね。

そのため、自営業をしている人に比べると、毎月の生活費などの計算もしやすいはず。それは競馬にも同じことが言えるので、サラリーマンは競馬に使う資金を計算しやすいのです。

例えば、馬券の購入額は毎月2万円までとした場合。それだと1週間あたり5,000円が予算となりますが、レースによって使う金額は多少変わってくることはあるでしょう。

それでも月に2万円を上限としておけば、購入するレース数は必然的に絞られてきます。大切なのは、予算をしっかり守ることです。

ハズレが続いて予算以上に資金を投入しようものなら、余計に負債を増やしてしまうでしょう。たまに上手くいくこともありますが、いずれマイナスが膨れていきます。

しっかりと管理ができるのであれば、年間で予算を考えてもいいとは思います。

ただ、そこまで長い目で予算を考えるのは難しい気もしますから、まずは1~2ヶ月間を予算内で購入してみてはどうでしょうか。

予算を決めておけば、口座にお金がなくなってもむやみに追加入金せずに済むはずです。

とりあえず、最初は年間でいくらまでなら競馬に使えるか…というところを、自分の給料と生活費などから考えたいですね。

競馬は当たり外れを繰り返すものです。月2万円・年間24万円の予算を守れば、回収率が50%だったとしても月1万円しか負けません。

ただし、当たって気前が良くなったり、ハズレ続けて一発逆転を狙うと24万円すべてなくなる可能性もあります。

何事も計画的に実行することが重要です。

馬券はどう買うべきか?

では、年間の予算を決めたとして、馬券はどのように買うべきでしょうか。

個人的には、買い方は基本的に固定しておくほうが良いと考えています。

普通はそこまで競馬に精通していない人がほとんどですから、このレースならこの券種…など考えても裏目に出る可能性が高いです。

予算の関係もありますが、券種はどれくらいのリターンを狙うかによって、馬連なのかワイドなのか、三連複・三連単を選べばいいでしょう。

的中率ではワイド > 馬連 > 三連複 > 三連単となり、回収率が上がりやすい順番は真逆になります。的中率と回収率は相反する関係にある…ということです。

404 NOT FOUND | 極・競馬塾
~ここから始まる競馬道~

回収率と利益

競馬は控除率の関係で、平均の回収率は約75~80%ほどに収まります。このくらいの回収率なら、ごく普通の予想レベルということです。

競馬で勝つためには、回収率は100%を超えなければなりませんが、先ほども言ったように的中率と回収率は相反する関係にあるため、当たりやすい複勝や単勝で高回収率を記録するのはかなり難しいと言えるでしょう。

かといってワイドや馬連なら勝てるというほど甘くないですが、ある程度の予想力があれば単複より高い回収率を目指せるのは間違いありません。

とはいえ、ワイドや馬連なら頑張っても110~130%くらいの回収率がいいとこかな…という気もします。三連複や三連単なら、超高配当さえ当たれば200%超も有りえますね。

ただし、競馬は試行回数を稼ぐのが難しく、1年程度ではどのように動いてもおかしくはありません。

年間24万円の予算のとき、回収率ごとの利益は以下のようになります。

  • 回収率120%…48,000円
  • 回収率150%…120,000円
  • 回収率200%…240,000円
  • 回収率300%…480,000円
  • 回収率500%…960,000円

回収率200%以上を達成するには、三連系の馬券でないと難しいでしょうね。

しかし、三連系は的中率が低くなるため、高配当を当てる前に資金が無くなってしまうリスクもあるのは注意しましょう。とくに、三連単なんて年間で一度も的中しない可能性だって十分です。

一方、ワイドや馬連では年間で何度も的中できる可能性は高いので、予算が無くなる心配は少なくなりますが、大きなリターンも期待できません。

どちらを取るかは、自分のリスク許容度に合わせて選択しましょう。

個人的には当たらないと面白くないとも思うので、あまり三連系はお勧めしませんが、仮に全然当たらなくても毎月給料が貰えるのがサラリーマンの強み。

三連系で大きな夢を狙いに行くのも悪くないかもしれませんね。

もとから予算分は趣味に費やすお金と(なかったもの)と考えて、三連単で大きいところを狙い続ければ、いつか高配当を的中させられるかも。

配当によっては、一年分どころか数年分の利益を確保できる可能性もあるのが三連単です。

ただし、予算はしっかり守りましょう。

そこをいい加減にすると、ただのギャンブル依存症と思われかねませんよ。というか、ただのギャンブラーですからね。

100万馬券の発生率と1番人気の関係

2016年~2018年5月の間に三連単の配当が100万円を超えたのは、約8,000レース中わずか176レースのみ。そのとき、1番人気が1着だったのは4回だけです。

三連単で100万馬券を狙うなら、マルチではなくフォーメーションで1番人気が1着にならない買い目を多くするほうが効率的と言えそうです。

ちなみに、2着は10回・3着は7回、3着以内を合わせても21回しかないんですね。

100万馬券が出たレースで1番人気が絡む確率は約12%しかなかったので、思い切って1番人気は買い目から外すくらいが良いかもしれません。

当然、人気馬が怪しいと思うレースを選ぶことが重要です。

まぁ1番人気を外した結果、1.2着は買った馬が来て、3着に1番人気が来た場合は悶絶どころではなくなりますけどね。

まとめ

競馬は予想力・馬券の買い方が重要なのは言うまでもありませんが、疎かにしがちなのが資金管理です。

サラリーマンは毎月、なんなら年間の給料も予測がしやすいので、競馬に使う資金もコントロールしやすいのが強みでもあります。

その予算を上回る払戻額を目指せばプラスにできるわけですから、適当に資金を突っ込むことは避けたいですね。

一度も的中せずに年間予算が全てなくなったとしても、それ以上の夢を追うなら超高額三連単を狙いに行くのも面白いでしょう。

やったところで当たる保証はありませんから、くれぐれも馬券は自己責任でお願い致します。(クレームは受け付けません!)

コメント