土曜日の注目馬

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

土曜日の注目馬をピックアップ。

今開催の京都芝は例年に比べて明らかに差しが決まりやすく、内と前に行きそうな馬ばかり狙っていた考えでは上手くいきそうにありません。

昨年よりディープ・ハーツ・ステイゴールド産駒の好走率が高く、ややタフな馬場になっているのは間違いないでしょう。

また、ダートも下級条件では差せる力のある馬が少ないこともあり、ダートらしい先行有利ですが、1000万以上の上級条件では差しが届きます。

上級条件では嫌われやすい差し馬こそ穴馬券の立役者になる可能性があるので、うまく穴馬を探して的中させたいところです。

京都はすでに良馬場発表ですが、月曜日にまとまった雨が降ったので芝ではタフな状態、ダートは軽くなって差しが届きやすい状態は続くのではないでしょうか。(妄想)

京都6R

推定1番人気は初ダートのバーニングぺスカ

パイロ産駒なのでダートは走ると思いますが、これまで芝を走ってきたところでいきなりダート、しかも内枠で人気となると迂闊に飛びつきたくはない。

スタートで戸惑って行き脚が付かなければ、包まれて力を発揮できない可能性も考えておきたいですね。想定通りに惨敗したときは、次走で狙うことまで考えておきます。

本命は推定9番人気、ヘニーヒューズ産駒のゴールドタンバリン

これまでダート1200mといえばサウスヴィグラスでしたが、今後はヘニーヒューズがその座を奪う可能性すらあると思っています。

とくに短縮・外枠が絶好条件で、今回は内枠ですが前走から短縮ローテとなる今回は狙ってみたい。

他にもヘニーヒューズ産駒がいますが、この馬が一番推定人気が低いのでここから狙いたいと思います。

相手は同じヘニーヒューズ産駒のスリーヘリオスマコトモンジョワ、それにサウスヴィグラス産駒のエナジーピエトラ、半年ぶりですが新馬勝ちが秀逸なデンコウケンジャをチョイス。

とくに、スリーヘリオスは前走全くの適性外だった皐月賞から変わり身が見込めるので、配当次第でここからの馬連も抑えたいところです。

京都12R

推定1番人気はジュエアトゥー

サウスヴィグラス産駒で最内枠の1番人気はさすがにリスキー。上級条件で差しも届きやすく、休み明けの分最後に止まる可能性もあります。

推定3番人気のミカエルシチーも当てになりません。

3走前は人気薄で本命にして高配当を取らせてもらいましたが、逃げれなければ脆い馬。今回は外枠の偶数番に同型がおり、そちらは減量騎手なので先手を取る可能性が高いです。

先行争いが激しくなるとみて、本命は推定9番人気のリアルプロジェクト

現級勝ちのある馬で、展開さえハマれば上位に来るチャンスは十分あるはず。脚質的にもイチかバチかですが、人気薄なのでイチかバチかで勝負してもいいでしょう。

相手は唯一の短縮馬ランドハイパワーテーオーソルジャーマイネルラックヨドノビクトリーの外目の差し馬を中心に狙います。

ランドハイパワーからも配当次第で馬連を抑えておくことを検討しています。

新潟10R

新潟直千は得意ではないですが、狙ってみます。

本命は外枠に入った推定11番人気のアプローズ

ダートで勝ち上がっていますが、明らかに芝の方が安定しています。ダートでも逃げるほどの前向きさはあるので、直千コースでもダッシュ力を活かして先手を取るのに期待。

父は欧州型ノーザンダンサー系ですが、スピードを持続する能力に長ける血統なので悪くないはず。母父ダンチヒ系も持続力血統です。

相手は全く分かりません。

一応、血統・戦績的に合いそうなラフィングマッチだけ買っておこうと思います。こちらは推定8番人気ですが、現時点で1番人気となっています。笑

日曜は天気が下り坂のようですが、ヴィクトリアマイルの頃にはまだ降らない可能性が高そうです。

高速決着となるとリスグラシューは差し届かないリスクが高まるので、馬券的には面白そうな気がします。

京王杯スプリングカップの予想はこちら。

【2018】京王杯スプリングカップの予想
【2018】京王杯スプリングカップの予想です。 出走馬をA~E段階で評価し、各評価の定義は以下のようにしています。 京王杯ス...

ヘニーヒューズ産駒の特徴です。

ヘニーヒューズ産駒の特徴。激走条件は「外枠・短縮」
2017年の新種牡馬には、三冠馬オルフェーブルや世界の短距離王ロードカナロアなど、現役時代に大活躍した馬がいます。 そんな期待の新種牡...

ヴィクトリアマイルの傾向です。

【2018】ヴィクトリアマイルの傾向
今週末に行われるヴィクトリアマイルの注目ポイントを紹介。 現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。 ヴィクトリアマイル...
スポンサーリンク

フォローする