【2018】札幌記念の傾向

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週末に行われる札幌記念の注目ポイントを紹介。

現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。

スポンサーリンク

札幌記念の傾向

昨年が1.2.3番枠で決着したように、基本的には内が有利になりやすいレースです。

ただ、差せる力のある実力馬の出走も多く、札幌のコース形態からも圧倒的に前が有利というわけではありません。

相性が良いのはキングカメハメハ産駒で、とくに内枠に入った場合は要注目。

ネオユニヴァース産駒やキングマンボ系・ミスプロ系・米国型ノーザンダンサー系の穴馬が複数好走していることから、やや馬力を要求されるレースと言えそうです。

本来ならこの距離で強いはずのTサンデー系は冴えない結果となっています。

前走でG1に出走していた馬の好走率が高く、中でも3着以内だった馬の好走率は非常に高いですが、勝ち切れていないので単勝期待値としては低いです。目標がここではないので、とりこぼすことが多いのでしょう。

4着以下に敗れていた馬では、前走で人気以上に走らなかった馬の巻き返しが多いです。二桁着順でも簡単に巻き返しているので、そのようなタイプには注意が必要です。

前走が函館記念で好走していた馬の成績は良くありません。

どちらかと言えば先行していたタイプの成績が悪く、中団~後方から差してきたタイプの方が安定しています。(それでも回収率は低いです)

負けすぎている馬の巻き返しも期待しづらく、前走6~9着だった馬の回収率が高くなっています。その中でも1秒以上負けている馬は良くありません。

函館記念組で最も狙えるのは、6~9着且つ1着から0.9秒差以内だった馬となります。その中でも先行していた馬より差していた馬に注目です。

出走予定馬

記事作成時点でのnetkiebaの予想上位人気10頭を紹介します。

・モズカッチャン

血統 ダンチヒ系×キングマンボ系

前走 ドバイSC 6着

ハービンジャー産駒ながら内枠巧者で、そのあたりは母父の影響が出ているのかなという印象です。

海外帰りの馬は成績が芳しくないので、あまり積極的に買いたい馬ではないですね。

・ミッキースワロー

血統 Lサンデー系×グレイソヴリン系

前走 大阪杯 5番人気5着

前走は展開と通った位置を考えれば悪くない5着だったと思います。これといった強調材料もありませんが、これといって嫌う要素もない1頭です。

・マカヒキ

血統 ディープ系×ヴァイスリージェント系

前走 JC 6番人気4着

ディープ牡馬らしく、3歳がピークだった可能性は高いですね。どうしても人気になるタイプですから、勢いのない状態では買いづらいです。

・サングレーザー

血統 ディープ系×ヴァイスリージェント系

前走 安田記念 3番人気5着

ホープフルS以来の2000mとなりますが、とくに問題はないでしょう。ディープ産駒はあまり走っていないレースですが、とくに嫌う必要もないかな…という感じです。

・サクラアンプルール

血統 キングマンボ系×サンデーサイレンス

前走 函館記念 7番人気2着

昨年の覇者で、内枠巧者のキンカメ産駒です。

ただ、昨年は函館記念を大外枠で凡走した後の疲れの無い状態だったのに対し、今年は函館記念で好走してしまったことから疲労が心配です。

・ネオリアリズム

血統 Dサンデー系×リボー系

前走 ドバイDF 8着

一昨年の覇者ですが、海外帰りで状態がどうか。

血統面では問題なく、積極的に買いたいとは思いませんが人気次第で抑えるかどうか…となりそうです。

・ゴーフォザサミット

血統 Tサンデー系×ストームバード系

前走 ダービー 7番人気7着

とくに強調材料もなく、買いたいとは思わない1頭ですね。

・マイスタイル

血統 Tサンデー系×ミスプロ系

前走 準OP 1番人気1着

洋芝適性が高いのか、実力の違いなのか函館で条件戦を連続圧勝しての昇級戦。

重賞でもやれるだけの力はありますが、逃げて好走してきたことから同型の存在がカギになりそう。血統的には買い材料はありません。

・マルターズアポジー

血統 ストームバード系×ボールドルーラー系

前走 鳴尾記念3番人気4着

出走すれば逃げる可能性大ですね。正直、この馬の適性はよく分かりませんが、人気で嫌って人気薄で買うのがこの馬のポイント。

後は格式高いレースで通用する力があるかどうか。前走が延長でハイペースの苦しい展開だったこと考えると、今回はそれより楽に走れる可能性は高く、侮れない1頭ではないでしょうか。

・クロコスミア

血統 Tサンデー系×ボールドルーラー系

前走 ドバイDF 7着

さすがにここでは少し分が悪いかなという印象。

札幌では安定して走っているので、洋芝適性は高いのかも知れません。

総評

G1馬3頭が出走する豪華メンバーですが、いずれも勢いがあるわけではなく一波乱あってもおかしくないレースです。

マルターズアポジーのノーマーク逃げや、人気薄キンカメ産駒スズカデヴィアスが内枠に入れば注目したいですね。

北九州記念の傾向です。

【2018】北九州記念の傾向
今週末に行われる北九州記念の注目ポイントを紹介。 現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。 北九州記念の傾向 以前は...
スポンサーリンク

フォローする