土曜日の注目馬・新設重賞【葵ステークス】の狙い目

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

土曜日の注目馬をピックアップ。

明日は今年から新設された3歳限定の1200m重賞・葵ステークスが行われます。

スポンサーリンク

葵ステークスの狙い目

芝1200mでは、基本的にサンデー系よりミスプロ系や米国型ノーザンダンサー系の血を持つ馬が優秀な成績を収めています。

しかし、OP特別時代の当レースでは、サンデー系が穴を連発しています。

4番人気以下で馬券になったのはネオユニヴァース・ダイワメジャー・ゼンノロブロイ・サクラプレジデント・アドマイヤマックス・デュランダル。

このうち、サクラプレジデントとアドマイヤマックスを除く4頭の産駒は、ダートでの活躍する馬もチラホラ輩出しています。

やはり、1200mらしい馬力型が走りやすいことには違いないでしょう。

脚質的な面では、先行できる馬が有利になるはずです。

今開催、なんとなく差しが決まりやすいなぁと思っていたのですが、調べてみると距離によって脚質の傾向が大きく違いました。

上段が1400m以下・下段が1600m以上の脚質別成績です。

溜めが効くと末脚を伸ばしやすいのか、距離が長い方が中団から差せる馬の割合が高くなっていますね。

毎回前が残るわけではありませんが、素直に先行有利な競馬の鉄則に従う方が良い結果になりそうです。

葵ステークスの予想

それらを踏まえて葵ステークスの予想していきます。

推定1番人気はドリームジャーニー産駒のトゥラベスーラ

1200mへの短縮で激走し、前走もあっさりと先行して抜け出すセンスを見せました。

血統的には1200m向きとは思えず、上級クラスになると血統的な壁に当たる可能性も十分あると思います。

また、外枠なので展開によって外々を回る危険性もありますから、人気では嫌っておきたいタイプです。

推定2番人気はアサクサゲンキ

実際には1番人気になりそうな気がしますが、米国血統で距離短縮、内枠で好位に付けるスピードもあり、嫌う要素はとくになさそうです。

推定3番人気はロードカナロア産駒のアンヴァル

ロードカナロア産駒はマイル戦が最も成績が良いですが、1200mはまずまずです。ただ、多頭数よりは少頭数の方が向く産駒が多いです。

前走が桜花賞から一気に相手関係が楽になるのは歓迎材料でしょう。

まぁ走ってもおかしくないし、消えてもおかしくないし扱いづらい1頭です。

逃げるのは1枠のラブカンプーでしょうか。

ここ2戦は適性外のレースが続いたので度外視でいいと思いますし、平坦京都ならしぶとく粘りこめるチャンスはあります。

ただ、ずっと逃げているうえにマイルからの短縮で行き脚が付くかどうか、1番枠で待たされる時間も長いことでスタートが決まるかどうかなどの不安もあります。

それを踏まえても推定7番人気なら狙ってみる価値はあるかも知れませんが、今回は違う馬を狙いたいと思います。

本命はヨハネスブルク産駒のタイセイプライド、推定5番人気です。

血統的にはストームバード系×ダンチヒ系で、高速京都1200mは問題ありません。

前走は短縮好走後の延長で、なおかつ休み明けで大きく体重が減っていたので走れる状態ではなかったのかも知れません。

また少し間隔が空いているので、しっかり体重を戻して欲しいですね。外枠ですが、すんなり好位に付けてロスを少なくしてくれる騎乗に期待します。

現状では少し人気しているので、オッズ次第で見送る可能性もあります。

京都10R

推定上位人気はアッラサルーテエスティタートサプルマインド

エスティタートとサプルマインドは後方からレースを進める可能性が高く、差し損ねる危険性があります。

アッラサルーテは延長がどうかという点と、ダイワメジャー産駒は京都では勝ち切れないタイプが多いことで単勝期待値という点では疑問があります。

本命はツーエムマイスター

芝ダート兼用ですが、上級クラスでは芝の方が安定しています。

2走前の芝は差しが決まりやすい中京コースで、同じような位置にいた勝ち馬以外は差し馬が上位を占めています。先行して勝ち切った勝ち馬は、次走でOP特別まで連勝している実力馬。

展開の助けがあればこのクラスでも十分馬券圏内に入る力はあるはずです。

東京優駿の傾向です。

【2018】東京優駿の傾向
今週末に行われる東京優駿(日本ダービー)の注目ポイントを紹介。 現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。 東京優駿の傾...

目黒記念の傾向です。

【2018】目黒記念の傾向
今週末に行われる目黒記念の注目ポイントを紹介。 現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。 目黒記念の傾向 タフな東京...
スポンサーリンク

フォローする