【2018】皐月賞の傾向

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

皐月賞の傾向

今週末に行われる皐月賞の傾向です。

大本命ダノンプレミアムの回避は残念ですが、馬券的には俄然面白くなりました。

注目ポイント

過去10年で複数の勝ち馬を出したのは、ディープインパクト・ネオユニヴァース・ステイゴールドの3頭。

ネオユニヴァース産駒が2勝していることが、皐月賞のレース質を表していると言えそうですね。

父が非サンデー系の場合、母父にサンデーの血がないと苦戦しそうです。

過去10年で4勝・3着1回と相性の良いローテーションが共同通信杯からの直行。

以前は好走馬が出ない死のローテだった記憶がありますが、調整技術の進化によって、休み明けの不利が少なくなり、相対的に疲労が無い分有利になっているのかも知れません。

同コースのトライアル・弥生賞の勝ち馬は、10頭中半数の5頭が好走しています。

前走2番人気以内だった馬に限ると、8頭中5頭と高確率で好走していますが、連勝したのは1頭のみ。

同コースでのストレスと、トライアルと本番では流れが違うことで続けて勝つのは至難の業ということが分かります。

弥生賞で2着だった馬は、なんと10頭中好走馬はいません。

1着馬でも前走上位人気だった馬しか好走していないように、前哨戦としてはストレスが相当残るレースであり、そこで勝てなかった=抜けた能力ではないこと、2着と頑張ってしまった=疲労が残ることにより、苦戦を強いられているのではないでしょうか。

3~5着馬は、13頭中5頭が好走。

この中で比較的危ないのは、2走前も2000mを走っていた馬で、5頭中1頭しか好走していません。

もう一つの主要トライアル・スプリングSの勝ち馬は、10頭中4頭が好走。弥生賞とは違い、3頭の勝ち馬が出ています。

ただし、勝った馬は3頭とも前走1番人気だった馬です。激走し過ぎた馬は、反動が心配ですね。

前走2着だった馬は、8頭中2頭が好走。ともに前走1番人気。

つまり、前走スプリングSで好走した馬は、6頭中5頭が前走1番人気だったということです。

唯一、前走1番人気以外で好走したのは、後に現役最強馬となったキタサンブラックでした。

ちなみに、3着以下だった馬から好走馬は出ていません。

過去20年で見ても僅か4頭のみで、うち3頭は4.2.2番人気に推され、人気を裏切っていました。

人気薄で好走したのは2走前がダートの500万下に出走していた馬で、単にキャリア不足による人気薄だったものです。その馬はダイワメジャーです。

前走若葉S組は疲労が少ない分有利ですが、好走しているのはほとんど前走で上位人気だった馬です。

どの路線でも言えることですが、前走でも上位人気に推されているくらい素質がある馬でないと、クラシックで好走するのは難しいと言えそうですね。

もちろん、ダイワメジャーのように、キャリア不足によって妥当な評価をされていない馬は要注意です。探すのは簡単ではないですけどね。

出走予定馬

現時点でのnetkeiba人気上位10頭の、血統とローテーションから考察していきます。

 ワグネリアン

父  ディープインパクト

母父 キングカメハメハ

前走 弥生賞 2番人気2着

父ディープ系×母父キングマンボ系

鬼門の弥生賞2着馬ですね。

まぁ能力的には世代トップクラスで間違いなく、鞍上を踏まえても勝ち切る可能性は低い気がしますが、好走する可能性は十分あると思います。

 ステルヴィオ

父  ロードカナロア

母父 ファルブラヴ

前走 スプリングS 1番人気1着

父キングマンボ系×母父ノーザンダンサー系

ロードカナロア産駒の特徴でもまとめたように、小回りコースの多頭数ではベストパフォーマンスを発揮できない可能性は高いです。

能力でどこまでやれるかですが、個人的にはここで凡走してダービーでの巻き返しを期待したいですね。

 キタノコマンドール

父  ディープインパクト

母父 キングカメハメハ

前走 すみれS 3番人気1着

父ディープ系×母父キングマンボ系

前走は見応えのある末脚でしたが、キャリア不足が懸念されます。

少頭数から多頭数に変わり、ペースも激化する可能性が高いので、どこまで対応できるか。

人気がなければ未知の魅力に賭けたいところですが、人気ではリスクが大きいでしょう。

ただ…デムーロか~。(恐怖)

