【2017】札幌記念

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週末に行われる札幌記念の傾向と展望です。

札幌記念の傾向

近年は秋のG1を目指すステップとして、一流馬が出走する機会が増えています。

有力馬にとって枠はそれほど気にする必要はありませんが、少し足りないレベルの馬は内枠が欲しいところ。

血統的にはTサンデー系の出走数が多い分、好走数は多いものの、好走率・回収率は非常に悪く、人気馬しか走っていません。

母父で目に付くのが、欧州型ノーザンダンサー系の活躍。出走数が最も多い上に、複勝率・回収率も優秀で、血統的には一番のポイントになりそう。

逆に、ダート血統である母父ミスプロ系は不振です。

前走宝塚記念組

宝塚記念で5着以内だった馬は3頭中2頭が好走。3頭とも1番人気ですから順当に走る可能性が高そうです。

唯一馬券にならなかったのはトーホウジャッカルで、この馬の場合は菊花賞を超高速レコードで走った後遺症が残っていたものでしょう。

宝塚記念で6着以下だった馬は7頭中3頭が好走。特に人気を裏切って惨敗している馬の巻き返しには注意したい。

さらに先行していた馬の方が安定感があります。

前走函館記念組

函館記念で連対していた馬は12頭中5頭が好走。勝ち切れないものの、複勝回収率が優秀。

特に前走3角5番手以内だった馬は7頭中4頭が好走しており、要注意です。

函館記念で3~5着だった馬は12頭中3頭が好走。

馬券になったのは全て前走3角8番手以下だった馬で、うち2頭は今回3角5番手以内への位置取りショックがあった馬でした。

さすがにそれを読み切るのは難しいですが、前走3角4番手以内だった馬は6頭全てが4着以下。

連対馬より力・状態面で劣っている可能性が高いため、極端な位置取りショック等がないと厳しいと言えそうです。

函館記念で6着以下だった馬は23頭中2頭が好走。

人気薄が多いですが、4.5着まで来ている馬を含めると6頭いるので、人気を考慮すると侮れません。

6頭のうち5頭は2走前に好走していて、前走はその反動で凡走したと考えると、このパターンの人気薄には注目しておきたいですね。

2走前も凡走している馬は、単に力が無いか状態面に問題があると言えそうです。

前走G1組

前走宝塚記念を除くG1で連対していた馬は5頭中3頭が好走。今回人気になった実力馬3頭はそのまま好走し、凡走した2頭はともに人気薄でした。

3~5着だった馬は3頭しかおらず、全て凡走。何とも言えませんが、抜けた実力馬というわけでもなく、前走頑張った分の疲労が大きいという可能性はありそうです。

6着以下だった馬は11頭中4頭が好走。馬券になったのは全て前走3角14番手以下の極端な位置取りだった馬。

前走G1でも凡走している馬は人気になりづらいので、展開がハマらなかった馬の巻き返しには要注意です。

前走G2組

前走G2だった馬は12頭中1頭が好走。

分析するのが難しいですが、2.3番人気で惨敗している馬もいることからステップとしては良くないことは確かでしょう。

札幌記念の展望

それではnetkeibaの予想人気順に考察していきます。

1番人気はヤマカツエース

父キングマンボ系×母父ロベルト系で、前走は大阪杯(G1)を4番人気で3着。データ的には好走馬がいないステップですが、大阪杯からは間隔が十分空いているので疲労は気にならないはず。

昨年5着・一昨年4着で2000mに良績多く、昨年よりメンバーレベルが下がりそうな今回は好走の可能性は十分ありそうです。

2番人気はエアスピネル

父キングマンボ系×母父サンデーサイレンスで、前走は安田記念を2番人気で5着。前走はマイル重賞3連続好走の反動もあったと思われます。

今回2000mへの延長が鍵となりそうですが、特別嫌う要素はないでしょう。人気を考えると絶対視まではしたくありませんが。

3番人気はマウントロブソン

父ディープインパクト×母父ミスプロ系で、前走はOP特別を2番人気で1着。前走OP特別組は過去10年で馬券になっていません。

しかし、当馬は昨年のクラシック戦線でも上位を賑わせた実力馬。

母父ミスプロ系の相性の悪さが気になりますが、唯一好走したのが同じディープ産駒のディサイファということで、タイプ的に似ているこの馬も好走する可能性は十分ありそうです。

4番人気はサウンズオブアース

父Dサンデー系×母父欧州型ノーザンダンサー系で、前走はドバイのレースで6着。血統的にはこのレースに非常に向いています。

しかし、脚質的にあてにしづらく、人気薄なら狙って面白そうですがある程度の人気では買いづらい。

鞍上が横山典弘に代わるようなので、突然の逃げでも打てば…

5番人気はツクバアズマオー

父Tサンデー系×母父ストームバード系で、前走は函館記念を6番人気で10着。重賞でも馬券になる力はありますが、どうも近走を見ると状態面がイマイチな可能性も。

末一手の脚質ですから、ハマれば一発あっても積極的に狙いたい馬ではないですね。

ここからは6番人気以下で気になる馬を。

タマモベストプレイは母父ノーザンダンサー系で、前走函館記念を先行して2着。

展開に恵まれた感は強いですし、激走の反動も心配ですがどうせ今回も人気は無いでしょうから相手の1頭には買っておきたい。

サクラアンプルールは前走展開に泣いた1頭。

3走前にG1好走馬を相手に先着するほどの力はある馬で、人気がないなら狙っても面白いでしょう。

以上です。

スポンサーリンク

フォローする