 オウケンムーン

父  オウケンブルースリ

母父 エリシオ

前走 共同通信杯 6番人気1着

父グレイソヴリン系×母父ノーザンダンサー系

近年は相性の良い共同通信杯組ですが、今年はレベルに疑問符がつきます。

血統面でもサンデーの血を一切持たず、クラシックではちょっと厳しいんじゃないでしょうか。

 ジャンダルム

父  Kitten’s Joy

母父 サンデーサイレンス

前走 弥生賞 4番人気3着

父サドラーズウェルズ系×母父サンデーサイレンス

ホープフルSでは早め仕掛けから踏ん張る強い内容で、前走は瞬発力の差が出た感じ。

血統面から信頼しづらいですが、能力的には高い気はします。

ただ、ホープフルS→弥生賞→皐月賞と、主要路線を全て同じコースになるのはマイナス。

ここで大凡走するようなら、今後もこのステップはかなり危険だと判断できるので、結果に注目したいです。

 タイムフライヤー

父  ハーツクライ

母父 ブライアンズタイム

前走 若葉S 1番人気5着

父Tサンデー系×母父ロベルト系

前走は全く不向きな条件だったので、負けても悲観する必要はないと思います。

全く力を出さなかったのはハーツ産駒にとって好都合で、2000m続きが気になりますが、相手強化の激戦で上昇する可能性は十分でしょう。

母系にブライアンズタイムがいるのも強みですが、皐月賞でハーツ産駒…というのはちょっとイメージしづらいのがどうでしょうか。

内目の偶数番に入れば、本命にするかも知れません。

 エポカドーロ

父  オルフェーヴル

母父 フォーティナイナー

前走 スプリングS 3番人気2着

父Tサンデー系×母父フォーティナイナー系

条件的には前走はかなり良かったと思います。

前に行く馬も多く、流れは非常に厳しくなることが想定されるので、延長になる今回はパフォーマンスを落としそうな気がしますが…

 ジェネラーレウーノ

父  スクリーンヒーロー

母父 ロックオブジブラルタル

前走 京成杯 1番人気1着

父ロベルト系×母父ダンチヒ系

間隔は空きますが、同コース3連戦となるのは普通に考えると厳しい。

過去形成杯からの直行は、エイシンフラッシュが3着に来ていますが、前走先行から今回追い込みに回る大きな位置取りショックを掛けてきました。

イチかバチかの位置取りショックを仕掛ければ、もしかしたらもしかするかも知れません。

 グレイル

父  ハーツクライ

母父 ロックオブジブラルタル

前走 共同通信杯 1番人気7着

父Tサンデー系×母父ダンチヒ系

前走はタイムフライヤー同様に、条件的に向かなかったですね。(あそこまで崩れるとは思わなかったけど)

こちらもG1でパフォーマンスを上げる可能性は高く、内枠なら要注意でしょう。鞍上岩田の勝負駆けなるか。

 サンリヴァル

父  ルーラーシップ

母父 アグネスタキオン

前走 弥生賞 5番人気4着

父キングマンボ系×母父Pサンデー系

前走は賞金的に何がなんでも3着が欲しかったと思いますが、結果的に出走できましたね。

条件的には良くなるとは言い難いですが、ホープフルSでも好勝負しているように力はあります。

まぁホープフルSよりメンバーは揃ったので、さすがに厳しいかなと思います。

総評

今年は登録馬が17頭しかおらず、もともとフルゲートにならないみたいですね。

ワグネリアンは無難に外を回って2.3着という気がしないでもないし、その隙を前走人気を裏切ったハーツ産駒のどちらかが突く…そんな妄想をしています。

と思いきや、先行争いが予想に反して落ち着き、あれよあれよと前が残る…なんてことも有り得そう。

馬券的には後者の方が断然美味しいですけどね。

ロードカナロア産駒の特徴です。

ロードカナロア産駒の特徴を考察※2018年4/8更新
初年度産駒アーモンドアイが、鮮烈な末脚で桜花賞を制しました。 昨年の秋に、ロードカナロアの特徴を一度まとめてみましたが、それから半年ほ...

オルフェーブル産駒の特徴です。

オルフェーブル産駒の特徴※4/11更新
注目の新種牡馬オルフェーブル産駒の特徴をまとめ直しました。 以前まとめた時点では、危険な人気馬を量産していると結論付けましたが、それか...
スポンサーリンク

フォローする